東京カレッジオンライン講演「朝貢圏最後の盛会」講師:葛兆光 – 東京カレッジ

東京カレッジオンライン講演「朝貢圏最後の盛会」講師:葛兆光

日時:
2020.06.08 @ 16:00 – 17:00
2020-06-08T16:00:00+09:00
2020-06-08T17:00:00+09:00

東京カレッジオンライン講演「朝貢圏最後の盛会」をうけて、葛兆光、杉山清彦両氏による対談が行われました

2020年6月8日に、葛兆光教授による講演「朝貢圏最後の盛会」をうけて、同教授と本学総合文化研究科の杉山清彦准教授との間で対談が行われました。この講演と対談は、もともと今年3月に開催される予定でしたが、新型コロナ・ウイルスの感染拡大を受けて延期となり、この度それぞれ収録動画(講演)とライブ配信(対談)のかたちでようやく実現したものです。

杉山准教授は、『大清帝国の形成と八旗制』(名古屋大学出版会、2015年)の著者であり、満族史・清史の専門家です。とりわけ清の制度や政治文化を、女真=満族をも含む広い中央ユーラシア世界に位置付けて研究されています。杉山准教授は対談の冒頭で、葛教授の講演は、乾隆帝傘寿祝典を中国史・アジア史・グローバルヒストリーの多重的観点から考察することによって、歴史を複眼的に解釈し、評価することに成功しているとの感想を述べました。

続いて、両氏は、「祝典はなぜ北京ではなく、まず承徳で行われたか」、「祝典に不在の存在についてどう考えるべきか」をめぐり、対話を深めていきます。式典が承徳で始まり北京で終わったことは、まさに清朝皇帝の「中央ユーラシア世界の君主」と「中国王朝の天子」としての二重性格を表すものでした。両氏はともに中央ユーラシア世界の視点から祝典の意味を考えることの有効性を認めますが、葛教授は、アジア史の視点をあえて重視した理由として、東西の軸のみではなく、南北の軸にも注目すべきだからだと説明しました。杉山准教授は、祝典に姿が見えなかった存在としてロシアとジュンガルを取り上げ、「朝貢圏」とはどのようなものだったのかとあたらめて問題を提起しました。これを受けて、葛教授は、非公式の冊封国であるルソン(現フィリピン)、オランダやイギリス等の国々も同様に祝典に招かれなかったことを指摘しました。その理由は、清朝とこれらの国々との関係を考えると明らかです。清に服従を示す国々のみを招待したのです。葛教授によれば、そこから乾隆帝に「天朝中心」的な態度が依然として根強いことが分かるとのことです。

日本語・中国語逐次通訳が入ったこともあり、予定した一時間はあっという間に過ぎました。最後に両氏は、議論を十分に展開できなかった「19世紀への展望」や「近代史の始まり」といったテーマについて、将来あたらめて意見を交わす機会があることを期待すると述べ、対談を締めくくりました。

当日は、150人に近い方々が対談のライブ配信をご視聴くださいました。見逃した方々には大変申し訳ありませんが、対談は当日配信のみです。葛教授の講演動画の方は、引き続き東京カレッジのYouTubeチャンネルで視聴できますので、ぜひ本ページまたは東京カレッジYouTubeチャンネルでご覧になってください。

終了しました
対談のみYouTubeライブ配信
開催日時 2020年6月8日(月)16:00-17:00
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル (https://youtu.be/g4u3BFSNvRg

言語 中国語・日本語(逐次通訳付)
要旨

大清帝国:盛世の危機
1790年に承徳から北京にかけての一帯で催された乾隆帝傘寿祝典は、18世紀末アジアの東側における最も重要な歴史事件であり、朝貢圏最後の盛会でもあった。本講演では、中国、アジア、そしてグローバルな視点から、中国史、アジア史、グローバル・ヒストリーにおいて同一祝典はなぜ異なる意義を示すのかを議論する。我々は現在、一体どのような角度から、どのような基準をもって一つの歴史事件を評価するのか。

プログラム

【講演】
東京カレッジYouTubeチャンネルにて現在視聴可能
https://youtu.be/av3fpo_E2r4

【対談】杉山 清彦(総合文化研究科准教授)
東京カレッジYouTubeチャンネルにて当日ライブ配信(https://youtu.be/g4u3BFSNvRg
事前に録画公開中の講演をご覧の上、当日ライブをご視聴下さい

講師プロフィール

葛兆光: 1984年北京大学大学院修士課程 (古典文献学)修了、1992年に清華大学教授(歴史学)、2006年に復旦大学特別招聘教授。京都大学(1998年)、東京大学(2015年)、プリンストン大学(2011~2013年)、シカゴ大学(2015年)客任教授。東アジア、中国の思想史・文化史・宗教史を研究。

杉山清彦 : 東京大学総合文化研究科准教授。2000年大阪大学で博士(文学)学位を取得。専門は大清帝国史。とくに八旗制を中心に,マンジュ(満 洲)人王朝という観点から,帝国の形成・発展過程とその構造を研究している。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

東京カレッジ講演「日本経済における回復力と新機軸」講師:Jenny CORBETT教授

イベント予定講演会/Lecture

2021年6月24日(木)16:00-17:00

50年のうちに、日本は急成長を遂げた経済のスーパースターから落ち着いたベテランへと変貌を遂げた。この間、どうすれば脱工業化した先進国経済へと成功裏に移行できるかという問題が繰り返し問われてきた。また、日本は多くの国々が現在直面している問題への対処を真っ先に迫られた。その経験は、高齢化、不平等、労働パターンの変化、生産性の鈍化、産業の空洞化など、ゆっくりとした普遍的な問題への適応や、回復力(レジリエンス)、短期的な危機と変化への対応について多くの問いを投げかけている。 そのすべての特性において、世界が日本から学ぶべきことは多い。

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

識者に聞く「日本とワクチン不信」講師:アンドルー・ゴードン教授&マイケル・ライシュ教授

講演会/Lecture

2021年5月27日(木) 09:00-10:30 am

日本ではこれまで多くのワクチンが取り扱われ、今日推奨されている定期接種のワクチンは、ほぼ例外なく受け入れられてきました。一方で、ワクチン被害者の社会運動は、新しいワクチンに対する国民や政府の躊躇を生み出しており、日本の公共政策にとって重要な課題となっています。「ワクチン不信」に関する歴史や課題について識者が語ります。


TOP