東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」講師:ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー - 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」講師:ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー

日時:
2020.02.05 @ 17:00 – 18:30
2020-02-05T17:00:00+09:00
2020-02-05T18:30:00+09:00

東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」が開催されました。
2020年2月5日(水)、東京カレッジ講演会「グローバルな学術言語としての日本語」が開催されました。小島毅教授(東京大学)の司会進行で、ヴィクトリア・エシュバッハ・サボー教授(テュービンゲン大学)の講演に続き、エシュバッハ教授と月本雅幸教授(東京大学)の対談が行われました。

エシュバッハ教授は、日本語をグローバルな学術言語として進化させることの利点や、日本語と他言語の間の言語文化的な結びつきを強めることの重要性を強調し、日本文化のもつ力を認識し、日本語をより積極的に進化させていくための展望を語りました。

エシュバッハ教授はまず、言語空間の概念および世界の言語地図のプロセスの枠組みの再設定・変化について説明しました。言語空間の概念は、社会方言、下町言葉、若者言葉、関西弁、関東弁、書き言葉、話し言葉といった派生語のように、言語間、あるいは言語内に存在する層の醸成として解釈され、ほかの言語から言葉を借りて使う借用語のように、ほかの言語との接触により言語に新しいスペースができると解説しました。このように私たちの言語空間の定義が同時並列的にあるとしても、それは決して標準語、または国の言語の統一を否定するものではありません。エシュバッハ教授は、標準語が18~20世紀に世界の様々な箇所で発明され、文化または行政の効果的な基準となる言語として使用されてきたことを説明し、言語空間という概念の中には言語にまつわる非常に複雑な認識が反映されており、言語は決して完璧で定型的なものではなく、社会のあらゆる構成員にとってダイナミックなプロセスであることを示すものであると述べました。


続いてエシュバッハ教授は、英語が共通学術言語として支配的な立場であることは一時的なもので、すべての言語は長期的には立場を変えていくと説明しました。その上で、日本語がスーパーセントラル言語のグローバルプレーヤーの一つを担うようになるまでの経緯について解説しました。世界の言語にはいくつもの共通点があるものの、それは語彙や表現による共通点であり、意味や価値観については独自のシステムが存在するため、言語空間をつなげるテクニック・手法が必要であると述べました。欧州と日本の言語空間がどのように繋がりをもつようになったのかについては、西洋と日本の歴史的な経緯に基づいて具体例を挙げ、明治時代に存在していた多様な日本語の言語空間において、西洋と日本を結ぶために漢字を使用した漢文による新しい言語空間が作られたことを解説しました。明治以降に発明された標準語も、グローバルな言語としての役割を果たしてきたと言います。これらの発明が欧州に逆輸入され、21世紀以降は欧州において経済からポピュラーカルチャーに至るまで日本の文化パッケージが広がりを見せ、生け花、寿司、空手など様々なものの影響を受けながら絶えず日本の概念や言葉と日常生活が結びついていると論じました。
また、エシュバッハ教授は国家と言語の関係性について述べ、国家の発展のためには言語の発展が必須であるとし、西洋と日本のコミュニケーションを発展させ、近代科学技術へのアクセスを提供し、英語のみを志向する方針から転換し、グローバル社会におけるニーズの変化へ対応していくことの必要性を主張しました。21世紀の進化の方向性について、創造的な知とアートの分野では言語の使用が言語の発展に繋がること、自然科学・科学技術分野においては、人間の知がAIというブラックボックスの中で繋がることが重要であると述べました。

講演後に行われたエシュバッハ教授と月本教授との対談では、国際学会での使用言語、現代社会の多文化共生に伴う日本語教育の変化や今後の日本語の辞書の出版等について、様々な角度から意見が交換されました。

 

終了しました
開催日時 2020年2月5日(水)17:00-18:30(16:30開場)
会場

東京大学 山上会館大会議室(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数120。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 日本語・英語(同時通訳有)
要旨

日本語をグローバルな学術言語として進化させることには数多くの利点があり、日本語と他言語の間の言語文化的な結びつきを強めることは極めて重要です。日本文化のもつ力を認識し、日本語をより積極的に進化させていくことが、いま日本に求められています。

講師プロフィール

ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー
ハンガリーのエトヴェシュ・ロラーンド大学にてドイツ・スラヴ・中国・日本学を学んだ後、ルール大学ボーフムにて東アジア学博士号を取得(1984年)。トリーア大学を経て、テュービンゲン大学日本学教授、またテュービンゲン大学同志社日本研究センター共同創設者・共同所長(1993年~)。ヨーロッパ日本研究協会(EAJS)の日本語および日本語教育部門責任者を長年務め、2005~08年同協会会長。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

出版記念会:「キーウの遠い空-戦争の中のウクライナ人」(講師:Olga KHOMENKO氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年6月28日(金)15:30-16:30

2023年7月25日、中央公論新社からホメンコ氏の著書『キーウの遠い空─戦争の中のウクライナ人 』が出版された。ウクライナ戦争を独自の視点でとらえた一冊である。
この本は、ホメンコ氏がウクライナで体験した戦争や、家族、友人、元教え子から聞いた話に基づいて執筆された。ホメンコ氏は2022年の初めに日本のメディアの取材で、ウクライナの歴史や文化に関するインタビューを受けたが、その際の質問が、ウクライナの歴史に関する知識をあまりにも欠いていたため、インタビューに応じる代わりにウクライナ人の声を届けるために日本語で本を執筆することにした。

今日は「ディスインフォメーション」の時代か、それとも「戦略的コミュニケーション」の時代か?(講演者:Neville BOLT氏)

講演会/Lecture

2024年7月22日(月)14:30-16:00

「ディスインフォメーション」と「戦略的コミュニケーション」は、関連しつつも異なる概念である。にもかかわらず、しばしば同じ意味だと誤解されている。ネビル・ボルト氏は、21世紀初頭より世界中の政府の注目を集め、盛んに論じられてきた「ディスインフォメーション」と「戦略的コミュニケーション」という2つの重要な概念について論じる。

Previous Events

公開済みイベント

ハッキングの文化史(講師:Federico MAZZINI教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年6月24日(月)15:00-15:45

本講演では、1960年代の米国の大学で誕生したと言われているハッカー文化を、より長い歴史的文脈に位置付け考察する。歴史は19世紀末のSF小説から始まり、1910年代のハムラジオ、1970年代の「電話ハック」、そして20世紀末のコンピューター・ハッカーへと続く。本講演では、ハッカーや初期のハッカーたちが自分たちについて何を書き残し、また彼らが活字メディアにどのように受け止められていたかを議論する

グローバリゼーションの未来: 歴史の視点から(講演者:Bill EMMOTT氏)

イベント予定講演会/Lecture

2024年6月4日(火)16:00-17:30

グローバリゼーション―貿易、金融、思想を通じた国々のつながり―は後退しているように見える。各国政府は地政学的な緊張により、経済的保障を優先させ「リスク回避」に努めている。しかし、グローバリゼーションの後退が言われるのは、これが初めてではない。歴史を振り返ることで、どのような要因が今後のグローバリゼーションの行方を真に左右するのか理解することができるだろう。

日本における同族経営医療法人(講演者:Roger GOODMAN教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年5月30日(木)14:00-15:30

日本では、病院の約80%とクリニックの約90%が私立であり、これらのうち約75%が同族経営である。本講演では、日本の医療制度の運営全体の文脈における同族経営医療法人の発展と意義を説明し、先行研究でまだ明らかにされていない部分に注目する。

21世紀の中央銀行(講演者:Luiz Awazu PEREIRA DA SILVA教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年5月29日 (水)15:00-16:30 JST

21世紀の中央銀行は、5つの岐路に直面している(1. インフレとその不透明性の再現、2. 気候変動、3. 不平等、4. デジタル金融イノベーション、5. 人工知能)。これまで、中央銀行は課題に直面した際、分析的思考を強化し、適切にリスクを均衡させ、最善の道を選択してきた。現在、中央銀行が直面する新たな課題は、中央銀行がそれらの挑戦的な影響を慎重に特定し、分析する必要があることを示唆している。

「西洋」という虚構とその仮想的同一性:人類学的差異について(講演者:酒井直樹教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年5月17日(金)14:00-15:30

近現代世界の国際的な景観は、近世における「ヨーロッパ」の出現以来、人類学的差異への投資によって形成されてきた。ヒューマニタスとアントロポスを区別するこの差異は、事実的な規範というよりも、むしろ規制的な理念として人類の行く道を導く予期的なものである。それは、ヨーロッパ/アジア、西洋/東洋、白人/有色人種といった二項対立を統合し、複雑な帰属関係を育む。本講演では、ヨーロッパ文化、西洋文明、有色人種を排除した人種にみられる白人性のアイデンティティ・ポリティクスについて掘り下げる。しかし、真の帰属意識は依然として仮定のものであり、非ヨーロッパ的、非西洋的、非白人的なものとの対比を通してのみ実現される。

永久凍土を考える(講演者:Sabine DULLIN教授)

イベント予定講演会/Lecture

2024年5月14日 (火)16:30-18:00

本講演では、居住する先住民コミュニティにとって自然で意味のある土地であった永久凍土が、いかに科学的問題として発見されたのか検討する。そして、21世紀初頭、ヤクーツクなど北極圏の準州における主権の模索において、永久凍土がどのように政治的意味を帯びたかを論じる。


TOP