東京カレッジ・シンポジウム 「世界」とは何か? ―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す― - 東京カレッジ

東京カレッジ・シンポジウム 「世界」とは何か? ―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す―

日時:
2019.07.10 @ 17:00 – 19:00
2019-07-10T17:00:00+09:00
2019-07-10T19:00:00+09:00

東京カレッジ・シンポジウム「『世界』とは何か? ―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す―」が開催されました

2019年7月10日、東京カレッジ・シンポジウム「『世界』とは何か?―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す―」が開催されました。伊達聖伸准教授(総合文化研究科)が司会を務め、パネリストとして羽田正教授(東京カレッジ)、中島隆博教授(東洋文化研究所)、沼野充義教授(人文社会系研究科)、藤原聖子教授(人文社会系研究科)が登壇しました。

司会の伊達聖伸准教授によるシンポジウムの趣旨説明に続き、第1部では東京大学所属の4人のパネリスト達から、それぞれが専門とするディシプリンにおいて「世界」が指すものは何かが紹介されました。

まず、羽田正教授は、世界史、比較歴史学を専門とする立場から問題を提起し、「新しい世界史」を提唱しました。
次に、中島隆博教授は、中国哲学、日本哲学、フランス哲学、比較哲学を専門とする立場から「世界各地の哲学の総和」という意味で理解されてきた世界哲学の今後の展望について話しました。

続いて、ロシア・ポーランド文学専門で、日本文学を含め広く文芸評論家として活躍する沼野充義教授は、理念、現実、実践としての世界文学について説明しました。
最後に、宗教学専門の藤原聖子教授は、「世界宗教」概念について紹介し、ヨーロッパモデルの普遍性が前提となっている世界宗教史を書き直す必要性を論じました。

シンポジウム第2部では、フロアからの質問を交え、翻訳の問題や「日本発」の人文学についてパネリスト達が意見交換を行いました。海外の人々や理系の専門家を交えて議論をした場合、どのような可能性や壁があるのかという点も、今後の課題として議論されました。

終了しました
開催日時 2019年7月10日(水)17:00-19:00(16:30開場)
会場

東京大学・山上会館大会議室(本郷キャンパス) ※両日共通

申込方法 事前申込制。120名(先着順、参加無料)
言語 日本語 (Japanese language only)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

今日は「ディスインフォメーション」の時代か、それとも「戦略的コミュニケーション」の時代か?(講演者:Neville BOLT氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年7月22日(月)14:30-16:00

「ディスインフォメーション」と「戦略的コミュニケーション」は、関連しつつも異なる概念である。にもかかわらず、しばしば同じ意味だと誤解されている。ネビル・ボルト氏は、21世紀初頭より世界中の政府の注目を集め、盛んに論じられてきた「ディスインフォメーション」と「戦略的コミュニケーション」という2つの重要な概念について論じる。

パネルディスカッション「外から見た日本の経済」(登壇者:伊藤隆敏教授、清滝信宏教授)

イベント予定パネルディスカッション/Panel discussion

2024年8月23日(金)16:00-17:30

本パネルディスカッションでは、海外で活躍する2名の著名な日本人経済学者が、日本経済の現状とその課題について議論し、国際的な視点から日本経済についての新たな洞察を提供します。

Previous Events

公開済みイベント

平和、安全保障と人工知能

イベント予定講演会/Lecture

2024年7月12日(金) 14:00-15:00

本講演では、広範なセキュリティ領域にわたってAIシステムがもたらす固有のリスクについて掘り下げ、最後に、これらの技術に関連するリスクを防止・軽減するためのガバナンス・モデルの提案について、いくつかの知見を紹介する。その中には、拘束力のある規範、基準、ガイドラインを精緻化する必要性や、これらの規制を実施し、説明責任、被害に対する救済措置、緊急対応を通じてコンプライアンスを確保する適切なメカニズムを備えた一元化された当局を通じた監視、モニタリング、検証、検証機能の必要性が含まれる。

出版記念会:「キーウの遠い空-戦争の中のウクライナ人」(講師:Olga KHOMENKO氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年6月28日(金)15:30-16:30

2023年7月25日、中央公論新社からホメンコ氏の著書『キーウの遠い空─戦争の中のウクライナ人 』が出版された。ウクライナ戦争を独自の視点でとらえた一冊である。
この本は、ホメンコ氏がウクライナで体験した戦争や、家族、友人、元教え子から聞いた話に基づいて執筆された。ホメンコ氏は2022年の初めに日本のメディアの取材で、ウクライナの歴史や文化に関するインタビューを受けたが、その際の質問が、ウクライナの歴史に関する知識をあまりにも欠いていたため、インタビューに応じる代わりにウクライナ人の声を届けるために日本語で本を執筆することにした。

ハッキングの文化史(講師:Federico MAZZINI教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年6月24日(月)15:00-15:45

本講演では、1960年代の米国の大学で誕生したと言われているハッカー文化を、より長い歴史的文脈に位置付け考察する。歴史は19世紀末のSF小説から始まり、1910年代のハムラジオ、1970年代の「電話ハック」、そして20世紀末のコンピューター・ハッカーへと続く。本講演では、ハッカーや初期のハッカーたちが自分たちについて何を書き残し、また彼らが活字メディアにどのように受け止められていたかを議論する

グローバリゼーションの未来: 歴史の視点から(講演者:Bill EMMOTT氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年6月4日(火)16:00-17:30

グローバリゼーション―貿易、金融、思想を通じた国々のつながり―は後退しているように見える。各国政府は地政学的な緊張により、経済的保障を優先させ「リスク回避」に努めている。しかし、グローバリゼーションの後退が言われるのは、これが初めてではない。歴史を振り返ることで、どのような要因が今後のグローバリゼーションの行方を真に左右するのか理解することができるだろう。

日本における同族経営医療法人(講演者:Roger GOODMAN教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年5月30日(木)14:00-15:30

日本では、病院の約80%とクリニックの約90%が私立であり、これらのうち約75%が同族経営である。本講演では、日本の医療制度の運営全体の文脈における同族経営医療法人の発展と意義を説明し、先行研究でまだ明らかにされていない部分に注目する。

21世紀の中央銀行(講演者:Luiz Awazu PEREIRA DA SILVA教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年5月29日 (水)15:00-16:30 JST

21世紀の中央銀行は、5つの岐路に直面している(1. インフレとその不透明性の再現、2. 気候変動、3. 不平等、4. デジタル金融イノベーション、5. 人工知能)。これまで、中央銀行は課題に直面した際、分析的思考を強化し、適切にリスクを均衡させ、最善の道を選択してきた。現在、中央銀行が直面する新たな課題は、中央銀行がそれらの挑戦的な影響を慎重に特定し、分析する必要があることを示唆している。


TOP