生環境構築史 - 東京カレッジ

生環境構築史

Matthew MULLANE

2020年にスタートした生環境構築史(HBH)は、建築と地球の複雑な関係を理解しようとする建築史家、建築家、芸術家、地球科学者が協働する研究領域です。この研究グループは、人間と地球が交渉する空間を「生環境」と呼んでいます。気候変動の差し迫った脅威を背景に、失われた、または忘れられた生環境構築手法を世界中から、時代を超えて収集しています。それは、現代の建築文化を新しい方向に向かわせ、地球の限界を超えないようにすることに役立つはずです。HBHグループは広範囲にわたって協働する研究グループであり、インタビュー、エッセイ、芸術作品、現地報告などの研究成果を半年ごとに刊行しています。

Output:

“World of Boundaries: A Conversation with Nakatani Norihito,” Log 49 (2020).

OTHER INDIVIDUAL PROJECTS


TOP