東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」講師:ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」講師:ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー

日時:
2020.02.05 @ 17:00 – 18:30
2020-02-05T17:00:00+09:00
2020-02-05T18:30:00+09:00

東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」が開催されました。
2020年2月5日(水)、東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」が開催されました。小島毅教授(東京大学)の司会進行で、ヴィクトリア・エシュバッハ・サボー教授(テュービンゲン大学)の講演に続き、エシュバッハ教授と月本雅幸教授(東京大学)の対談が行われました。

エシュバッハ教授は、日本語をグローバルな学術言語として進化させることの利点や、日本語と他言語の間の言語文化的な結びつきを強めることの重要性を強調し、日本文化のもつ力を認識し、日本語をより積極的に進化させていくための展望を語りました。

エシュバッハ教授はまず、言語空間の概念および世界の言語地図のプロセスの枠組みの再設定・変化について説明しました。言語空間の概念は、社会方言、下町言葉、若者言葉、関西弁、関東弁、書き言葉、話し言葉といった派生語のように、言語間、あるいは言語内に存在する層の醸成として解釈され、ほかの言語から言葉を借りて使う借用語のように、ほかの言語との接触により言語に新しいスペースができると解説しました。このように私たちの言語空間の定義が同時並列的にあるとしても、それは決して標準語、または国の言語の統一を否定するものではありません。エシュバッハ教授は、標準語が18~20世紀に世界の様々な箇所で発明され、文化または行政の効果的な基準となる言語として使用されてきたことを説明し、言語空間という概念の中には言語にまつわる非常に複雑な認識が反映されており、言語は決して完璧で定型的なものではなく、社会のあらゆる構成員にとってダイナミックなプロセスであることを示すものであると述べました。


続いてエシュバッハ教授は、英語が共通学術言語として支配的な立場であることは一時的なもので、すべての言語は長期的には立場を変えていくと説明しました。その上で、日本語がスーパーセントラル言語のグローバルプレーヤーの一つを担うようになるまでの経緯について解説しました。世界の言語にはいくつもの共通点があるものの、それは語彙や表現による共通点であり、意味や価値観については独自のシステムが存在するため、言語空間をつなげるテクニック・手法が必要であると述べました。欧州と日本の言語空間がどのように繋がりをもつようになったのかについては、西洋と日本の歴史的な経緯に基づいて具体例を挙げ、明治時代に存在していた多様な日本語の言語空間において、西洋と日本を結ぶために漢字を使用した漢文による新しい言語空間が作られたことを解説しました。明治以降に発明された標準語も、グローバルな言語としての役割を果たしてきたと言います。これらの発明が欧州に逆輸入され、21世紀以降は欧州において経済からポピュラーカルチャーに至るまで日本の文化パッケージが広がりを見せ、生け花、寿司、空手など様々なものの影響を受けながら絶えず日本の概念や言葉と日常生活が結びついていると論じました。
また、エシュバッハ教授は国家と言語の関係性について述べ、国家の発展のためには言語の発展が必須であるとし、西洋と日本のコミュニケーションを発展させ、近代科学技術へのアクセスを提供し、英語のみを志向する方針から転換し、グローバル社会におけるニーズの変化へ対応していくことの必要性を主張しました。21世紀の進化の方向性について、創造的な知とアートの分野では言語の使用が言語の発展に繋がること、自然科学・科学技術分野においては、人間の知がAIというブラックボックスの中で繋がることが重要であると述べました。

講演後に行われたエシュバッハ教授と月本教授との対談では、国際学会での使用言語、現代社会の多文化共生に伴う日本語教育の変化や今後の日本語の辞書の出版等について、様々な角度から意見が交換されました。

 

終了しました
開催日時 2020年2月5日(水)17:00-18:30(16:30開場)
会場

東京大学 山上会館大会議室(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数120。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 日本語・英語(同時通訳有)
要旨

日本語をグローバルな学術言語として進化させることには数多くの利点があり、日本語と他言語の間の言語文化的な結びつきを強めることは極めて重要です。日本文化のもつ力を認識し、日本語をより積極的に進化させていくことが、いま日本に求められています。

講師プロフィール

ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー
ハンガリーのエトヴェシュ・ロラーンド大学にてドイツ・スラヴ・中国・日本学を学んだ後、ルール大学ボーフムにて東アジア学博士号を取得(1984年)。トリーア大学を経て、テュービンゲン大学日本学教授、またテュービンゲン大学同志社日本研究センター共同創設者・共同所長(1993年~)。ヨーロッパ日本研究協会(EAJS)の日本語および日本語教育部門責任者を長年務め、2005~08年同協会会長。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

Previous Events

公開済みイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。


TOP