なぜパープル? | 東京カレッジ

なぜパープル?

2021.03.08

どうして国際女性デーでは、パープルカラーが使われるのでしょうか?

正義と尊厳のシンボルでもあるパープルは、1900年代初頭、最も声高く女性参政権運動を展開したイギリスの参政権団体の一つである、女性社会政治連合(WSPU)が使用した色の1つでした。この初期の参政権運動は、パープルのほかに、希望を表す緑と、純粋さを意味する白も使い、国際女性デーの礎を築きました。今年の国際女性デーを迎えるにあたり、私たちは、この歴史的な日を象徴するパープルに染まった世界中の組織と連帯します。

また、東京カレッジの国際女性デー関連のイベントのポスターにパープルを選んだのは、女性はピンク(男性はブルー)という、よくマーケティングで使われる典型的な「ピンク・ブルー」のステレオタイプに抗うためでもあります。

どのような色であっても、一年を通して、女性の功績を称え、男女平等への意識を高める活動をみなさまと一緒に展開することができれば幸いです。

 

関連文献:

 

  1. “International Women’s Day” by International Women’s Development Agency (2021) https://iwda.org.au/take-action/international-womens-day/
  2. “An alternative to pink & blue: Colors for gender data” by Lisa Charlotte Ross (2018) https://blog.datawrapper.de/gendercolor/
  3. “The Many “Official” Colors of the Suffrage Movement” by the New-York Historical Society Museum and Library (2020) https://womenatthecenter.nyhistory.org/the-many-official-colors-of-the-suffrage-movement/
  4. “Start of the suffragette movement” by the UK Parliament https://www.parliament.uk/about/living-heritage/transformingsociety/electionsvoting/womenvote/overview/startsuffragette-/
RECOMMEND

「プラネタリーバウンダリー」にまつわるいくつかの思い出

2021.04.28
Tokyo College Blog

私が、最初に「プラネタリーバウンダリー」(Planetary Boundaries)の概念を知ったのは、2009年12月にコペンハーゲン大学が主催しての気候変動に関する国際会議のときであったと思う。この会議には、国際研究型大学連合(IARU)の参加大学から…

3年目の春

2021.04.05
羽田 正

4月になりました。2019年2月1日に設置された東京カレッジは、3回目の春を迎えました。若手研究者の数が増え、准教授1人、特任助教2人、特任研究員5人、ポスドク研究者6人がカレッジに所属しています。

中国とイスラーム世界:葛兆光『中国は“中国”なのか』を読む

2021.03.25
羽田 正

2020年1月から8ヵ月の間東京カレッジの特任教授をお務め下さった葛兆光教授の著書『中国は“中国”なのか:「宅茲中国」のイメージと現実』が東方書店から刊行された。2011年に出版された中国語の著作『宅茲中国』(中華書局、聯経出版公司)の日本語訳である。…


TOP