東京カレッジ講演会「時間はなぜ逆に流れない?」講師:アンソニー・レゲット教授 – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「時間はなぜ逆に流れない?」講師:アンソニー・レゲット教授

日時:
2019.06.17 @ 17:00 – 18:30
2019-06-17T17:00:00+09:00
2019-06-17T18:30:00+09:00
東京カレッジ講演会「時間はなぜ逆に流れない?」講師:アンソニー・レゲット教授

アンソニー・レゲット教授による講演「時間はなぜ逆に流れない?」が開催されました

2019年6月17日、アンソニー・レゲット教授(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・名誉東京カレッジ長)による講演会「時間はなぜ逆に流れない?」が開催されました。レゲット教授は、低温物理学のパイオニアとして知られ、2003 年には超流動と超伝導の開拓的研究でノーベル物理学賞を受賞しました。講演では、なぜ時間が未来から過去に流れないのか、物理の法則から考察し、後半には質疑応答セッションを行いました。

司会の佐野雅己教授(副カレッジ長)による東京カレッジの説明に続いて、レゲット教授はまず、ニュートンの運動法則、電磁力学、量子力学から時間の方向性について考察しました。次に、車を駐車場から出すよりも入れるほうが難しいという例を挙げ、「無秩序というコンセプトを定義するには、どれだけのスペースがあるのか、どれくらいの可能な状態があるのかということによって定義できる」と結論づけた物理学者の議論を説明しました。レゲット教授は、以上の議論が「初期の状態がより秩序だっており、無秩序ではないということを前提としている」と指摘し、秩序の問題は「物事をそのままにしておくと、物事は最大限の無秩序さに至る」という熱力学の一般原則だけでは説明できないと述べました。そこで、宇宙論の人間原理にも言及し、ビッグバンまで遡って未解決の問題があることを示しました。

 

宇宙の未来は予測できるのか?

過去について考えることは、未来を考えることに繋がります。レゲット教授は宇宙の質量密度についての考察を紹介しました。宇宙が無限に拡大を続けるならば、宇宙はいずれ平らになります。ところが、宇宙が閉鎖的であった場合には、宇宙は最大のところまで拡大した後収縮を始め、最終的にはホット・ビッグクランチという塊になるとも考えられます。つまり、宇宙の未来において、乱雑さや無秩序が増えるのか、減るのか、またこのときに人間が生きていたとするならば、どちらの方向を見ているのか、その問いに対する答えはまだ出ていないと言います。

 

物理学の「常識」を超えて

物理学の過去500年間の歴史を振り返ると、そのときまで信じられていたこと、最も当たり前の常識的と思われていたことを捨てることで、物理学的に革命的な事象が起こってきました。例えば、コペルニクス、ハイゼンベルグ、ハッブルの意見は常識を覆しました。これをうけて、レゲット教授は、「過去が現在の原因となり、現在が未来の原因であるという常識は、もしかすると今後10年、100年、あるいは150年経て変わるかもしれません。そのときに大きな革命的な物理学が生まれますそれはチャレンジです。このアイディアに何らかのかたちで挑戦が投げかけられるというものだろうと思います。」と話しました。

 

 

QAセッション

フロアを交えた質疑応答セッションでは、若い学生たちが積極的に発言し、哲学、宗教という視点から生命全般についてどう考えるべきか、エントロピーと人類の幸福について、時間の方向性とコミュニケーションについてなど、私たちの人生や生活に関わる質問が多数挙がりました。他にも、タイムマシンを作ることが原理的に可能なのか、時間の不可逆性を測定する方法はあるのか、それにはどんな実験装置が必要なのか、といった技術についての質問が挙がりました。レゲット教授は、科学の分野において、問題設定を正しく行えば答えを導き出すことはそう難しくないと述べ、「質問の仕方が正しいかどうかということがわかっていないものほど難しい」と回答しました。

 

終了しました
開催日時 2019年6月17日(月)17:00-18:30(16:30開場)
会場

東京大学・山上会館大会議室(本郷キャンパス) ※両日共通

申込方法 事前申込制。120名(先着順、参加無料)
言語 日本語・英語(同時通訳有)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」③ 脆さ・弱さと共にある連帯の社会システムへ

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月6日(火)15:00-16:30

人びとは誰しも、頼る人、場所、システムを必要とし、脆さと弱さを抱える存在である。コロナ危機が露わにしたのは、その脆さと弱さを支え合うための社会システムに亀裂が生じ、脆さと弱さを支え合うどころか、むしろ負の連鎖を生み出し、苦しみを増幅させているという事実だ。本シンポジウムでは、人びとと社会システム、双方が抱えてきた脆さと弱さについて、宗教学、当事者研究、そして社会実践活動の立場から論じる。そして、そうした脆さ・弱さと共にあり生きるために、いかなる連帯が可能か、そうした連帯を支える社会システムとは何かを考える。


TOP