UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例 – 東京カレッジ

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

いつ:
2021.04.20 @ 17:00 – 18:30
2021-04-20T17:00:00+09:00
2021-04-20T18:30:00+09:00
UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例
オンラインワークショップ
開催日時 2021年4月20日(火)17:00-18:30
会場

オンラインワークショップ(登録はこちらへ

申込方法 要事前登録
言語 英語・日本語(同時通訳)
要旨

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。昨年の夏、東京カレッジに大量の初期キャリアの研究者が着任したため、私たちはこのミッションを教育に反映させる機会を求めていました。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。私たちの経験と収穫を共有し、大学内での学際的教育における将来のコラボレーションの可能性について会話を始めたいと思います。

 

イベントを企画したGlobal Faculty Development Initiativeのページをこちらへご覧ください。

講師プロフィール

登壇者

 

赤藤詩織 東京カレッジ特任助教。社会文化人類学者であり、研究テーマはジェンダー、移民、環境などです。東京カレッジ入社以前は、オーストラリアとシンガポールで、ジェンダーと開発、高齢化とテクノロジー、日本研究など、幅広い学際的なコースを教えてきました。 

Michael FACIUS 東京カレッジ准教授。日本と東アジアの文化を、グローバル・ヒストリー、知識の歴史、翻訳の歴史という観点から研究しています。大学教授法とe-ティーチングの学位を持っています。ベルリン自由大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、東京大学で日本研究、東アジア研究、歴史学、グローバル・ヒストリー、トランスナショナル・スタディーズ、チャイニーズ・ヘルス&ヒューマニティの分野で教鞭をとり、指導にあたってきました。また、ERASMUSのレクチャーシップとしてライデンとケンブリッジでも教鞭をとりました。

Marcin JARZEBSKI:東京カレッジの特任助教であり、持続可能性科学と自然環境科学の専門家。世界的な高齢化・縮小社会、サハラ以南のアフリカにおける食糧安全保障、東南アジアにおける気候変動への適応、フィリピンにおけるコミュニティ森林管理などについて研究し、未来社会の新しいデザインを目指した共同研究にも積極的に取り組んでいます。また、環境持続性の分野で教鞭をとる機会も何度かありました。

主催 共催:Global Faculty Development Initiative/東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

Previous Events

公開済みイベント

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」③ 脆さ・弱さと共にある連帯の社会システムへ

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月6日(火)15:00-16:30

人びとは誰しも、頼る人、場所、システムを必要とし、脆さと弱さを抱える存在である。コロナ危機が露わにしたのは、その脆さと弱さを支え合うための社会システムに亀裂が生じ、脆さと弱さを支え合うどころか、むしろ負の連鎖を生み出し、苦しみを増幅させているという事実だ。本シンポジウムでは、人びとと社会システム、双方が抱えてきた脆さと弱さについて、宗教学、当事者研究、そして社会実践活動の立場から論じる。そして、そうした脆さ・弱さと共にあり生きるために、いかなる連帯が可能か、そうした連帯を支える社会システムとは何かを考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」② 非常事態にも強い医療体制と社会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年3月31日(水)10:00~11:30

日本の医療は、平常時には高度な医療を誇る体制を構築したものの、コロナ危機に直面して、医療崩壊の危機にさらされる事態に陥った。また、日本では感染した患者に加え医療従事者などの関係者にも差別が起きるという、他国にはみられない現象が起きた。本シンポジウムでは、コロナ危機を教訓として今後どのような医療体制を構築すべきかを議論するとともに、社会のあるべき姿を考える。


TOP