東京カレッジ講演会「腎臓病の現況と未来」講師:マーク・オークサ – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「腎臓病の現況と未来」講師:マーク・オークサ

日時:
2019.09.19 @ 17:00 – 18:30
2019-09-19T17:00:00+09:00
2019-09-19T18:30:00+09:00

東京カレッジ講演会「腎臓病の現況と未来」が開催されました

2019年9月19日、マーク・オークサ教授(バージニア大学)による講演会「腎臓病の現況と未来」が開催されました。バージニア大学の腎臓内科主任教授で急性腎障害と免疫に関する研究の第一人者であるオークサ教授は、グローバルな問題である腎臓病への負担、そして腎不全、医療政策、腎臓病の分野におけるランドマーク的な研究を紹介し、将来に向けた腎臓の研究とイノベーションについて論じました。後半には、稲城玲子特任教授(東京大学)と土井研人准教授(東京大学)と鼎談を行いました。

腎臓の役割と増加する腎臓病

司会の大竹暁教授(副カレッジ長)による趣旨説明に続き、オークサ教授は、腎臓がホルモンをつくって骨の健康を保ち、血球、排泄、血圧などに影響する最も重要な臓器の一つであること、しかし腎臓病は気づきにくく、沈黙の疾患であることを述べました。現在、世界中で腎臓病を患っている人々の数は8億5000万人おり(糖尿病患者数の2倍、HIV患者数の20倍)、日本でも慢性腎臓病(CKD)の患者数は1300万人、30万人が透析あるいは移植を受けています。地域差、性差はあるものの、ESRDと呼ばれる末期の腎臓病は世界的な問題となっています。

グローバルな課題としての腎臓病

次に、オークサ教授は腎不全の治療にかかる費用をグローバルな課題と位置づけました。腎臓病治療にかかる費用は高く、透析に必要な機械の数も限られているため、治療の機会が均等に行き渡らないという問題があります。これについてオークサ教授は、アメリカの公衆衛生政策を例に挙げ説明しました。1972年にリチャード・ニクソン大統領は、政府が資金を供出するメディケアの適用範囲をアメリカの腎不全患者に広げる法律にサインし、保険を払っている65歳以上の人、もしくは透析患者には補助金が出されることになりました。近年、新しい薬剤である免疫抑制剤のアザチオプリンを使うことが可能になり、移植の可能性の幅も広がりつつある一方で、財政的負担は引き続き問題になっています。オークサ教授は、今後も腎不全治療のためのコストを政府が負担し、持続性のある政策を実施していく必要があると言及しました。

イノベーションと未来

オークサ教授は、アフリカ系アメリカ人で行ったスタディから遺伝的な知見が得られたこと、2019年にNew England Journal of Medicineに発表された研究でカナグリフロジンが2型糖尿病と腎臓病の転帰にもたらす関係が示されたこと等を最近のランドマークスタディとして紹介しました。将来的には、3DやAI(人工知能)の技術によって、腎臓病の予測が可能になるかもしれないと言います。しかし、オークサ教授は、新しい発見やイノベーションを実際の治療に生かすためには、「死の谷」と呼ばれる大きなギャップを乗り越えなければならないと指摘し、製品開発に向けて足りない資金を補うために官民のパートナーシップが重要だと述べました。

鼎談

講演会に続いて、オークサ教授、分子生物学と基礎腎臓学が専門の稲城特任教授、救急科学が専門の土井准教授が鼎談を行い、研究現場と医療現場における各々の視点から腎臓病治療とその未来について考察しました。人工臓器の将来や腎臓病の予防について意見が交わされ、フロアからは、臓器アトラスをつくるために将来的に何が必要かという質問が挙がりました。これに対してオークサ教授は「腎臓の単一細胞を理解することによって、特定の疾患に対して治療できる薬剤がわかるだろう」と回答しました。また、オークサ教授は「腎臓病の専門医は腎臓のみならず、心臓、肺、消化器について理解することが必要であり、おそらく腎臓病の専門家は最高の内科医である」と述べ、会場に集まった若手の医師達に励ましの言葉を送りました。

 


映像の一部を都合により編集しています。

 

終了しました
開催日時 2019年9月19日(木)17:00-18:30(16:30開場)
会場

東京大学・鉄門記念講堂 (本郷キャンパス 医学部教育研究棟14階)

申込方法 事前申込制。250名(先着順、参加無料)
言語 日本語、英語(同時通訳有)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

Previous Events

公開済みイベント

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」③ 脆さ・弱さと共にある連帯の社会システムへ

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月6日(火)15:00-16:30

人びとは誰しも、頼る人、場所、システムを必要とし、脆さと弱さを抱える存在である。コロナ危機が露わにしたのは、その脆さと弱さを支え合うための社会システムに亀裂が生じ、脆さと弱さを支え合うどころか、むしろ負の連鎖を生み出し、苦しみを増幅させているという事実だ。本シンポジウムでは、人びとと社会システム、双方が抱えてきた脆さと弱さについて、宗教学、当事者研究、そして社会実践活動の立場から論じる。そして、そうした脆さ・弱さと共にあり生きるために、いかなる連帯が可能か、そうした連帯を支える社会システムとは何かを考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」② 非常事態にも強い医療体制と社会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年3月31日(水)10:00~11:30

日本の医療は、平常時には高度な医療を誇る体制を構築したものの、コロナ危機に直面して、医療崩壊の危機にさらされる事態に陥った。また、日本では感染した患者に加え医療従事者などの関係者にも差別が起きるという、他国にはみられない現象が起きた。本シンポジウムでは、コロナ危機を教訓として今後どのような医療体制を構築すべきかを議論するとともに、社会のあるべき姿を考える。


TOP