東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会 - 東京カレッジ

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

日時:
2021.06.09 @ 08:30 – 10:00
2021-06-09T08:30:00+09:00
2021-06-09T10:00:00+09:00
東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

終了しました
Zoom ウェビナー
開催日時 2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)
会場

Zoom ウェビナー (Register here)

申込方法 事前申込制
言語 英語
要旨

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

プログラム

発表 Benjamin FRIEDMAN教授 

コメント 野原慎司准教授 Rory SCHACTER博士 

議論/Q&A 司会 星岳雄教授

講師プロフィール

講師:

Benjamin FRIEDMAN (ハーバード大学政治経済学教授)

コメンテーター:

野原 慎司(東京大学大学院経済学研究科准教授)

Rory SCHACTER (東京カレッジポストドクトラル・フェロー)

 

司会:

星 岳雄(東京大学大学院経済学研究科教授/東京カレッジ特任教授)

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

現在開催予定のイベントはありません。

Previous Events

公開済みイベント

海外パートナー大学との対話シリーズ「コロナ後の社会」:ポストコロナの経済社会ー分配と成長、共同富裕(北京大学)

イベント予定共催/Joint Event

2022年1月20日(木)17:00以降視聴可能

COVID-19の感染拡大は経済に多大な影響を及ぼし、格差など既存の社会問題を一層深刻化させたことから、アジアでは成長と分配を巡る施策が政治的課題として浮上している。これらの議論は何を意味し、国家間関係にいかに影響するのだろうか?

シモーヌ・ド・ボーヴォワールへの現代日本のまなざし

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年12月10日(金)17:00-20:00

シモーヌ・ド・ボーヴォワールの作品の著作権承継人で哲学者のシルヴィ・ル・ボン・ド・ボーヴォワールが、シモーヌ・ド・ボーヴォワールの未刊の自伝的作品『離れがたき二人』を紹介します。この作品は、少女たちを妻と母の役割にはめ込み自由でものを考える女性となることを禁じようとする世間や、身持ちのよい女性を育てる性と知識の教育に反抗する二人の少女たちを描いています。

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション3: パンデミックとその後の国際共同研究の展開

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年12月8日(水)17:00‐19:00

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション3のテーマは「パンデミックとその後の国際共同研究の展開」です。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会「東京大学-プリンストン大学 対話」第6回経済

イベント予定共催/Joint Event

2021年12月6日(月)17:00以降視聴可能

コロナ危機によって社会と大学はどのような影響を受けたのか、今後何に注意しどのような方向を目指して進めばよいのか。重要なパートナーであるプリンストン大学と東京大学の研究者たちが語り合います。


TOP