東京カレッジ講演会 「大地震の前に地下で起きること、社会がやっておくべきこと」講師:エフダ・ベンジオン – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会 「大地震の前に地下で起きること、社会がやっておくべきこと」講師:エフダ・ベンジオン

いつ:
2020.03.30 @ 17:00 – 18:40
2020-03-30T17:00:00+09:00
2020-03-30T18:40:00+09:00
東京カレッジ講演会 「大地震の前に地下で起きること、社会がやっておくべきこと」講師:エフダ・ベンジオン
終了しました
開催延期
開催日時 2020年3月30日(月)17:00-18:40(16:30開場)
会場

東京大学・弥生講堂 一条ホール(弥生キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数260。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 英語 (日英同時通訳有)
要旨

本講演では、地球物理的観測、室内実験、モデリングの発展を通して、大地震が発生するまでの物理的なプロセスについての根本的な理解を深める必要性について、また同時に、緊急地震速報の高度化やシナリオ地震に基づく強震動予測の精緻化、耐震基準の見直し、アウトリーチ活動など社会の大地震に対する備えを改善する重要性について考えます。

プログラム

[第一部]講演 ヤフダ・ベンザイオン、平田 直(地震研究所教授、地震学)[第二部]対談 ヤフダ・ベンザイオン、平田 直  モデレーター:加藤 愛太郎(地震研究所教授)

講師プロフィール

ヤフダ・ベンザイオン:
南カリフォルニア大学教授、南カリフォルニア地震センター所長。様々な理論的ツールと観測結果を駆使し、地震と断層の物理過程の解明に取り組んでいる。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」

講演会/Event

2021年1月15日から毎週火・金 順次公開(17:00以降視聴可能)

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。

ウイルス伝播の物理を理解する

講演会/Event

2020年12月8日(火)10:00-11:30

流体力学の理論と実験の立場から、英語のスピーチによるウイルス伝播メカニズムについて、研究結果を発表されたHoward Stone教授(プリンストン大学)とスーパーコンピュータ富岳を用いた計算機シミュレーションにより、マスクの効果、会食等における飛沫の伝播について研究成果を発表された坪倉誠教授(理研、神戸大学)のお二人に一般向けにご講演頂きます。

AIは人間を、人間はAIを理解できるか?(脳科学者と人工知能研究者の対話)

講演会/Event

2020年11月30日(月)10:00-11:30

人が脳を理解するのは困難と言われてきましたが、AIの利用で理解が進むかもしれません。では、人間は AIを理解できるでしょうか?人間の理解も AIが人間を超える日が来るのでしょうか? 一般市民の間には、期待とともに、知らないことから来る不安もあるように思われます。これらの疑問に、AI・ロボットと脳科学のそれぞれの専門家が解説し、対話とQ&Aを行います。


TOP