東京カレッジ・シンポジウム 「世界」とは何か? ―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す― – 東京カレッジ

東京カレッジ・シンポジウム 「世界」とは何か? ―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す―

日時:
2019.07.10 @ 17:00 – 19:00
2019-07-10T17:00:00+09:00
2019-07-10T19:00:00+09:00

東京カレッジ・シンポジウム「『世界』とは何か? ―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す―」が開催されました

2019年7月10日、東京カレッジ・シンポジウム「『世界』とは何か?―哲学・歴史・文学・宗教を/から考え直す―」が開催されました。伊達聖伸准教授(総合文化研究科)が司会を務め、パネリストとして羽田正教授(東京カレッジ)、中島隆博教授(東洋文化研究所)、沼野充義教授(人文社会系研究科)、藤原聖子教授(人文社会系研究科)が登壇しました。

司会の伊達聖伸准教授によるシンポジウムの趣旨説明に続き、第1部では東京大学所属の4人のパネリスト達から、それぞれが専門とするディシプリンにおいて「世界」が指すものは何かが紹介されました。

まず、羽田正教授は、世界史、比較歴史学を専門とする立場から問題を提起し、「新しい世界史」を提唱しました。
次に、中島隆博教授は、中国哲学、日本哲学、フランス哲学、比較哲学を専門とする立場から「世界各地の哲学の総和」という意味で理解されてきた世界哲学の今後の展望について話しました。

続いて、ロシア・ポーランド文学専門で、日本文学を含め広く文芸評論家として活躍する沼野充義教授は、理念、現実、実践としての世界文学について説明しました。
最後に、宗教学専門の藤原聖子教授は、「世界宗教」概念について紹介し、ヨーロッパモデルの普遍性が前提となっている世界宗教史を書き直す必要性を論じました。

シンポジウム第2部では、フロアからの質問を交え、翻訳の問題や「日本発」の人文学についてパネリスト達が意見交換を行いました。海外の人々や理系の専門家を交えて議論をした場合、どのような可能性や壁があるのかという点も、今後の課題として議論されました。


※都合により一部編集しています

終了しました
開催日時 2019年7月10日(水)17:00-19:00(16:30開場)
会場

東京大学・山上会館大会議室(本郷キャンパス) ※両日共通

申込方法 事前申込制。120名(先着順、参加無料)
言語 日本語 (Japanese language only)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」③ 脆さ・弱さと共にある連帯の社会システムへ

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月6日(火)15:00-16:30

人びとは誰しも、頼る人、場所、システムを必要とし、脆さと弱さを抱える存在である。コロナ危機が露わにしたのは、その脆さと弱さを支え合うための社会システムに亀裂が生じ、脆さと弱さを支え合うどころか、むしろ負の連鎖を生み出し、苦しみを増幅させているという事実だ。本シンポジウムでは、人びとと社会システム、双方が抱えてきた脆さと弱さについて、宗教学、当事者研究、そして社会実践活動の立場から論じる。そして、そうした脆さ・弱さと共にあり生きるために、いかなる連帯が可能か、そうした連帯を支える社会システムとは何かを考える。


TOP