海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション3: パンデミックとその後の国際共同研究の展開 – 東京カレッジ

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション3: パンデミックとその後の国際共同研究の展開

日時:
2021.12.08 @ 17:00 – 19:00
2021-12-08T17:00:00+09:00
2021-12-08T19:00:00+09:00
海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション3: パンデミックとその後の国際共同研究の展開
Zoom ウェビナー
開催日時 2021年12月8日(水)17:00‐19:00
会場

Zoom ウェビナー (登録はこちらへ)

申込方法 要事前登録
言語 英語(日本語同時通訳有)
要旨

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション3のテーマは「パンデミックとその後の国際共同研究の展開」です。

 

※イベント詳細はこちらへ

プログラム

司会 光石衛 & マイク・ハンドフォード

発表(17時-)

  •  Agnieszka Iwasiewicz-Wabnig “University partnerships and collaborations at the time of global challenges”
  • ハチウス・ミハエル「これからの人文学の共同研究形式を考える」
  • Tomas Coates Ulrichsen “Innovating through a crisis and beyond: mobilising universities and their research and innovation partnerships to drive national recoveries and future competitiveness”

Q&A

 

休憩

 

発表(18時-)

  • 葛岡英明「インフォーマルな知識伝達に向けて」
  • Luke Church “Katikati: Designing Communications Technology for a new Conversational Intelligence”
  • 丸山茂夫「マイクロ・ナノデバイスの共同遠隔加工」(東京大学 登壇者)

Q&A

講師プロフィール

司会:

光石衛(東京大学大学院 工学系研究科 教授)

マイク・ハンドフォード(Cardiff University/Advisor to UTokyo on Internationalisation)

講演者:

Agnieszka Iwasiewicz-Wabnig (Director of Partnership Development, Maxwell Centre, University of Cambridge)

Luke Church(Researcher, Department of Computer Science and Technology, University of Cambridge)

Tomas Coates Ulrichsen(Director, The University Commercialisation and Innovation (UCI) Policy Evidence Unit, Institute for Manufacturing, University of Cambridge)

葛岡英明(東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授)

丸山茂夫 (東京大学 大学院工学系研究科 教授)

ハチウス・ミハエル(東京大学 国際高等研究所東京カレッジ 准教授)

 

主催 戦略的パートナーシップ大学プロジェクト(東京大学/ケンブリッジ大学)
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション3: パンデミックとその後の国際共同研究の展開

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年12月8日(水)17:00‐19:00

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション3のテーマは「パンデミックとその後の国際共同研究の展開」です。

シモーヌ・ド・ボーヴォワールへの現代日本のまなざし

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年12月10日(金)17:00-20:00

シモーヌ・ド・ボーヴォワールの作品の著作権承継人で哲学者のシルヴィ・ル・ボン・ド・ボーヴォワールが、シモーヌ・ド・ボーヴォワールの未刊の自伝的作品『離れがたき二人』を紹介します。この作品は、少女たちを妻と母の役割にはめ込み自由でものを考える女性となることを禁じようとする世間や、身持ちのよい女性を育てる性と知識の教育に反抗する二人の少女たちを描いています。

Previous Events

公開済みイベント

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会「東京大学-プリンストン大学 対話」第6回経済

イベント予定共催/Joint Event

2021年12月6日(月)17:00以降視聴可能

コロナ危機によって社会と大学はどのような影響を受けたのか、今後何に注意しどのような方向を目指して進めばよいのか。重要なパートナーであるプリンストン大学と東京大学の研究者たちが語り合います。

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション2:持続可能な都市

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年11月29日(月)17:00‐19:00

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション2のテーマは「持続可能な都市」です。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会「東京大学-プリンストン大学 対話」第5回人口と健康

イベント予定共催/Joint Event

2021年11月29日(月)17:00以降視聴可能

コロナ危機によって社会と大学はどのような影響を受けたのか、今後何に注意しどのような方向を目指して進めばよいのか。重要なパートナーであるプリンストン大学と東京大学の研究者たちが語り合います。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会 東京大学-オーストラリア国立大学 対話 第4回「コロナ後の社会:哲学と確率の間から」

イベント予定共催/Joint Event

2021年11月25日以降視聴可能

COVID-19パンデミックが浮き彫りにした社会の様々な問題、また、将来起こり得る医療危機に私たちはどう備えればよいのか、ANUと東京大学の研究者が、様々な切り口からコロナ後の社会についての議論を展開します。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会 東京大学-オーストラリア国立大学 対話 第3回「コロナ後の環境の変化と課題」

イベント予定共催/Joint Event

2021年11月24日以降視聴可能

COVID-19パンデミックが浮き彫りにした社会の様々な問題、また、将来起こり得る医療危機に私たちはどう備えればよいのか、ANUと東京大学の研究者が、様々な切り口からコロナ後の社会についての議論を展開します。

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウムシリーズ」 セッション1:COVID-19に関する研究と挑戦

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年11月24日(水)17:00‐19:00

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション1のテーマは「COVID-19に関する研究と挑戦」です。


TOP