シリーズ「グローバルヒストリーの対話」エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学 – 東京カレッジ

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学

日時:
2021.02.23 @ 17:00
2021-02-23T17:00:00+09:00
2021-02-23T17:15:00+09:00
シリーズ「グローバルヒストリーの対話」エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学
終了しました
YouTube
開催日時 2021年2月23日(火)17:00以降視聴可能
会場

Tokyo College YouTubeチャンネル (https://youtube.com/playlist?list=PLeE49Q0gSqn17IRqCa0_N109nhcXk8sZ4)

言語 英語(日本語字幕有)
要旨

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。 

プログラム

エピローグ:グローバルヒストリーと2050年の人文学

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」最終回としてのエピローグ(2021年2月23日(火)17:00以降視聴可能)

では、

羽田正教授(東京カレッジ長)と各回に対談者として登壇した東京カレッジ研究者(ミハエル・ハチウス、赤藤詩織、マリア・テレギナ、フラヴィア・バルダリ、王雯璐、寺田悠紀)がシリーズの内容を振り返りながらグローバルヒストリーと2050年の人文学について語らいます。

 


※シリーズ「グローバルヒストリーの対話」は以下の内容で公開済です

プロローグ

2021年1月15日(金)

紹介

羽田正(東京カレッジ)

 

セッション1 グローバルヒストリーの方法

2021年1月15日(金)

対談1 接続された歴史と比較史

登壇者 アレッサンドロ・スタンチアーニ(フランス社会科学高等研究院教授)

対談者 寺田悠紀(東京カレッジ)

 

2021年1月19日(火)

対談2 トランスナショナルヒストリー

登壇者 シェルドン・ガロン(プリンストン大学教授)

対談者 ミハエル・ハチウス(東京カレッジ)

 

2021年1月22日(金)

対談3 グローバルヒストリーと近世

登壇者 マキシン・バーグ(ウォーリック大学教授)

対談者 王雯璐(東京カレッジ)

 

2021年1月26日(火)

対談4 グローバルヒストリーと史資料

登壇者 アントネッラ・ロマーノ(フランス社会科学高等研究院教授)

対談者 王雯璐(東京カレッジ)

 

セッション2 グローバルヒストリーの実践

2021年1月29日(金)

対談1 時間と叙述

登壇者 ジェレミー・エイデルマン(プリンストン大学教授)

対談者 寺田悠紀(東京カレッジ)

 

2021年2月2日(火)

対談2 グローバルヒストリーの政治性

登壇者 セバスチャン・コンラート(ベルリン自由大学教授)

対談者 寺田悠紀(東京カレッジ)

 

2021年2月5日(金)

対談3 グローバルヒストリーとジェンダー

登壇者 リサ・ヘルマン(ボン大学研究コーディネーター)

対談者 赤藤詩織(東京カレッジ)

 

セッション3 グローバルヒストリーと立場性

2021年2月9日(火)

対談1 アフリカとグローバルヒストリー

登壇者 アンドレアス・エッカート(ベルリン・フンボルト大学教授)

対談者 赤藤詩織(東京カレッジ)

 

2021年2月12日(金)

対談2 ソ連からロシアへ

登壇者 マルク・エリ(フランス国立科学研究センター准教授)

対談者 マリア・テレギナ(東京カレッジ)

 

2021年2月16日(火)

対談3 中国のグローバルヒストリー

登壇者 葛兆光(復旦大学教授)

対談者 王雯璐(東京カレッジ)

 

2021年2月19日(金)

対談4 ヨーロッパ中心主義とその克服

登壇者 セバスチャン・コンラート(ベルリン自由大学教授)

対談者 フラヴィア・バルダリ(東京カレッジ)

 

エピローグ

2021年2月23日(火)

グローバルヒストリーと2050年の人文学

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

東京カレッジ講演「日本経済における回復力と新機軸」講師:Jenny CORBETT教授

イベント予定講演会/Lecture

2021年6月24日(木)16:00-17:00

50年のうちに、日本は急成長を遂げた経済のスーパースターから落ち着いたベテランへと変貌を遂げた。この間、どうすれば脱工業化した先進国経済へと成功裏に移行できるかという問題が繰り返し問われてきた。また、日本は多くの国々が現在直面している問題への対処を真っ先に迫られた。その経験は、高齢化、不平等、労働パターンの変化、生産性の鈍化、産業の空洞化など、ゆっくりとした普遍的な問題への適応や、回復力(レジリエンス)、短期的な危機と変化への対応について多くの問いを投げかけている。 そのすべての特性において、世界が日本から学ぶべきことは多い。

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

識者に聞く「日本とワクチン不信」講師:アンドルー・ゴードン教授&マイケル・ライシュ教授

講演会/Lecture

2021年5月27日(木) 09:00-10:30 am

日本ではこれまで多くのワクチンが取り扱われ、今日推奨されている定期接種のワクチンは、ほぼ例外なく受け入れられてきました。一方で、ワクチン被害者の社会運動は、新しいワクチンに対する国民や政府の躊躇を生み出しており、日本の公共政策にとって重要な課題となっています。「ワクチン不信」に関する歴史や課題について識者が語ります。


TOP