「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏 - 東京カレッジ

「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏

日時:
2022.05.10 終日
2022-05-10T00:00:00+09:00
2022-05-11T00:00:00+09:00
「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏

終了しました
講演会
開催日時 2022年5月10日(火)15:00-16:30(14:40開場)
会場

東京大学・鉄門記念講堂(医学部教育研究棟)

要事前登録(登録はこちらへ

申込方法 事前申込制 (100名 先着順)
言語 英語(日本語同時通訳)
要旨

過去5年間に、経済学者ケインズがかつて1930年代に「まったくの不確実性」として描いた類の出来事が次々と生じている。長引く米中貿易戦争、パンデミック、ロシアのウクライナ侵攻はその例である。いずれも起こりえると分かっていたとしても、真の意味で予測可能ではなかった。これらは、起こるかどうか、あるいはいつ起こるかを知るすべがないという意味で、まったく不確実な事例だった。 

学者や評論家は、中国の台頭、技術革新、気候変動といった方向性を枠組みとして使いながら、地政学的な未来の形、グローバル化、世界経済について分析し、予測を行わねばならない。また、その枠組みの中で、パンデミックやウクライナでの戦争のような予測不能な事態が方向性に影響を与えうるということまでをも考慮に入れながら、まったくの不確実さを考察し位置づけねばならない。 

この講演では、最近の驚くべき事象に照らして既知だと思われる枠組みの諸要素を見出すことを試みる。パンデミックとウクライナでの戦争がその枠組みをどのように変化させてきたかを考え、どんな要素が本当に未知なのかを示す。政府、個人、ビジネスがこの不確実性の時代にどう対応でき、またどう対応すべきかを論じる。 

プログラム

講演 Bill EMMOTT 

Q&A 

講師プロフィール

Bill Emmott (東京大学東京カレッジ潮田フェロー)

国際ジャーナリスト、『エコノミスト』元編集長。オックスフォード大学卒。知日派。著書『日はまた沈む』は、日本のバブル崩壊を予測し、ベストセラーとなった。近著に、日本人女性21名へのインタビューを基にした『日本の未来は女性が決める!』がある。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp
感染症拡大防止策へのご協力のお願い 会場内外では、以下コロナ感染対策のご協力をお願いいたします。
・常時マスクの着用、咳エチケット。
・会場入口での手指消毒、検温の実施。
・入退場時、会場内での社会的距離を確保すること。
・着席可能の座席を利用すること。
・会場内おける会話は控えること。
・体調が急に悪くなった場合は近くの会場スタッフに知らせ、指示に従うこと。

以下の症状がある場合は感染症拡大防止のため、入場をお断りさせていただきます。
-37.5 度以上の発熱。または平熱+1°C以上の熱がある場合。
-息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさや、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状。
-過去 7 日以内に新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合。

また、感染状況など場合によっては保健所等の公的機関へ参加者氏名、連絡先等の個人情報を提供する場合があります。あらかじめご了承ください。

Upcoming Events

開催予定のイベント

シンポジウム「アジア都市と人間中心社会」

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2023年1月31日(火)10:00am - 13:30pm

本シンポジウムは、学際的かつ国境を越えた対話を通じて、アジアでの人間中心社会の発展における軌道について議論します。テクノロジーは、どこまで人間中心の都市生活を支えることができるのか?人間中心社会発展の軌道は、人間の利益、価値、幸福に向かっているのか、それともテクノロジー自体に向けられているのか?文化的、社会的、遺産価値は、この軌道のどこに位置づけられるのか?様々な視点から意見を伺います。

「高等教育の未来」#4 ネルソン・マンデラ大学を取り巻く状況

イベント予定対話/Dialogue

2023年2月1日(水) 15:00 - 16:00

世界中の高等教育は、グローバル化、真理の境界条件の変化、テクノロジーの影響、地政学的な不確実性、「脱植民地化」の呼びかけなど、数多くの要因による複合環境の中で大きな変化を経験している。このセミナーシリーズでは、それらの要因が高等教育の未来に与える影響について検討する。

言語とアイデンティティ・ワークショップI:言語アイデンティティについての理論、方法論

イベント予定ワークショップ/Workshop

2023年2月2日(木)18:30〜19:30 JST

このワークショップシリーズでは、アイデンティティと言語の関係の考察をする上での共通基盤を築くべく、アイデンティティ形成における個人的、相対的、集団的要素、安定性と流動性、アイデンティティの本質、デジタル化、グローバル化におけるアイデンティティと言語の関係など基本的な問題について学際的に議論します。

トランスポジショニング: トランスランゲージングとアイデンティティへの新たなアプローチ(講演者: 李 嵬教授)

イベント予定ワークショップ/Workshop講演会/Lecture

2023年2月2日(木) 17:30-18:30

この講演では、トランスランゲージングの概念に基づいてトランスポジショニングについて議論します。トランスポジショニングとはトランスランゲージングなどのコミュニケーションを通じて、他者と共感したりするプロセスです。

英国のインド太平洋地域への傾斜―2022年に何が変わったのか?(講演者:Alastair MORGAN教授)

イベント予定講演会/Lecture

2023年2月3日(金)16:00-17:30

2021年、英国政府は防衛、安全保障、開発、外交政策における「インド太平洋への傾斜」を発表した。本講演では、英国の政治的混乱や経済的困難、ロシアのウクライナ侵攻の影響などが展開した2022年の変化を検討する。

北インドのウッタラカンド地方の若者に学ぶ生き方(講演・ドキュメンタリー映画上映)

イベント予定講演会/Lecture

2023年2月8日(水)16:00-17:30

北インドのウッタラカンド地方において、環境と社会経済的危機に対応し、日常的に社会活動を行いながら、若者たちがどのように生き延びようとしているのか紹介します。Jane Dyson准教授によるドキュメンタリー映画「Spirit」も上映します。

「高等教育の未来」#5 世界的危機の中で大学の民主的使命を実現する

イベント予定対話/Dialogue

2023年2月8日(水)10:00-11:00

世界中の高等教育は、グローバル化、真理の境界条件の変化、テクノロジーの影響、地政学的な不確実性、「脱植民地化」の呼びかけなど、数多くの要因による複合環境の中で大きな変化を経験している。このセミナーシリーズでは、それらの要因が高等教育の未来に与える影響について検討する。

「高等教育の未来」#6 知の政治学と脱植民地化の必要性:アフリカからの反省

イベント予定対話/Dialogue

2023年2月15日(水) 15:00 - 16:00

世界中の高等教育は、グローバル化、真理の境界条件の変化、テクノロジーの影響、地政学的な不確実性、「脱植民地化」の呼びかけなど、数多くの要因による複合環境の中で大きな変化を経験している。このセミナーシリーズでは、それらの要因が高等教育の未来に与える影響について検討する。

日本と感性ロボット:性別と感情をプログラミングするとは?(講演者:Jennifer ROBERTSON教授)

イベント予定講演会/Lecture

2023年2月20日(月)16:00-17:30

日本における多くの人型ロボットは、アルゴリズム構築のために大幅に単純化され、ステレオタイプ化された性別、感情、性質を備えつけられている。多数のアルゴリズムで構成される人工知能(AI)は、パターン認識のタスクには有用だが、人間の設計者が抱いている日常社会の偏見を永続させ、再生産することもある。本講演では、このような人型ロボットと、ロボットの設計がセキュリティを含む他の産業に及ぼす影響について議論する。

アジアと世界の男性像:社会言語学からみた変遷(講演者:平本美恵准教授)

イベント予定ワークショップ/Workshop講演会/Lecture

2023年3月1日(水)15:00-16:00

本発表では、社会言語学の視点からみて、アジアとそれ以外の地域における男性像の変遷を探究します。社会文化的なステレオタイプと男性性イデオロギーとの関係、また、ジャンル、スタイル、メディアがこれらの概念に対する私たちの理解をどのように形成しているのかに焦点を当てます。Aghaの著作を中心に、メディア化 (mediatization)とレジスター化(enregisterment)の理論的概念、および人物像(figures of personhood)の概念を用いて、3つのケーススタディを分析します。

This presentation explores the changing ideas of masculinity in Asia and beyond through the lens of sociolinguistics. It focuses on the relationships between sociocultural stereotypes and masculinity ideologies, as well as the ways in which genre, style, and medium shape our understanding of these concepts. Drawing mainly on Agha’s works, the theoretical concepts of mediatization and enregisterment, as well as figures of personhood, will be employed in the analysis of three case studies.

Previous Events

公開済みイベント

デジタル革命:データが導く21世紀の繁栄に向けて

イベント予定講演会/Lecture

2022年12月10日(土)10:00-11:00(9:30開場)

インド産業界を牽引するタタ・グループの150年の成功を支えた伝統から学ぶべきこと、またAI、人々の働き方、データセキュリティなど、現代社会が直面するさまざまな課題への適応、さらに日印協力における両国のさらなる繁栄に向けた展望について、タタ・グループ会長よりお話しいただきます。

講演会「大地震の前に地下で起きること、社会がやっておくべきこと」講師:Yehuda BEN-ZION教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年12月6日(火)13:15-14:45

本講演では、地球物理的観測、室内実験、モデリングの発展を通して、大地震が発生するまでの物理的なプロセスについての根本的な理解を深める必要性について、また同時に、構造モニタリングや早期予測の精緻化、耐震基準の見直し、コミュニティ教育活動など社会の大地震に対する備えを改善する重要性について考えます。

「日本経済ー外からの見方の移り変わり」講師:Jenny CORBETT 東京カレッジ招聘教員

イベント予定講演会/Lecture

2022年11月24日(木)16:00−17:30

マルコ・ポーロがチパングを黄金の国として描いて以来、海外の人々は日本の経済に魅了されてきた。 その数世紀後には、コロンブスがこの国を発見するために航海に出た。 外部からの観察者の記述は必ずしも正確ではなかったかもしれないが、しばしば影響を及ぼしてきた。 本講演では、日本経済に関する英語文献の中で最も重要な議論を取り上げ、この半世紀の間に主要なテーマがどのように変化してきたのかを考察する。

【開催中止】現代の女性と中世の魔女ーフェミニズムへの新たな視点

イベント予定講演会/Lecture

【開催中止】2022年11月9日(水)18:30-20:00(18:00開場)

モナ・ショレ氏は、ヨーロッパのフェミニズムの議論に大きな影響力を持つ気鋭のジャーナリスト、エッセイスト。仏でベストセラーとなった著書『魔女ーー女性たちの不屈の力』(翻訳版)の刊行を機に在日フランス大使館の招きで来日。ヨーロッパ中近世を席巻した魔女狩りの歴史を掘り起こし、「女性蔑視」という現代社会の災厄と結びつけて論じる。日本における女性学のパイオニアとしてフェミニズムを長年牽引してきた上野千鶴子氏が、女性の今と今後の展望を中心に、ショレ氏と徹底討論。


TOP