「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏 - 東京カレッジ

「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏

日時:
2022.05.10 終日
2022-05-10T00:00:00+09:00
2022-05-11T00:00:00+09:00
「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏

終了しました
講演会
開催日時 2022年5月10日(火)15:00-16:30(14:40開場)
会場

東京大学・鉄門記念講堂(医学部教育研究棟)

要事前登録(登録はこちらへ

申込方法 事前申込制 (100名 先着順)
言語 英語(日本語同時通訳)
要旨

過去5年間に、経済学者ケインズがかつて1930年代に「まったくの不確実性」として描いた類の出来事が次々と生じている。長引く米中貿易戦争、パンデミック、ロシアのウクライナ侵攻はその例である。いずれも起こりえると分かっていたとしても、真の意味で予測可能ではなかった。これらは、起こるかどうか、あるいはいつ起こるかを知るすべがないという意味で、まったく不確実な事例だった。 

学者や評論家は、中国の台頭、技術革新、気候変動といった方向性を枠組みとして使いながら、地政学的な未来の形、グローバル化、世界経済について分析し、予測を行わねばならない。また、その枠組みの中で、パンデミックやウクライナでの戦争のような予測不能な事態が方向性に影響を与えうるということまでをも考慮に入れながら、まったくの不確実さを考察し位置づけねばならない。 

この講演では、最近の驚くべき事象に照らして既知だと思われる枠組みの諸要素を見出すことを試みる。パンデミックとウクライナでの戦争がその枠組みをどのように変化させてきたかを考え、どんな要素が本当に未知なのかを示す。政府、個人、ビジネスがこの不確実性の時代にどう対応でき、またどう対応すべきかを論じる。 

プログラム

講演 Bill EMMOTT 

Q&A 

講師プロフィール

Bill Emmott (東京大学東京カレッジ潮田フェロー)

国際ジャーナリスト、『エコノミスト』元編集長。オックスフォード大学卒。知日派。著書『日はまた沈む』は、日本のバブル崩壊を予測し、ベストセラーとなった。近著に、日本人女性21名へのインタビューを基にした『日本の未来は女性が決める!』がある。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp
感染症拡大防止策へのご協力のお願い 会場内外では、以下コロナ感染対策のご協力をお願いいたします。
・常時マスクの着用、咳エチケット。
・会場入口での手指消毒、検温の実施。
・入退場時、会場内での社会的距離を確保すること。
・着席可能の座席を利用すること。
・会場内おける会話は控えること。
・体調が急に悪くなった場合は近くの会場スタッフに知らせ、指示に従うこと。

以下の症状がある場合は感染症拡大防止のため、入場をお断りさせていただきます。
-37.5 度以上の発熱。または平熱+1°C以上の熱がある場合。
-息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさや、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状。
-過去 7 日以内に新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合。

また、感染状況など場合によっては保健所等の公的機関へ参加者氏名、連絡先等の個人情報を提供する場合があります。あらかじめご了承ください。

Upcoming Events

開催予定のイベント

「テクノロジーについて本当のことを言って!」― テクノロジーと社会の関係 講師:Massimiano BUCCHI教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年9月30日(金)10:00-12:00

講演では、歴史的な変化と継続性に注目し、私たちとテクノロジーとの日常的な関係、そしてより広い社会におけるテクノロジーの役割を理解するために重要な論点を分析する。テクノロジーに関するステレオタイプに挑戦するため、以下のテーマを取り上げる。
・私たちを変えるテクノロジー ・中立ではないテクノロジー ・デジタル技術の他に重要なこと ・社会と政治がテクノロジーに取って代わられる理由

#metttafestival

イベント予定共催/Joint Event

2022年10月1日(土)、10月2日(日)両日開催

ソーシャルメディアの中の私たちは何者か?アイデンティティは叙述されることで作り上げられていく、という仮説を糸口にしてゲーテ・インスティトゥート東京と連携して10月1~2日にフェスティバルを開催します。会場は東京の北千住にあるアートスペース・BUoY(ブイ)。学術とアートの両面からデジタル世代のアイデンティティに迫ります。

「儀礼的環境」講師:Naphtali MESHEL博士

イベント予定講演会/Lecture

2022年10月6日(木)16:00−17:30

古代のユダヤとインドの儀礼テクストは、環境問題というディレンマのためのモデルとしての役割を果たし、こうして古代の世界と現代の世界を結びつけ得るかもしれない。供犠は廃棄物の生成を必然的に伴い、聖所はmateria sacra(聖物)の残留物で満たされていく。そのような「残り物」に対する3つの異なる態度は、再利用、排除、中和という3つの儀礼的-環境学的概念をそれぞれ示唆している。

「原発に異を唱えたノーベル賞学者 ー ハンネス・アルヴェ―ンと20世紀の科学者像」 講師:スヴァンテ・リンドクヴィスト氏(東京カレッジ潮田フェロー)

イベント予定講演会/Lecture

2022年11月4日(金)17:00−18:30

1970年、スウェーデンの物理学者ハンネス・アルヴェーンがノーベル賞を受賞した。この国際的な科学界からの評価によって、彼の国内での声望は高まり、そのスウェーデンの原子力政策に対する批判は力を得た。1980年にアルヴェ―ンがスウェーデン王立工学アカデミー会員を辞職したことは、今日においても私たちを悩ませる原子力政策への意見の対立を物語っている。

Previous Events

公開済みイベント

家族と格差-日本における「運命の二極化」? 講師:James RAYMO教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年9月13日(火)17:00-18:30

日本における家族の変化と社会経済的格差のパターンを理解する際、欧米で構築された理論的枠組みは役に立つのでしょうか?本講演では、日本における家族行動の変化と子どもの幸福の社会経済的差異を考察した最新の論文の成果から、この問いと向き合う。

「無形資産、不平等、長期停滞」講師:清滝信宏 プリンストン大学教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年8月24日(水)15:00−16:30

生産や分配が無形資産の蓄積とどのように関連するかを考察する。そのために、若い世代が仕事を通じて無形資産を継承·蓄積する経済モデルを構築し、中途採用労働市場の発達が、企業と労働者のマッチングを改善すると同時に、不平等を拡大し長期停滞をもたらす可能性を分析する。これに対して基礎教育や企業外での技能習得を促進する政策の効果を検討する。

東京カレッジ講演会「ロシア・ウクライナ戦争が変えるヨーロッパ国際秩序、日本の立場」

イベント予定共催/Joint Event講演会/Lecture

2022年7月29日(金)15:00-17:00(14:30開場)

ロシア・ウクライナ戦争は、西欧の国際秩序・安全保障の構造を大きく変化させつつあります。それはEUの外交・安全保障面での分裂を癒したのか、あるいは西欧の分裂を再確認してしまったのか。
日本のロシア・ウクライナ戦争への対応は、西欧ではどのように受け止められており、今後の日本と西欧との関係にどのような影響を及ぼすのか。

「欧州の将来と日欧パートナーシップの行方 ~ウクライナにおける戦争、欧州そして世界への影響~」講師:ヘルマン・ファン・ロンパイ 元EU大統領

イベント予定共催/Joint Event講演会/Lecture

2022年7月12日(火)13:00-14:45 (12:30 開場)

ウクライナにおける戦争は、欧州、そして世界の平和と繁栄に対する私たちの信頼を揺るがした。この国際関係の危機を乗り越えるために何が求められているか。初代の欧州理事会常任議長(EU大統領)であるヘルマン・ファン・ロンパイ氏が「欧州と日本の将来」について考えを共有し、学生等と議論を行う。

「プルースト再読 2022年」講師:Antoine Compagnon教授

講演会/Lecture

2022年6月23日(木)16:00-17:30(15:30開場)

プルーストという作家は、今もなお、その輝きを失っていません。2022年はマルセル・プルーストの没後100周年であり、多くの出版、展覧会が行われ、歓呼と称賛が送られています。元日に刊行されたイタリアの雑誌La Repubblicaでは、プルーストが「マン・オブ・ザ・イヤー」に選出されました。この記念すべき2022年は、小説『失われた時を求めて』の偉大さを再評価し、プルースト生誕100周年の1971年の状況と比較する特別な機会です。

「グローバル外交―方法論の再考―」講師:SHIMAZU Naoko教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年6月7日(火)16:00-17:30(15:30開場)

なぜ私たちは、グローバル外交の研究と理解の方法を見直す必要があるのでしょうか?本講演では、文化的アプローチが、多くの既存の学術文献で見過ごされてきた外交の重要な側面をどのように照らし出すことができるのか探ります。


TOP