東京カレッジ講演会「腎臓病の現況と未来」講師:マーク・オークサ - 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「腎臓病の現況と未来」講師:マーク・オークサ

日時:
2019.09.19 @ 17:00 – 18:30
2019-09-19T17:00:00+09:00
2019-09-19T18:30:00+09:00

東京カレッジ講演会「腎臓病の現況と未来」が開催されました

2019年9月19日、マーク・オークサ教授(バージニア大学)による講演会「腎臓病の現況と未来」が開催されました。バージニア大学の腎臓内科主任教授で急性腎障害と免疫に関する研究の第一人者であるオークサ教授は、グローバルな問題である腎臓病への負担、そして腎不全、医療政策、腎臓病の分野におけるランドマーク的な研究を紹介し、将来に向けた腎臓の研究とイノベーションについて論じました。後半には、稲城玲子特任教授(東京大学)と土井研人准教授(東京大学)と鼎談を行いました。

腎臓の役割と増加する腎臓病

司会の大竹暁教授(副カレッジ長)による趣旨説明に続き、オークサ教授は、腎臓がホルモンをつくって骨の健康を保ち、血球、排泄、血圧などに影響する最も重要な臓器の一つであること、しかし腎臓病は気づきにくく、沈黙の疾患であることを述べました。現在、世界中で腎臓病を患っている人々の数は8億5000万人おり(糖尿病患者数の2倍、HIV患者数の20倍)、日本でも慢性腎臓病(CKD)の患者数は1300万人、30万人が透析あるいは移植を受けています。地域差、性差はあるものの、ESRDと呼ばれる末期の腎臓病は世界的な問題となっています。

グローバルな課題としての腎臓病

次に、オークサ教授は腎不全の治療にかかる費用をグローバルな課題と位置づけました。腎臓病治療にかかる費用は高く、透析に必要な機械の数も限られているため、治療の機会が均等に行き渡らないという問題があります。これについてオークサ教授は、アメリカの公衆衛生政策を例に挙げ説明しました。1972年にリチャード・ニクソン大統領は、政府が資金を供出するメディケアの適用範囲をアメリカの腎不全患者に広げる法律にサインし、保険を払っている65歳以上の人、もしくは透析患者には補助金が出されることになりました。近年、新しい薬剤である免疫抑制剤のアザチオプリンを使うことが可能になり、移植の可能性の幅も広がりつつある一方で、財政的負担は引き続き問題になっています。オークサ教授は、今後も腎不全治療のためのコストを政府が負担し、持続性のある政策を実施していく必要があると言及しました。

イノベーションと未来

オークサ教授は、アフリカ系アメリカ人で行ったスタディから遺伝的な知見が得られたこと、2019年にNew England Journal of Medicineに発表された研究でカナグリフロジンが2型糖尿病と腎臓病の転帰にもたらす関係が示されたこと等を最近のランドマークスタディとして紹介しました。将来的には、3DやAI(人工知能)の技術によって、腎臓病の予測が可能になるかもしれないと言います。しかし、オークサ教授は、新しい発見やイノベーションを実際の治療に生かすためには、「死の谷」と呼ばれる大きなギャップを乗り越えなければならないと指摘し、製品開発に向けて足りない資金を補うために官民のパートナーシップが重要だと述べました。

鼎談

講演会に続いて、オークサ教授、分子生物学と基礎腎臓学が専門の稲城特任教授、救急科学が専門の土井准教授が鼎談を行い、研究現場と医療現場における各々の視点から腎臓病治療とその未来について考察しました。人工臓器の将来や腎臓病の予防について意見が交わされ、フロアからは、臓器アトラスをつくるために将来的に何が必要かという質問が挙がりました。これに対してオークサ教授は「腎臓の単一細胞を理解することによって、特定の疾患に対して治療できる薬剤がわかるだろう」と回答しました。また、オークサ教授は「腎臓病の専門医は腎臓のみならず、心臓、肺、消化器について理解することが必要であり、おそらく腎臓病の専門家は最高の内科医である」と述べ、会場に集まった若手の医師達に励ましの言葉を送りました。

 

終了しました
開催日時 2019年9月19日(木)17:00-18:30(16:30開場)
会場

東京大学・鉄門記念講堂 (本郷キャンパス 医学部教育研究棟14階)

申込方法 事前申込制。250名(先着順、参加無料)
言語 日本語、英語(同時通訳有)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

「無形資産、不平等、長期停滞」講師:清滝信宏 プリンストン大学教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年8月24日(水)15:00−16:30

生産や分配が無形資産の蓄積とどのように関連するかを考察する。そのために、若い世代が仕事を通じて無形資産を継承·蓄積する経済モデルを構築し、中途採用労働市場の発達が、企業と労働者のマッチングを改善すると同時に、不平等を拡大し長期停滞をもたらす可能性を分析する。これに対して基礎教育や企業外での技能習得を促進する政策の効果を検討する。

家族と格差-日本における「運命の二極化」? 講師:James RAYMO教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年9月13日(火)17:00-18:30

日本における家族の変化と社会経済的格差のパターンを理解する際、欧米で構築された理論的枠組みは役に立つのでしょうか?本講演では、日本における家族行動の変化と子どもの幸福の社会経済的差異を考察した最新の論文の成果から、この問いと向き合う。

Previous Events

公開済みイベント

東京カレッジ講演会「ロシア・ウクライナ戦争が変えるヨーロッパ国際秩序、日本の立場」

イベント予定共催/Joint Event講演会/Lecture

2022年7月29日(金)15:00-17:00(14:30開場)

ロシア・ウクライナ戦争は、西欧の国際秩序・安全保障の構造を大きく変化させつつあります。それはEUの外交・安全保障面での分裂を癒したのか、あるいは西欧の分裂を再確認してしまったのか。
日本のロシア・ウクライナ戦争への対応は、西欧ではどのように受け止められており、今後の日本と西欧との関係にどのような影響を及ぼすのか。

「欧州の将来と日欧パートナーシップの行方 ~ウクライナにおける戦争、欧州そして世界への影響~」講師:ヘルマン・ファン・ロンパイ 元EU大統領

イベント予定共催/Joint Event講演会/Lecture

2022年7月12日(火)13:00-14:45 (12:30 開場)

ウクライナにおける戦争は、欧州、そして世界の平和と繁栄に対する私たちの信頼を揺るがした。この国際関係の危機を乗り越えるために何が求められているか。初代の欧州理事会常任議長(EU大統領)であるヘルマン・ファン・ロンパイ氏が「欧州と日本の将来」について考えを共有し、学生等と議論を行う。

「プルースト再読 2022年」講師:Antoine Compagnon教授

講演会/Lecture

2022年6月23日(木)16:00-17:30(15:30開場)

プルーストという作家は、今もなお、その輝きを失っていません。2022年はマルセル・プルーストの没後100周年であり、多くの出版、展覧会が行われ、歓呼と称賛が送られています。元日に刊行されたイタリアの雑誌La Repubblicaでは、プルーストが「マン・オブ・ザ・イヤー」に選出されました。この記念すべき2022年は、小説『失われた時を求めて』の偉大さを再評価し、プルースト生誕100周年の1971年の状況と比較する特別な機会です。

「グローバル外交―方法論の再考―」講師:SHIMAZU Naoko教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年6月7日(火)16:00-17:30(15:30開場)

なぜ私たちは、グローバル外交の研究と理解の方法を見直す必要があるのでしょうか?本講演では、文化的アプローチが、多くの既存の学術文献で見過ごされてきた外交の重要な側面をどのように照らし出すことができるのか探ります。

「グローバル化、帝国、近現代世界の創出」講師:A. G. Hopkins教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年5月13日(金)15:00-16:30 (14:40開場)

本講演では、過去5世紀に亘るグローバル化の3つの段階とその役割を論じる。最初の2つの段階は、西洋の諸帝国の台頭に伴い、強制的なグローバル化を通じて世界の大部分を統合した。第3段階は1945年以降に始まり、帝国に終止符を打ち、今日の世界秩序と無秩序を生み出している。

「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏

イベント予定講演会/Lecture

2022年5月10日(火)15:00-16:30(14:40開場)

近年の米中貿易戦争、パンデミック、ロシアのウクライナ侵攻は、予測が難しいまったく不確実な出来事でした。本講演では、世界を説明する従来の枠組みにこれらの事件がどう組み込まれ、枠組み自体にどんな影響を与えたか、本当に分からないことは何かを論じ、この不確実性の時代に私たちがどう対応すべきかを語ります。


TOP