東京カレッジ講演会「モンゴル帝国史料としての美術品」講師:シーラ・ブレア – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「モンゴル帝国史料としての美術品」講師:シーラ・ブレア

いつ:
2020.03.16 @ 17:00 – 18:30
2020-03-16T17:00:00+09:00
2020-03-16T18:30:00+09:00
東京カレッジ講演会「モンゴル帝国史料としての美術品」講師:シーラ・ブレア
終了しました
開催延期
開催日時 2020年3月16日(月)17:00-18:30
会場

東京大学・山上会館大会議室(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数120。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 英語(日英同時通訳有)
要旨

13〜14世紀にユーラシア大陸を席巻し、大帝国を築いたモンゴル人。彼らは決して野蛮な略奪者ではなく、その広大な帝国内で、さらには、西はヨーロッパから東は日本まで、物資、思想、技術、民族の大陸横断的交流をもたらしていたことがわかってきました。その様相を、今に残る美術品の制作状況、図様、装飾など美術史的側面から探ります。

プログラム

[第一部]講演:シーラ・ブレア
[第二部]対談:桝屋 友子(東洋文化研究所教授)

講師プロフィール

シーラ・ブレア:ハーバード大学にて美術・中東研究の博士号を取得(1980年)。ボストンカレッジ(2000~18年)およびバージニア・コモンウェルス大学(2006~19年)にてイスラム美術・アジア美術の教鞭を執り、現在両大学名誉教授。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」

講演会/Event

2021年1月15日から毎週火・金 順次公開(17:00以降視聴可能)

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。

ウイルス伝播の物理を理解する

講演会/Event

2020年12月8日(火)10:00-11:30

流体力学の理論と実験の立場から、英語のスピーチによるウイルス伝播メカニズムについて、研究結果を発表されたHoward Stone教授(プリンストン大学)とスーパーコンピュータ富岳を用いた計算機シミュレーションにより、マスクの効果、会食等における飛沫の伝播について研究成果を発表された坪倉誠教授(理研、神戸大学)のお二人に一般向けにご講演頂きます。


TOP