【IWDウェビナーシリーズ】オーストラリアと日本の教育研究活動におけるジェンダー、多様性、インクルージョンへの配慮についての比較・意見交換 – 東京カレッジ

【IWDウェビナーシリーズ】オーストラリアと日本の教育研究活動におけるジェンダー、多様性、インクルージョンへの配慮についての比較・意見交換

日時:
2021.03.08 終日
2021-03-08T00:00:00+09:00
2021-03-09T00:00:00+09:00
【IWDウェビナーシリーズ】オーストラリアと日本の教育研究活動におけるジェンダー、多様性、インクルージョンへの配慮についての比較・意見交換
終了しました
Zoom ウェビナー
開催日時 2021年3月8日(月)11:00-12:30
会場

Zoomウェビナー(登録はこちらへ

申込方法 要事前登録
言語 英語・日本語同時通訳
要旨

国際女性デーに連帯して、オーストラリアと日本の研究者と専門家が、両国の学術研究環境やその他の環境におけるジェンダー、多様性、インクルージョンについて意見交換を行います。最近のジェンダーへの関心は、労働の非正規化や、人種、移民など、様々な要素の関わり合いを含む長い一連のダイナミクスの中で展開されています。大学や企業において、制度や慣行はどのようにしてジェンダー の壁を生み出しているのでしょうか。この壁を個人的に、あるいは協力し合って乗り越えてきた例にはどのようなものがあるでしょうか。また、学術界や産業界において、多様性やインクルージョンの価値はどのようにして伝えていくべきでしょうか。この共同作業としてのパネルディスカッションが、私たちの日常生活の中でのジェンダーを見直す会話のきっかけになればと思います。

 

このイベントはオーストラリア・ニュージーランド・オセアニア研究者日本ネットワーク(ANZOR Japan)と共催イベントです。ANZOR Japanは、日本に在住するオーストラリア、ニュージーランド、オセアニアの研究者を支援し、繋ぐことを目的とした非営利の専門組織です。

このイベントは、オーストラリア政府外務貿易省の豪日交流基金の支援を受けています。

講師プロフィール

講師:

川島久美子(マッコーリー大学人文科学部社会科学科 名誉研究員)

エステル・ラスト(慶應大学政策・メディア研究科 博士課程在籍中)

ネッド・ローダー(芝浦工業大学先進国際課教授)

赤藤詩織(東京大学東京カレッジ特任助教)

 

司会者:

デボラ・ヘーゼルトン(AMP社外取締役)

主催 共催:オーストラリア・ニュージーランド・オセアニア研究者日本ネットワーク(ANZOR Japan)/ 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

東京カレッジ講演「日本経済における回復力と新機軸」講師:Jenny CORBETT教授

イベント予定講演会/Lecture

2021年6月24日(木)16:00-17:00

50年のうちに、日本は急成長を遂げた経済のスーパースターから落ち着いたベテランへと変貌を遂げた。この間、どうすれば脱工業化した先進国経済へと成功裏に移行できるかという問題が繰り返し問われてきた。また、日本は多くの国々が現在直面している問題への対処を真っ先に迫られた。その経験は、高齢化、不平等、労働パターンの変化、生産性の鈍化、産業の空洞化など、ゆっくりとした普遍的な問題への適応や、回復力(レジリエンス)、短期的な危機と変化への対応について多くの問いを投げかけている。 そのすべての特性において、世界が日本から学ぶべきことは多い。

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

識者に聞く「日本とワクチン不信」講師:アンドルー・ゴードン教授&マイケル・ライシュ教授

講演会/Lecture

2021年5月27日(木) 09:00-10:30 am

日本ではこれまで多くのワクチンが取り扱われ、今日推奨されている定期接種のワクチンは、ほぼ例外なく受け入れられてきました。一方で、ワクチン被害者の社会運動は、新しいワクチンに対する国民や政府の躊躇を生み出しており、日本の公共政策にとって重要な課題となっています。「ワクチン不信」に関する歴史や課題について識者が語ります。


TOP