東京カレッジ講演会「世界の中の日本文学:芭蕉から多和田葉子まで」講師:デイヴィッド・ダムロッシュ

いつ:
2020.03.10 16:30 – 19:00
2020-03-10T16:30:00+09:00
2020-03-10T19:00:00+09:00
東京カレッジ講演会「世界の中の日本文学:芭蕉から多和田葉子まで」講師:デイヴィッド・ダムロッシュ
開催延期
開催日時 2020年3月10日(火)16:30-19:00
会場

東京大学・山上会館大会議室(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数120。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 英語(日英同時通訳有)
要旨

世界文学論の旗手として知られるダムロッシュ教授が、日本文学を日本語・日本人の枠の中だけでなく、より広い世界との関係において読み、樋口一葉、芥川龍之介の世界文学との関係、芭蕉の外国における受容、そして現代の多和田葉子のグローバルな文学のありかたを具体的に論じます。

プログラム

[第一部]講演:デイヴィッド・ダムロッシュ

[第二部]シンポジウム「日本文学を世界に開く」デイヴィッド・ダムロッシュを囲んで:
武田将明(総合文化研究科准教授、英文学)、高木和子(人文社会系研究科教授、国文学)、ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー(チュービンゲン大学教授・東京カレッジ特任教授、日本語日本文化研究)、中島隆博(東洋文化研究所教授、哲学)、司会:沼野充義(人文社会系研究科教授、スラヴ文学・現代文芸論)

シンポジウム趣旨:
ダムロッシュ教授は、日本文学の専門家ではないが、自身の世界文学論の立場から、日本文学を世界の中にどのように位置づけられるか、どのように読むことができるか、積極的に語ってきた。2020年3月に日本語訳が刊行される予定の著書『日本文学を世界に開く――ハーバード大学ダムロッシュ教授の東大講義』は、ダムロッシュ教授が2017年に東京大学で行った連続講義をもとにした日本オリジナル出版である。また今回の講演もその内容を発展させたものになっている。
 前近代から近代化、グローバル化といった歴史の流れの中で、日本文学を世界文学との関連のうちに論じたこの本の問題提起に応える形で、専門を異にする様々な文学・哲学・歴史研究者が著者を囲んで討論を行い、ダムロッシュ教授の世界文学論の日本文化研究への適用可能性について検討する。

講師プロフィール

ディヴィッド・ダムロッシュ:
ハーバード大学教授、同大比較文学科長、同大世界文学研究所創設者・所長。全米比較文学学会元会長。イェール大学にて博士号を取得、コロンビア大学(1980~2009年)を経て、現職。ロングマン『世界文学アンソロジー』(2004年、全6巻、編集主幹)等編著書多数。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

TOP