Matthew MULLANE | 東京カレッジ
東京カレッジ
ポストドクトラル・フェロー

Matthew MULLANE

01 研究概要

専門は建築史。建築物とその背景の研究をとおして、「グローバル・ヒストリー」をめぐる複雑な諸問題を東アジアの視点から捉えなおそうとしている。東京カレッジでは主たる研究プロジェクトとして、「世界建築史」の形成を、19世紀後半から20世紀初めの日本の歴史と設計の一領域として歴史化・理論化する。特に、当時の建築家、科学者、哲学者、帝国日本の官僚が、グローバル・ヒストリーの形成に伴う認識論上の難題に対峙し、解決するために建築物をどのように利用したかに関心がある。たとえば、それほど長い距離と時間にわたる因果関係をどうやって見極めるのか。現在の視点が過去の解釈にどう影響するのか。どのような教育をすれば、普通の人々がグローバル・ヒストリーのアクターだと自覚できるのか。私の研究では、明治日本の立役者たちがこれらの疑問に答え、祖国および大日本帝国を世界史に位置づける知を生み出すために、新旧の建築物をいかに活用したかを明らかにする。このプロジェクトに加え、現在、日本において偏見に満ちた世界史理論がヨーロッパからどのように受容されたかに関する章、グローバルな比較研究の視点から見た日本建築再建の歴史に関する論文の執筆に取り組んでいる。また、日本美術と建築における「表現」の歴史に関する二冊目の本の執筆も計画している。

私のグローバル・ヒストリーへの関心は、地球的規模で私たちに影響する現代の政治問題や環境問題にも広がる。会議の開催、本の執筆、日本に拠点を置く「生環境構築史」グループとの協働といった経験をとおして、グローバル・ヒストリーの研究は学際的に、しかもさまざまなメディアが連携して行なってこそ意味があると確信する。こうした連携を東京カレッジの研究者たちと続けていくことを楽しみにしている。

02 経歴

2021 東京カレッジ ポストドクトラル・フェロー
2020-2021 オレゴン大学 客員助教
2019-2020 ハーバード大学 ライシャワー日本研究所 ポストドクトラル・フェロー
2019  プリンストン大学 建築学科 建築史・建築理論 博士号取得
2012  シカゴ美術館附属美術大学 近代美術史・理論・批評 修士課程修了 
2009  ハイラム大学 美術史専攻 卒業


TOP