東京カレッジ講演会「ニュートリノの不思議な世界」講師:梶田 隆章

いつ:
2020.01.20 17:00 – 18:30
2020-01-20T17:00:00+09:00
2020-01-20T18:30:00+09:00
東京カレッジ講演会「ニュートリノの不思議な世界」講師:梶田 隆章
終了しました
開催日時 2020年1月20日(月)17:00-18:30(16:00開場)
会場

東京大学・安田講堂(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制。700名(先着順、参加無料)
言語 日本語 (Japanese language only)
要旨

ニュートリノ振動の発見に至るまでを振り返る
1980年代に岐阜県飛騨市神岡町の地下にカミオカンデという装置が建設され、素粒子ニュートリノの研究が始まりました。その後ニュートリノの研究を発展させるため、スーパーカミオカンデという装置が建設されました。これらの装置を使って研究を行い、その結果ニュートリノに小さな質量があることがわかりました。この発見に至る研究の過程を振り返ります。また、なぜニュートリノの小さな質量が重要と考えられているのかということについても紹介します。

講師プロフィール

梶田 隆章(東京大学卓越教授・特別栄誉教授・宇宙線研究所長)

物理学者。地球の大気で生まれた大気ニュートリノを観測、移動中に粒の種類が変わる現象「ニュートリノ振動」を観測してニュートリノに質量があることを発見。その功績により2015年にノーベル物理学賞を受賞。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

TOP