東京カレッジオンライン講演「朝貢圏最後の盛会」講師:葛兆光 – 東京カレッジ

東京カレッジオンライン講演「朝貢圏最後の盛会」講師:葛兆光

日時:
2020.06.08 @ 16:00 – 17:00
2020-06-08T16:00:00+09:00
2020-06-08T17:00:00+09:00

東京カレッジオンライン講演「朝貢圏最後の盛会」をうけて、葛兆光、杉山清彦両氏による対談が行われました

2020年6月8日に、葛兆光教授による講演「朝貢圏最後の盛会」をうけて、同教授と本学総合文化研究科の杉山清彦准教授との間で対談が行われました。この講演と対談は、もともと今年3月に開催される予定でしたが、新型コロナ・ウイルスの感染拡大を受けて延期となり、この度それぞれ収録動画(講演)とライブ配信(対談)のかたちでようやく実現したものです。

杉山准教授は、『大清帝国の形成と八旗制』(名古屋大学出版会、2015年)の著者であり、満族史・清史の専門家です。とりわけ清の制度や政治文化を、女真=満族をも含む広い中央ユーラシア世界に位置付けて研究されています。杉山准教授は対談の冒頭で、葛教授の講演は、乾隆帝傘寿祝典を中国史・アジア史・グローバルヒストリーの多重的観点から考察することによって、歴史を複眼的に解釈し、評価することに成功しているとの感想を述べました。

続いて、両氏は、「祝典はなぜ北京ではなく、まず承徳で行われたか」、「祝典に不在の存在についてどう考えるべきか」をめぐり、対話を深めていきます。式典が承徳で始まり北京で終わったことは、まさに清朝皇帝の「中央ユーラシア世界の君主」と「中国王朝の天子」としての二重性格を表すものでした。両氏はともに中央ユーラシア世界の視点から祝典の意味を考えることの有効性を認めますが、葛教授は、アジア史の視点をあえて重視した理由として、東西の軸のみではなく、南北の軸にも注目すべきだからだと説明しました。杉山准教授は、祝典に姿が見えなかった存在としてロシアとジュンガルを取り上げ、「朝貢圏」とはどのようなものだったのかとあたらめて問題を提起しました。これを受けて、葛教授は、非公式の冊封国であるルソン(現フィリピン)、オランダやイギリス等の国々も同様に祝典に招かれなかったことを指摘しました。その理由は、清朝とこれらの国々との関係を考えると明らかです。清に服従を示す国々のみを招待したのです。葛教授によれば、そこから乾隆帝に「天朝中心」的な態度が依然として根強いことが分かるとのことです。

日本語・中国語逐次通訳が入ったこともあり、予定した一時間はあっという間に過ぎました。最後に両氏は、議論を十分に展開できなかった「19世紀への展望」や「近代史の始まり」といったテーマについて、将来あたらめて意見を交わす機会があることを期待すると述べ、対談を締めくくりました。

当日は、150人に近い方々が対談のライブ配信をご視聴くださいました。見逃した方々には大変申し訳ありませんが、対談は当日配信のみです。葛教授の講演動画の方は、引き続き東京カレッジのYouTubeチャンネルで視聴できますので、ぜひ本ページまたは東京カレッジYouTubeチャンネルでご覧になってください。

終了しました
対談のみYouTubeライブ配信
開催日時 2020年6月8日(月)16:00-17:00
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル (https://youtu.be/g4u3BFSNvRg

言語 中国語・日本語(逐次通訳付)
要旨

大清帝国:盛世の危機
1790年に承徳から北京にかけての一帯で催された乾隆帝傘寿祝典は、18世紀末アジアの東側における最も重要な歴史事件であり、朝貢圏最後の盛会でもあった。本講演では、中国、アジア、そしてグローバルな視点から、中国史、アジア史、グローバル・ヒストリーにおいて同一祝典はなぜ異なる意義を示すのかを議論する。我々は現在、一体どのような角度から、どのような基準をもって一つの歴史事件を評価するのか。

プログラム

【講演】
東京カレッジYouTubeチャンネルにて現在視聴可能
https://youtu.be/av3fpo_E2r4

【対談】杉山 清彦(総合文化研究科准教授)
東京カレッジYouTubeチャンネルにて当日ライブ配信(https://youtu.be/g4u3BFSNvRg
事前に録画公開中の講演をご覧の上、当日ライブをご視聴下さい

講師プロフィール

葛兆光: 1984年北京大学大学院修士課程 (古典文献学)修了、1992年に清華大学教授(歴史学)、2006年に復旦大学特別招聘教授。京都大学(1998年)、東京大学(2015年)、プリンストン大学(2011~2013年)、シカゴ大学(2015年)客任教授。東アジア、中国の思想史・文化史・宗教史を研究。

杉山清彦 : 東京大学総合文化研究科准教授。2000年大阪大学で博士(文学)学位を取得。専門は大清帝国史。とくに八旗制を中心に,マンジュ(満 洲)人王朝という観点から,帝国の形成・発展過程とその構造を研究している。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」③ 脆さ・弱さと共にある連帯の社会システムへ

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月6日(火)15:00-16:30

人びとは誰しも、頼る人、場所、システムを必要とし、脆さと弱さを抱える存在である。コロナ危機が露わにしたのは、その脆さと弱さを支え合うための社会システムに亀裂が生じ、脆さと弱さを支え合うどころか、むしろ負の連鎖を生み出し、苦しみを増幅させているという事実だ。本シンポジウムでは、人びとと社会システム、双方が抱えてきた脆さと弱さについて、宗教学、当事者研究、そして社会実践活動の立場から論じる。そして、そうした脆さ・弱さと共にあり生きるために、いかなる連帯が可能か、そうした連帯を支える社会システムとは何かを考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」② 非常事態にも強い医療体制と社会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年3月31日(水)10:00~11:30

日本の医療は、平常時には高度な医療を誇る体制を構築したものの、コロナ危機に直面して、医療崩壊の危機にさらされる事態に陥った。また、日本では感染した患者に加え医療従事者などの関係者にも差別が起きるという、他国にはみられない現象が起きた。本シンポジウムでは、コロナ危機を教訓として今後どのような医療体制を構築すべきかを議論するとともに、社会のあるべき姿を考える。


TOP