第2回 東京カレッジ講演会 「科学のゴシック大聖堂:ノーベル賞と『革命』概念について」講演者:スヴァンテ・リンドクヴィスト氏 - 東京カレッジ

第2回 東京カレッジ講演会 「科学のゴシック大聖堂:ノーベル賞と『革命』概念について」講演者:スヴァンテ・リンドクヴィスト氏

日時:
2019.05.27 @ 13:30 – 15:30
2019-05-27T13:30:00+09:00
2019-05-27T15:30:00+09:00

スウェーデン王立科学アカデミー元会長、ノーベル博物館の創設者スヴァンテ・リンドクヴィスト氏に聞く
「ノーベル賞が科学の発展に関する私たちの見方をゆがめている?」

2019年5月27日、リンドクヴィスト氏による講演会「科学のゴシック大聖堂:ノーベル賞と『革命』概念について」が開催されました。リンドクヴィスト氏は、ノーベル賞授与機関であるスウェーデン王立科学アカデミーでの経験談を交えながら、大聖堂建築の歴史になぞらえ「科学の発展」について論じ、梶田隆章教授(東京大学卓越教授・宇宙線研究所長)と岡本拓司教授(東京大学総合文化研究科教授)と鼎談を行いました。

司会の佐野雅己氏(副カレッジ長)により、東京カレッジと講演会の趣旨が紹介されました。東京カレッジは、東京大学が世界の志ある人達とともに、人類と世界の未来のあるべき姿を考え、その実現に向けて行動してゆく新しい仕組みです。

「革命」が意味するものとは?

リンドクヴィスト氏は、ノーベル賞は科学的な「革命」に対する賞とされていますが、1)特定の科学分野における革命となるような発明に対するものと、2)発見が実際に活用されることによって多くの人々に革命的な変化をもたらすもの、という二つのカテゴリーがあると話しました。また、自然科学者と科学史研究者が使う「革命」という言葉には違いがあり、自然科学者が気軽に「革命」という言葉を使う一方で、科学史研究者は「革命」という言葉を使いたがらないと言います。

科学社会学者は、自然科学者を実証主義的な研究しかしていないと批判し、自然科学者たちは、科学社会学者が無意味なことをしていると批判します。物理学の研究と科学史の研究を両方し、両方の陣営に属するリンドクヴィスト氏は、この状況にジレンマを感じていると話しました。

科学知識の発展への認識の違い

両陣営には、科学知識の発展への認識の違いがあるとし、リンドクヴィスト氏は「過去30年ほどに渡って科学史を決定してきた社会的構成主義者は巨大な大建造物の建築よりも切り取られた個々の石材に関心を持っていた。他方、自然科学者たちは、科学的知識の発展、つまり恒久的な建造物である巨大な大聖堂を、レンガを一つひとつ積み重ねてつくるものであるとみなしてきた」と語りました。

 

人類の寿命が400年あったら・・・

講演の最後に、リンドクヴィスト氏は、ノーベル賞の歴史が比較的浅く、創設から100年あまりという短い時間の中で、科学の発展を恒久的な真実として評価することを問題視し、もし私たち人類が400年生きていれば、「現代の科学的知識が未来永劫真実であるという信念に対してもう少し謙虚な態度を取るでしょう」と述べました。完成したように見える科学の大聖堂も実は不安定な構造物であり、いずれは新しい法則や原則にのっとった建て直しが必要となります。


鼎談

講演会に続いて、リンドクヴィスト氏、梶田隆章氏、岡本拓司氏(東京大学総合文化研究科教授)が登壇しました。

2015年にニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動を発見した功績でノーベル物理学賞を受賞した梶田氏は、「粒子物理学の標準模型は完全ではない、すなわち、標準模型を何らかのかたちで拡張、延長しなければいけないということを示したことが発見のインパクトであった」としながらも、「よりよい理論を現在の標準模型に照らして考えなければいけない」と話しました。

さらに、2002年以降日本のノーベル賞受賞者が科学の分野で大幅に増えたことの理由、ノーベル賞受賞者には12~13歳ごろの体験や教育に影響を受けている人が多いということ、科学者のチャレンジ精神についてなどをテーマに議論が続きました。梶田氏は「新しいものをつくり出す環境はヒエラルキーにのっとった構造であるべきではありません。そういう意味では、日本の大学の制度はまだ改善が必要だと思います。」と語りました。

Q&Aセッション

フロアを交えた質疑応答セッションでは、ノーベル賞受賞者と国籍の関係について、男女のバランスについて、科学の大聖堂を建築する過程においてのアジアからの貢献について、「科学の発展」と人類の在り方について等の質問が多数挙がりました。岡本氏は、ノーベル賞の対象にならないような、目に見えないようなあらゆる人々による努力も人類全般の生存を可能にしていることを忘れてはならない、と述べました。当日は定員を超える参加者が来場し、人類の未来への展望について積極的に意見が交わされました。

 

終了しました
開催日時 2019年5月27日(月)13:30 - 15:30(13:00開場)
会場

東京大学福武ラーニングシアター (情報学環・福武ホール 地下2階)

申込方法 事前申込制。160名(先着順、参加無料)
言語 日本語、英語(同時通訳有)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

ソフト・ロボット工学(講演者:Jean Louis VIOVY教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年3月4日(月)15:00-16:30

ロボット工学は、工業生産、農業、個人や家庭への支援、医療など幅広い用途で重要性を増している。しかし、その進歩は、構造面や操作上での機械的技術基盤に制約されたままである。この欠点は、「ソフト・ロボット工学」の登場によって根本的に減らすことができる。つまり、この技術は、金属と機械力学を、「ソフト」な弾力・粘性を持った素材と流体力学に置き換えるものである。本講演では、Viovy教授がこの新しい分野の可能性をいくつかの例を挙げて説明し、その将来性と潜在的な限界について論じる。

GPAI仕事の未来:Future of Work Survey Report 2023

イベント予定パネルディスカッション/Panel discussion

2024年3月6日(水)10:00-12:00

本イベントでは2021年度、2022年度に続いて、今年度に行われた調査の概要を紹介し、実際にインタビューに関わった学生の皆さんや教員にもご登壇いただいて、調査から分かった「仕事の未来」や調査法の可能性と課題について議論を行います。本調査にご関心をお持ちの企業や組織の皆さんや学生の皆さんとともに、今後の展開について議論します。

野生の教育学:惑星の境界とグローバル化する現状の危機(講演者:Bob JICKLING教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年3月11日(月)15:30-17:00

地球規模の持続可能性の課題に取り組む上で、教育はとても重要です。野生の教育学は、人間と場所、景観、自然、人間以外の存在、惑星の境界の関係をそれぞれ再検討することを目的としています。 自然を私たちの「教師」と位置付け、教育学の管理を強化しようとするグローバルな傾向に挑戦します。 野生の教育学は、保護者、学生、地域の教育者、教師、学者、ビジネスリーダー、政策立案者、自然環境ガイドなど、自然の実践の可能性に興味を持ち、視野を広げたいと願う全ての人に向けて提供されます。

国際女性デーイベント: 芥川賞受賞作家 村田沙耶香氏を迎えて

イベント予定対話/Dialogue講演会/Lecture

2024年3月18日(月)17:00-18:30 JST

東京カレッジ ジェンダー・セクシュアリティ・アイデンティティ共同研究会は、芥川賞受賞作家 村田沙耶香氏を迎え、国際女性デーを記念したウェビナーを開催します。 小説「コンビニ人間」(2016)で第155回芥川賞を受賞した村田氏に執筆経験やインスピレーションについて聞き、社会におけるジェンダーとセクシュアリティの規範、またそれらが私たちの世界をどのように形作っているのかについて再考します。

Previous Events

公開済みイベント

マクロ経済学における社会と行動の転換(講演者:Edward John DRIFFILL教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年2月28日(水)15:00-16:30

マクロ経済学は1936年に誕生して以来、論争が絶えない分野である。マクロ経済学は、人々が合理的に行動すると仮定した高度なモデルが前提となっている。しかし、人々は「経済人」のように行動しないという認識が、徐々に状況を変えつつある。労働時間、余暇の使い方、支出のパターンなどは、社会的規範や慣習に影響される。また、これらは、戦争やパンデミックのような混乱に経済がどう対応するかにも影響を与えている。

Web3.0 — 分散型テクノロジーの未来(講演者:Gavin WOOD氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年1月24日(水)15:30~17:00 JST

中央集権的なテクノロジーがわたしたちの社会へ及ぼす影響力がますます高まるなか、分散的で公正かつオープンなウェブ技術、"Web3.0”はこれまで以上に重要になりつつある。本イベントでは、Web3.0がもたらしうる安全で透明性の高いテクノロジーの可能性を議論しながら、未来のデジタルランドスケープを模索する。

「THE TOKYO TOILET」 & 『PERFECT DAYS』(講演者:柳井 康治氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年1月17日(水)15:00-17:00(14:30開場)

2018年、東京都渋谷区で公共トイレの改装プロジェクト「THE TOKYO TOILET(TTT)」が始まりました。日本を代表する建築家をはじめ、世界的に活躍する16名のクリエイターが参加したTTTは、都市建築の中でも見過ごされがちな「公共トイレ」という領域にクリエイティビティを導入し、新たな価値の創造に成功しました。2021年、柳井氏はTTTの課題に取り組むため、新たにアートプロジェクトを立ち上げ、映画を製作しました。映画『PERFECT DAYS』は2023年カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞し、現在、アカデミー賞に向けてプロモーションが行われています。本講演では、柳井氏がなぜTTTを始め、どのような洞察を得たのか、そしてその課題解決がなぜアートプロジェクトだったのかについて解説します。

日英で築く「自由で開かれた国際秩序」(講演者:Alastair MORGAN氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年1月10日(水)14:00~15:30 JST

2023年5月、日本と英国の首相は「強化された日英のグローバルな戦略的パートナーシップ」を締結し、「法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序」を強化することを誓った。ますます紛争が激しくなり不安定化する世界において、遠く離れた2つの中規模の島国にとって、現実的な目標なのだろうか。そのパートナーシップは、国際的なルール形成やグローバルな問題への解決に実際にどれだけ貢献できるだろうか。それは果たしてどちらかの国家の安全保障や繁栄を守ることができるのだろうか。その結果はどのように測定されるべきか。

中国に対する英国の見解(講演者:Alastair MORGAN氏、 Tim SUMMERS教授)

イベント予定講演会/Lecture

2023年12月5日(火)15:30-17:00 JST

英国のデービッド・キャメロン元首相は、在任中の2015年、英国と中国の関係における「黄金時代」について語りました。2022年、リシ・スナク首相はその時代の終結を正式に宣言し、スナク政権は中国が国際秩序に対する新時代を定義づけるような挑戦であるという見解を示しています。この激動の時期に、英国の中国に対する見方は、政府の内外や報道機関でどのように変化し、分岐したのでしょうか。英国の国益と価値観を維持するために、英国は中国に対し、どのように関与するか、あるいは離脱するのが最善でしょうか。 

日本企業は現金を貯め込みすぎか(講演者:Jennifer CORBETT教授)

イベント予定講演会/Lecture

2023年12月5日(火)13:00-14:30

日本企業が多額の現金残高を保有することは批判も称賛もされている。海外のコメンテーターやアクティビスト投資家、学者らはこれに批判的である。世界的に企業は現金の貯蓄を増やしているが、日本は依然として例外である。この講演では、日本企業の貯蓄と、国民所得に占める労働分配率を含むその経済効果について考察する。


TOP