Michael ROELLINGHOFF | 東京カレッジ
東京カレッジ
ポストドクトラル・フェロー

Michael ROELLINGHOFF

01 研究概要

トロント大学で歴史学の博士号を取得し、現在は東京カレッジのポスドク研究員です。現在、明治初期に北海道の日本人植民地主義者が利用した植民地横断的な言説と政策に焦点を当てた本の執筆に取り組んでいます。特に、無主の地論と、北海道のアイヌの人々を「先住民否定」するための日本人と欧米人の植民地主義者の努力に関心があります。また、現在初期段階にある今後のプロジェクトとして、日本帝国軍によるジャワにおけるインドネシア民族主義運動の抑圧と、1945年10月のオランダに代わるジャワの再占領について検討する予定である。

02 経歴

2020年- 東京カレッジポストドクトラル・フェロー
2019年 博士号取得(トロント大学歴史学専攻)
2013年 修士課程修了(トロント大学東アジア学専攻)
2007年 マクマスター大学 マルチメディア学科・日本学科卒業


TOP