シリーズ「グローバルヒストリーの対話」エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学 – 東京カレッジ

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学

いつ:
2021.02.23 @ 17:00
2021-02-23T17:00:00+09:00
2021-02-23T17:15:00+09:00
シリーズ「グローバルヒストリーの対話」エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学
終了しました
YouTube
開催日時 2021年2月23日(火)17:00以降視聴可能
会場

Tokyo College YouTubeチャンネル (https://youtube.com/playlist?list=PLeE49Q0gSqn17IRqCa0_N109nhcXk8sZ4)

言語 英語(日本語字幕有)
要旨

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。 

プログラム

エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」最終回としてのエピローグ(2021年2月23日(火)17:00以降視聴可能)

では、

羽田正教授(東京カレッジ長)と各回に対談者として登壇した東京カレッジ研究者(ミハエル・ハチウス、赤藤詩織、マリア・テレギナ、フラヴィア・バルダリ、王雯璐、寺田悠紀)がシリーズの内容を振り返りながらグローバルヒストリーと2050年の人文学について語らいます。

 


※シリーズ「グローバルヒストリーの対話」は以下の内容で公開済です

プロローグ

2021年1月15日(金)

紹介

羽田正(東京カレッジ)

 

セッション1 グローバルヒストリーの方法

2021年1月15日(金)

対談1 接続された歴史と比較史

登壇者 アレッサンドロ・スタンチアーニ(フランス社会科学高等研究院教授)

対談者 寺田悠紀(東京カレッジ)

 

2021年1月19日(火)

対談2 トランスナショナルヒストリー

登壇者 シェルドン・ガロン(プリンストン大学教授)

対談者 ミハエル・ハチウス(東京カレッジ)

 

2021年1月22日(金)

対談3 グローバルヒストリーと近世

登壇者 マキシン・バーグ(ウォーリック大学教授)

対談者 王雯璐(東京カレッジ)

 

2021年1月26日(火)

対談4 グローバルヒストリーと史資料

登壇者 アントネッラ・ロマーノ(フランス社会科学高等研究院教授)

対談者 王雯璐(東京カレッジ)

 

セッション2 グローバルヒストリーの実践

2021年1月29日(金)

対談1 時間と叙述

登壇者 ジェレミー・エイデルマン(プリンストン大学教授)

対談者 寺田悠紀(東京カレッジ)

 

2021年2月2日(火)

対談2 グローバルヒストリーの政治性

登壇者 セバスチャン・コンラート(ベルリン自由大学教授)

対談者 寺田悠紀(東京カレッジ)

 

2021年2月5日(金)

対談3 グローバルヒストリーとジェンダー

登壇者 リサ・ヘルマン(ボン大学研究コーディネーター)

対談者 赤藤詩織(東京カレッジ)

 

セッション3 グローバルヒストリーと立場性

2021年2月9日(火)

対談1 アフリカとグローバルヒストリー

登壇者 アンドレアス・エッカート(ベルリン・フンボルト大学教授)

対談者 赤藤詩織(東京カレッジ)

 

2021年2月12日(金)

対談2 ソ連からロシアへ

登壇者 マルク・エリ(フランス国立科学研究センター准教授)

対談者 マリア・テレギナ(東京カレッジ)

 

2021年2月16日(火)

対談3 中国のグローバルヒストリー

登壇者 葛兆光(復旦大学教授)

対談者 王雯璐(東京カレッジ)

 

2021年2月19日(金)

対談4 ヨーロッパ中心主義とその克服

登壇者 セバスチャン・コンラート(ベルリン自由大学教授)

対談者 フラヴィア・バルダリ(東京カレッジ)

 

エピローグ

2021年2月23日(火)

グローバルヒストリーと2050年の人文学

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

大学におけるジェンダー インタビュー:大沢真知子教授

講演会/Event

2021年3月10日(水)10:00-10:30

若手研究者の研究活動を公開する試みの一つとして、大学の中でのジェンダーを考えるインタビューシリーズを始めます。東京カレッジに所属する若い研究者たちが、国内外からこの分野で活躍する専門家を招き、これまでの取り組みやこれからの課題を共有して、未来の大学を学際的なアプローチで考えます。

Previous Events

公開済みイベント

TOP