東京大学総長特別表彰授与式・東京カレッジ講演会 「リチウムイオン電池のはじまりー高電圧正極の開発」 講演:水島公一 – 東京カレッジ

東京大学総長特別表彰授与式・東京カレッジ講演会 「リチウムイオン電池のはじまりー高電圧正極の開発」 講演:水島公一

いつ:
2020.02.21 @ 15:00 – 16:30
2020-02-21T15:00:00+09:00
2020-02-21T16:30:00+09:00
東京大学総長特別表彰授与式・東京カレッジ講演会 「リチウムイオン電池のはじまりー高電圧正極の開発」 講演:水島公一

東京大学総長特別表彰授与式・東京カレッジ講演会 「リチウムイオン電池のはじまりー高電圧正極の開発」が開催されました

 

 

※会場では、座席の間隔を空けるなどのコロナ感染症対策が講じられました。

講演の動画はこちらから視聴いただけます。

終了しました
開催日時 2020年2月21日(金) 15:00-16:30 (14:30開場)
会場

東京大学 安田講堂(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数700。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 日本語 (Japanese language only)
要旨

リチウムイオン電池の開発は第一次オイルショック後の1978年に、電気自動車用高性能二次電池を目指してオックスフォード大学でスタートしました。研究が進められた場所はイギリスでしたが、研究を主導したのはアメリカ人の教授と日本の若手研究者でした。電池研究とはそれまで無縁の二人の研究者はそれぞれのこだわりを持ちながら多くの偶然に助けられ僅か2年で今日のリチウムイオン電池の原型を作り上げました。まだモバイル機器のない頃の話です。

プログラム

[第一部]授与式 15:00
[第二部]講演会 15:45

講師プロフィール

水島 公一(株式会社東芝研究開発センター・フロンティアリサーチラボラトリーエグゼクティブフェロー)

1964年 東京大学理学部物理学科卒業
1969年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了、同助手、遷移金属酸化物の研究
1978年 オックスフォード大学に赴き、リチウムイオン電池の開発
1982年 (株)東芝に入社、現在脳型コンピュータ・ハードウエアの開発

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」

講演会/Event

2021年1月15日から毎週火・金 順次公開(17:00以降視聴可能)

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。

ウイルス伝播の物理を理解する

講演会/Event

2020年12月8日(火)10:00-11:30

流体力学の理論と実験の立場から、英語のスピーチによるウイルス伝播メカニズムについて、研究結果を発表されたHoward Stone教授(プリンストン大学)とスーパーコンピュータ富岳を用いた計算機シミュレーションにより、マスクの効果、会食等における飛沫の伝播について研究成果を発表された坪倉誠教授(理研、神戸大学)のお二人に一般向けにご講演頂きます。


TOP