寺田 悠紀 | 東京カレッジ
東京カレッジ
特任研究員

寺田 悠紀

01 研究概要

「ミュージアム」が人間集団や帰属意識をどのように分割、または統合することに活用されてきたのかについて興味を持ち、イランにおける「ミュージアム」の成立と展開および「ミュージアム」に展示される近・現代美術までを含むアートの変遷を事例として研究している。統治システムをめぐる変化や革命の変動のなかで「ミュージアム」においてどのようにマスターナラティブが構築されてきたのかについて考察している。

02 経歴

2009年 ロンドン大学東洋アフリカ研究所 法律学・社会科学部政治学科卒業
2010年 ロンドン大学大学院東洋アフリカ研究所 中東政治学専攻修士課程修了
2012-2014年 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2019年 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程(単位取得満期退学)
2020年- 東京カレッジ特任研究員 / 立教大学グローバル・リベラルアーツ・プログラム(GLAP)非常勤講師

03 研究業績

【著書】
寺田悠紀 文,羽田正 監,ヒロミチイト 絵.『輪切りで見える!パノラマ世界史5 変わりつづける世界』.大月書店.2015.

【事典・辞書】
寺田悠紀「12-17 コンテンポラリーアート」「12-18 現代美術館事情」鈴木董、近藤二郎、赤堀雅幸(編)『中東・オリエント文化事典』.丸善出版.2020.11月刊行予定 

【分担執筆】
Yuki, T. Exhibitions of Art in Iran and the Tehran Museum of Contemporary Art. Ji Meng and Atsuko Ukai (eds.). Translation, History and Arts: New Horizons in Asian Interdisciplinary Humanities Research. P199. pp89-109. Cambridge Scholars Publishing. 2013.

【その他】
Yuki, T. Jackson Pollock: A Centennial Retrospective. Art Tomorrow. No.7 Winter, 2012.

Yuki, T. Review: Arab Express. Art Asia Pacific. Issue 80. Sept/Oct. 2012.

寺田悠紀.評論.イラン:展示される「イスラーム革命」-35年を経た今.『ASAHI中東マガジン』.2014.4.29 配信.(http://middleeast.asahi.com/report/2014042700003.html)


TOP