東京カレッジ講演会「モンゴル帝国史料としての美術品」講師:シーラ・ブレア – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「モンゴル帝国史料としての美術品」講師:シーラ・ブレア

いつ:
2020.03.16 @ 17:00 – 18:30
2020-03-16T17:00:00+09:00
2020-03-16T18:30:00+09:00
東京カレッジ講演会「モンゴル帝国史料としての美術品」講師:シーラ・ブレア
開催延期
開催日時 2020年3月16日(月)17:00-18:30
会場

東京大学・山上会館大会議室(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数120。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 英語(日英同時通訳有)
要旨

13〜14世紀にユーラシア大陸を席巻し、大帝国を築いたモンゴル人。彼らは決して野蛮な略奪者ではなく、その広大な帝国内で、さらには、西はヨーロッパから東は日本まで、物資、思想、技術、民族の大陸横断的交流をもたらしていたことがわかってきました。その様相を、今に残る美術品の制作状況、図様、装飾など美術史的側面から探ります。

プログラム

[第一部]講演:シーラ・ブレア
[第二部]対談:桝屋 友子(東洋文化研究所教授)

講師プロフィール

シーラ・ブレア:ハーバード大学にて美術・中東研究の博士号を取得(1980年)。ボストンカレッジ(2000~18年)およびバージニア・コモンウェルス大学(2006~19年)にてイスラム美術・アジア美術の教鞭を執り、現在両大学名誉教授。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

現在開催予定のイベントはありません。


TOP