連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」⑥情報活用と管理 – 東京カレッジ

連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」⑥情報活用と管理

日時:
2020.07.03 @ 10:00 – 11:30
2020-07-03T10:00:00+09:00
2020-07-03T11:30:00+09:00
連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」⑥情報活用と管理

東京カレッジ連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」において、情報活用と管理をテーマにした第6回目オンラインシンポジウムが7月3日(金)に開催されました

コロナ危機がもたらした「ニューノーマル」において最も重要な課題の一つはデータです。特に現在の危機によって起こったデジタルトランスフォーメーションに伴い、データの利用やガバナンスの変化が見られます。本シンポジウムでは登壇者はそれぞれの専門分野(医学・工学・法学)から、このような「ニューノーマル」について論じました。前半では登壇者がそれぞれ短い報告によって、テーマを紹介しました。まず、大江和彦教授(医学系研究科)は「医療データ収集と活用」の課題について説明しました。医療情報システムの進歩、早期・リアルタイムデータの収集と管理、情報の連帯の必要性について述べました。続いて、宍戸常寿教授(法学政治学研究科)は「公益目的のデータ活用のための政府のガバナンス」について議論し、情報提供協定におけるプライバシーやデータガバナンス体制構築の必要性について話しました。最後に和泉潔教授(工学系研究科)は、データガバナンスの課題に対して、データの公平性、アナウンスメント効果、またその扱い方に関する重要な問題に言及しました。後半では、コーディネーターの渡部俊也教授(大学執行役・副学長、未来ビジョン研究センター)が司会を務め、討論が行われました。学問の自由、データに関する責任、社会への影響といった問題点が議論されました。

 

終了しました
YouTubeライブ配信
開催日時 2020年7月3日(金)10:00-11:30
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル ( https://youtu.be/h2Mz1bDBruc )

言語 日本語(Japanese language only)
要旨

コロナ危機とその後の世界を考える際に重要な6つのテーマを設定し、それぞれについて専門家同士が座談会形式で討議する連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」⑥情報活用と管理

コロナ下の感染予防と経済を両立させるために、またコロナがもたらすニューノーマルの世界で、最も重要な資源はデータである。医療データ、位置情報などのパーソナルデータ、人流や物流データ等で、社会と経済のデジタルトランスフォーメーションを図っていくことは、実はSociety 5.0 を実現することと重なる。本セッションでは、このような視点から医療データ、パーソナルデータ、各種リアルデータの活用についての取り組みと課題、今後の展望について、医学、法学と工学の専門家を交えて議論を行う。

プログラム

コーディネーター:渡部俊也(大学執行役・副学長、未来ビジョン研究センター教授)

登壇者: 宍戸常寿(法学政治学研究科教授)、大江和彦(医学系研究科教授)、和泉潔(工学系研究科教授)

YouTubeライブ配信➤ https://youtu.be/h2Mz1bDBruc

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

Previous Events

公開済みイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。


TOP