【言語とアイデンティティ】第5回:「日本における英語教育改革―バイリンガルで多文化的な新世代の日本人育成へ?」 – 東京カレッジ

【言語とアイデンティティ】第5回:「日本における英語教育改革―バイリンガルで多文化的な新世代の日本人育成へ?」

日時:
2021.11.12 @ 17:00
2021-11-12T17:00:00+09:00
2021-11-12T17:15:00+09:00
【言語とアイデンティティ】第5回:「日本における英語教育改革―バイリンガルで多文化的な新世代の日本人育成へ?」
終了しました
YouTube配信
開催日時 2021年11月12日(金)から17:00以降視聴可能
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル

言語 英語(日本語同時通訳有)
要旨

ここ数十年の間、日本政府は学校英語教育の発展のために様々な努力をしてきました。1980年代後半に開始したJETプログラムへの支援もその一例です。しかし、そのような大規模な投資にも関わらず、目覚ましい結果は出ませんでした。そこで文部科学省は、学校外国語教育改正案を打ち出し、2003年には「英語が使える日本人」の育成のための行動計画の中で新たな目標といくつかの具体策が発表されました。そのうちの一つが、英語圏を中心とした欧米の文化だけでなく、日本文化、歴史、生活様式などに焦点を置いた外国語教育を行うというものです。これに基づき、2018年から2020年にかけて最新の改正が施行されました。その結果、例えば小学校での英語の必修授業時間数が3倍に増えました。この共同研究プロジェクトでは、まず文部科学省の2003年以降の学校英語教育改正に関する様々な資料を分析し、その(1)目的(2)教育手法(3)改正の有効性を議論します。さらに、上記改正は外国語学習のみでなくアイデンティティ形成にも大きく関わる問題であるため、文化とアイデンティティの結びつきに注目し、第二言語習得や社会的アイデンティティ研究の理論に基づき、英語教育と学習者のアイデンティティの関係について分析します。最終的には、これら改正案の予想される成果や課題について、日本における文化、教育システムと照らし合わせ評価することをプロジェクトの目的とします。

プログラム

登壇者

Michael HOFMEYR (大阪大学大学院言語文化研究科・特任講師)

 

コメント

細川 尚子(東京カレッジ・ポスドク研究員)

 

司会

Maria TELEGINA(東京カレッジ・ポスドク研究員)

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション3: パンデミックとその後の国際共同研究の展開

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年12月8日(水)17:00‐19:00

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション3のテーマは「パンデミックとその後の国際共同研究の展開」です。

シモーヌ・ド・ボーヴォワールへの現代日本のまなざし

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年12月10日(金)17:00-20:00

シモーヌ・ド・ボーヴォワールの作品の著作権承継人で哲学者のシルヴィ・ル・ボン・ド・ボーヴォワールが、シモーヌ・ド・ボーヴォワールの未刊の自伝的作品『離れがたき二人』を紹介します。この作品は、少女たちを妻と母の役割にはめ込み自由でものを考える女性となることを禁じようとする世間や、身持ちのよい女性を育てる性と知識の教育に反抗する二人の少女たちを描いています。

Previous Events

公開済みイベント

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会「東京大学-プリンストン大学 対話」第6回経済

イベント予定共催/Joint Event

2021年12月6日(月)17:00以降視聴可能

コロナ危機によって社会と大学はどのような影響を受けたのか、今後何に注意しどのような方向を目指して進めばよいのか。重要なパートナーであるプリンストン大学と東京大学の研究者たちが語り合います。

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウム」 セッション2:持続可能な都市

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年11月29日(月)17:00‐19:00

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション2のテーマは「持続可能な都市」です。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会「東京大学-プリンストン大学 対話」第5回人口と健康

イベント予定共催/Joint Event

2021年11月29日(月)17:00以降視聴可能

コロナ危機によって社会と大学はどのような影響を受けたのか、今後何に注意しどのような方向を目指して進めばよいのか。重要なパートナーであるプリンストン大学と東京大学の研究者たちが語り合います。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会 東京大学-オーストラリア国立大学 対話 第4回「コロナ後の社会:哲学と確率の間から」

イベント予定共催/Joint Event

2021年11月25日以降視聴可能

COVID-19パンデミックが浮き彫りにした社会の様々な問題、また、将来起こり得る医療危機に私たちはどう備えればよいのか、ANUと東京大学の研究者が、様々な切り口からコロナ後の社会についての議論を展開します。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会 東京大学-オーストラリア国立大学 対話 第3回「コロナ後の環境の変化と課題」

イベント予定共催/Joint Event

2021年11月24日以降視聴可能

COVID-19パンデミックが浮き彫りにした社会の様々な問題、また、将来起こり得る医療危機に私たちはどう備えればよいのか、ANUと東京大学の研究者が、様々な切り口からコロナ後の社会についての議論を展開します。

海外パートナー大学との対話シリーズ「第6回東京大学-ケンブリッジ大学合同シンポジウムシリーズ」 セッション1:COVID-19に関する研究と挑戦

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年11月24日(水)17:00‐19:00

2020年にスタートした「UTokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。セッション1のテーマは「COVID-19に関する研究と挑戦」です。


TOP