UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例 – 東京カレッジ

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

日時:
2021.04.20 @ 17:00 – 18:30
2021-04-20T17:00:00+09:00
2021-04-20T18:30:00+09:00
UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

ワークショップのイベントレポートがGlobal Faculty Development Initiativeのウェブサイトに掲載されました。

ワークショップの動画はこちらからご覧ください。

終了しました
オンラインワークショップ
開催日時 2021年4月20日(火)17:00-18:30
会場

オンラインワークショップ(登録はこちらへ

申込方法 要事前登録
言語 英語・日本語(同時通訳)
要旨

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。昨年の夏、東京カレッジに大量の初期キャリアの研究者が着任したため、私たちはこのミッションを教育に反映させる機会を求めていました。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。私たちの経験と収穫を共有し、大学内での学際的教育における将来のコラボレーションの可能性について会話を始めたいと思います。

 

詳細はイベントを企画したGlobal Faculty Development Initiativeのページウェブサイトをご覧ください。

講師プロフィール

登壇者

 

赤藤詩織 東京カレッジ特任助教。社会文化人類学者であり、研究テーマはジェンダー、移民、環境などです。東京カレッジ入社以前は、オーストラリアとシンガポールで、ジェンダーと開発、高齢化とテクノロジー、日本研究など、幅広い学際的なコースを教えてきました。 

Michael FACIUS 東京カレッジ准教授。日本と東アジアの文化を、グローバル・ヒストリー、知識の歴史、翻訳の歴史という観点から研究しています。大学教授法とe-ティーチングの学位を持っています。ベルリン自由大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、東京大学で日本研究、東アジア研究、歴史学、グローバル・ヒストリー、トランスナショナル・スタディーズ、チャイニーズ・ヘルス&ヒューマニティの分野で教鞭をとり、指導にあたってきました。また、ERASMUSのレクチャーシップとしてライデンとケンブリッジでも教鞭をとりました。

Marcin JARZEBSKI:東京カレッジの特任助教であり、持続可能性科学と自然環境科学の専門家。世界的な高齢化・縮小社会、サハラ以南のアフリカにおける食糧安全保障、東南アジアにおける気候変動への適応、フィリピンにおけるコミュニティ森林管理などについて研究し、未来社会の新しいデザインを目指した共同研究にも積極的に取り組んでいます。また、環境持続性の分野で教鞭をとる機会も何度かありました。

主催 共催:Global Faculty Development Initiative/東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

東京カレッジ講演「日本経済における回復力と新機軸」講師:Jenny CORBETT教授

イベント予定講演会/Lecture

2021年6月24日(木)16:00-17:00

50年のうちに、日本は急成長を遂げた経済のスーパースターから落ち着いたベテランへと変貌を遂げた。この間、どうすれば脱工業化した先進国経済へと成功裏に移行できるかという問題が繰り返し問われてきた。また、日本は多くの国々が現在直面している問題への対処を真っ先に迫られた。その経験は、高齢化、不平等、労働パターンの変化、生産性の鈍化、産業の空洞化など、ゆっくりとした普遍的な問題への適応や、回復力(レジリエンス)、短期的な危機と変化への対応について多くの問いを投げかけている。 そのすべての特性において、世界が日本から学ぶべきことは多い。

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

識者に聞く「日本とワクチン不信」講師:アンドルー・ゴードン教授&マイケル・ライシュ教授

講演会/Lecture

2021年5月27日(木) 09:00-10:30 am

日本ではこれまで多くのワクチンが取り扱われ、今日推奨されている定期接種のワクチンは、ほぼ例外なく受け入れられてきました。一方で、ワクチン被害者の社会運動は、新しいワクチンに対する国民や政府の躊躇を生み出しており、日本の公共政策にとって重要な課題となっています。「ワクチン不信」に関する歴史や課題について識者が語ります。


TOP