東京カレッジ講演会 「デジタル革命:データが導く21世紀の繁栄に向けて」 講師:N・チャンドラセカラン – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会 「デジタル革命:データが導く21世紀の繁栄に向けて」 講師:N・チャンドラセカラン

いつ:
2020.02.27 @ 17:00 – 18:30
2020-02-27T17:00:00+09:00
2020-02-27T18:30:00+09:00
東京カレッジ講演会 「デジタル革命:データが導く21世紀の繁栄に向けて」 講師:N・チャンドラセカラン
終了しました
開催延期
開催日時 2020年2月27日(木)17:00-18:30 (16:30開場)
会場

東京大学・安田講堂(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制(席数700。定員を超えた場合は立ち見となります)
言語 英語 (日英同時通訳有)
要旨

インド産業界を牽引するタタ・グループの150年の成功を支えた伝統から学ぶべきこと、またAI、人々の働き方、データセキュリティなど、現代社会が直面するさまざまな課題への適応、さらに日印協力における両国のさらなる繁栄に向けた展望について、タタ・グループ会長よりお話しいただきます。

講師プロフィール

N・チャンドラセカラン(タタ・グループ/タタ・サンズ会長)
タタ・グループの持ち株会社であるタタ・サンズ会長。タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)前CEO。タタ・グループはインドに本社を有するグローバル複合企業。総収入1100億米ドル、総従業員70万人。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」

講演会/Event

2021年1月15日から毎週火・金 順次公開(17:00以降視聴可能)

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。

ウイルス伝播の物理を理解する

講演会/Event

2020年12月8日(火)10:00-11:30

流体力学の理論と実験の立場から、英語のスピーチによるウイルス伝播メカニズムについて、研究結果を発表されたHoward Stone教授(プリンストン大学)とスーパーコンピュータ富岳を用いた計算機シミュレーションにより、マスクの効果、会食等における飛沫の伝播について研究成果を発表された坪倉誠教授(理研、神戸大学)のお二人に一般向けにご講演頂きます。


TOP