第2回 東京カレッジ講演会 「科学のゴシック大聖堂:ノーベル賞と『革命』概念について」講演者:スヴァンテ・リンドクヴィスト氏 – 東京カレッジ

第2回 東京カレッジ講演会 「科学のゴシック大聖堂:ノーベル賞と『革命』概念について」講演者:スヴァンテ・リンドクヴィスト氏

日時:
2019.05.27 @ 13:30 – 15:30
2019-05-27T13:30:00+09:00
2019-05-27T15:30:00+09:00

スウェーデン王立科学アカデミー元会長、ノーベル博物館の創設者スヴァンテ・リンドクヴィスト氏に聞く
「ノーベル賞が科学の発展に関する私たちの見方をゆがめている?」

2019年5月27日、リンドクヴィスト氏による講演会「科学のゴシック大聖堂:ノーベル賞と『革命』概念について」が開催されました。リンドクヴィスト氏は、ノーベル賞授与機関であるスウェーデン王立科学アカデミーでの経験談を交えながら、大聖堂建築の歴史になぞらえ「科学の発展」について論じ、梶田隆章教授(東京大学卓越教授・宇宙線研究所長)と岡本拓司教授(東京大学総合文化研究科教授)と鼎談を行いました。

司会の佐野雅己氏(副カレッジ長)により、東京カレッジと講演会の趣旨が紹介されました。東京カレッジは、東京大学が世界の志ある人達とともに、人類と世界の未来のあるべき姿を考え、その実現に向けて行動してゆく新しい仕組みです。

「革命」が意味するものとは?

リンドクヴィスト氏は、ノーベル賞は科学的な「革命」に対する賞とされていますが、1)特定の科学分野における革命となるような発明に対するものと、2)発見が実際に活用されることによって多くの人々に革命的な変化をもたらすもの、という二つのカテゴリーがあると話しました。また、自然科学者と科学史研究者が使う「革命」という言葉には違いがあり、自然科学者が気軽に「革命」という言葉を使う一方で、科学史研究者は「革命」という言葉を使いたがらないと言います。

科学社会学者は、自然科学者を実証主義的な研究しかしていないと批判し、自然科学者たちは、科学社会学者が無意味なことをしていると批判します。物理学の研究と科学史の研究を両方し、両方の陣営に属するリンドクヴィスト氏は、この状況にジレンマを感じていると話しました。

科学知識の発展への認識の違い

両陣営には、科学知識の発展への認識の違いがあるとし、リンドクヴィスト氏は「過去30年ほどに渡って科学史を決定してきた社会的構成主義者は巨大な大建造物の建築よりも切り取られた個々の石材に関心を持っていた。他方、自然科学者たちは、科学的知識の発展、つまり恒久的な建造物である巨大な大聖堂を、レンガを一つひとつ積み重ねてつくるものであるとみなしてきた」と語りました。

 

人類の寿命が400年あったら・・・

講演の最後に、リンドクヴィスト氏は、ノーベル賞の歴史が比較的浅く、創設から100年あまりという短い時間の中で、科学の発展を恒久的な真実として評価することを問題視し、もし私たち人類が400年生きていれば、「現代の科学的知識が未来永劫真実であるという信念に対してもう少し謙虚な態度を取るでしょう」と述べました。完成したように見える科学の大聖堂も実は不安定な構造物であり、いずれは新しい法則や原則にのっとった建て直しが必要となります。


鼎談

講演会に続いて、リンドクヴィスト氏、梶田隆章氏、岡本拓司氏(東京大学総合文化研究科教授)が登壇しました。

2015年にニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動を発見した功績でノーベル物理学賞を受賞した梶田氏は、「粒子物理学の標準模型は完全ではない、すなわち、標準模型を何らかのかたちで拡張、延長しなければいけないということを示したことが発見のインパクトであった」としながらも、「よりよい理論を現在の標準模型に照らして考えなければいけない」と話しました。

さらに、2002年以降日本のノーベル賞受賞者が科学の分野で大幅に増えたことの理由、ノーベル賞受賞者には12~13歳ごろの体験や教育に影響を受けている人が多いということ、科学者のチャレンジ精神についてなどをテーマに議論が続きました。梶田氏は「新しいものをつくり出す環境はヒエラルキーにのっとった構造であるべきではありません。そういう意味では、日本の大学の制度はまだ改善が必要だと思います。」と語りました。

Q&Aセッション

フロアを交えた質疑応答セッションでは、ノーベル賞受賞者と国籍の関係について、男女のバランスについて、科学の大聖堂を建築する過程においてのアジアからの貢献について、「科学の発展」と人類の在り方について等の質問が多数挙がりました。岡本氏は、ノーベル賞の対象にならないような、目に見えないようなあらゆる人々による努力も人類全般の生存を可能にしていることを忘れてはならない、と述べました。当日は定員を超える参加者が来場し、人類の未来への展望について積極的に意見が交わされました。

 

終了しました
開催日時 2019年5月27日(月)13:30 - 15:30(13:00開場)
会場

東京大学福武ラーニングシアター (情報学環・福武ホール 地下2階)

申込方法 事前申込制。160名(先着順、参加無料)
言語 日本語、英語(同時通訳有)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」③ 脆さ・弱さと共にある連帯の社会システムへ

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月6日(火)15:00-16:30

人びとは誰しも、頼る人、場所、システムを必要とし、脆さと弱さを抱える存在である。コロナ危機が露わにしたのは、その脆さと弱さを支え合うための社会システムに亀裂が生じ、脆さと弱さを支え合うどころか、むしろ負の連鎖を生み出し、苦しみを増幅させているという事実だ。本シンポジウムでは、人びとと社会システム、双方が抱えてきた脆さと弱さについて、宗教学、当事者研究、そして社会実践活動の立場から論じる。そして、そうした脆さ・弱さと共にあり生きるために、いかなる連帯が可能か、そうした連帯を支える社会システムとは何かを考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」② 非常事態にも強い医療体制と社会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年3月31日(水)10:00~11:30

日本の医療は、平常時には高度な医療を誇る体制を構築したものの、コロナ危機に直面して、医療崩壊の危機にさらされる事態に陥った。また、日本では感染した患者に加え医療従事者などの関係者にも差別が起きるという、他国にはみられない現象が起きた。本シンポジウムでは、コロナ危機を教訓として今後どのような医療体制を構築すべきかを議論するとともに、社会のあるべき姿を考える。


TOP