Humanities in 2050 – World Philosophy, World History and World Literature - Tokyo College

Humanities in 2050 – World Philosophy, World History and World Literature

These are exciting times for humanities scholarship. On the one hand, scholars are staking out new and socially relevant fields such as geo-humanities and animal studies, and embarking on innovative and large-scale digital projects.

On the other hand, budgets and enrollment figures are shrinking and the public and policymakers are losing faith in the value of humanistic scholarship.

In this research area, we explore some of these conflicting future directions.

RELATED EVENTS

シンポジウム・シリーズ「人文社会科学の未来」ーー これからの人文社会科学
シリーズ「グローバルヒストリーの対話」エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学
【セッション3 グローバルヒストリーと立場性】対談4ヨーロッパ中心主義とその克服 ゲスト:セバスチャン・コンラート
【セッション3 グローバルヒストリーと立場性】対談3 中国のグローバルヒストリー ゲスト:葛兆光
【セッション3 グローバルヒストリーと立場性】対談2 ソ連からロシアへ ゲスト:マルク・エリ
【セッション3 グローバルヒストリーと立場性】対談1 アフリカとグローバルヒストリー ゲスト:アンドレアス・エッカート
【セッション2グローバルヒストリーの実践】対談3 グローバルヒストリーとジェンダー ゲスト:リサ・ヘルマン
【セッション2グローバルヒストリーの実践】対談2 グローバルヒストリーの政治性 ゲスト:セバスチャン・コンラート
【セッション2グローバルヒストリーの実践】対談1 時間と叙述 ゲスト:ジェレミー・エイデルマン
【セッション1グローバルヒストリーの方法】対談4 グローバルヒストリーと史資料 ゲスト:アントネッラ・ロマーノ
【セッション1グローバルヒストリーの方法】対談3 グローバルヒストリーと近世 ゲスト:マキシン・バーグ
【セッション1グローバルヒストリーの方法】対談2 トランスナショナルヒストリー ゲスト:シェルドン・ガロン
【セッション1グローバルヒストリーの方法】対談1 接続された歴史と比較史 ゲスト:アレッサンドロ・スタンチアーニ
シリーズ「グローバルヒストリーの対話」
伝統的な中国史学における「世界史」
東京カレッジ・ワークショップ「コロナ危機を文化で考える―アイデンティティ、言語、歴史―」
東京カレッジオンライン講演「朝貢圏最後の盛会」講師:葛兆光
東京カレッジ・シンポジウム 「世界」とは何か? ―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す―

TOP