東京カレッジ・シンポジウム「人間とは何か?」デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える - 東京カレッジ

東京カレッジ・シンポジウム「人間とは何か?」デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える

日時:
2019.10.31 @ 17:00 – 18:00
2019-10-31T17:00:00+09:00
2019-10-31T18:00:00+09:00
東京カレッジ・シンポジウム「人間とは何か?」デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える

東京カレッジ・シンポジウム「『人間とは何か?』デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える」が開催されました

第一部では、佐野雅己教授(東京カレッジ副カレッジ長)が司会を務め、森川博之教授(工学系研究科)、濡木理教授(理学系研究科)、西垣通教授(名誉教授)、岡本拓司教授(総合文化研究科)、中島隆博教授(東洋文化研究所)がそれぞれ講演を行いました。まず、森川博之教授は「デジタルが産業・経済・社会・地方を変える」と題した講演で、デジタルデータによって得られる新しい付加価値について、スポーツ、コメディ劇場、古紙回収システムなどの事例を挙げて説明しました。デジタル変革には「人間力」が大切であり、人々がデジタルの利点に共感しあうことが重要と述べました。

続いて、濡木理教授は「ゲノム編集の現状と未来」と題した講演で、CRISPR-Cas9を利用したゲノム編集について解説し、お米にB(ベータ)カロテンを蓄積させる、日持ちの良いトマトや切ったとき涙のでない玉ねぎを栽培する、などに応用できることを紹介しました。次に、西垣通教授は「AIの未来と人間の自由」と題した講演で、シンギュラリティ仮説やホモ・デウス仮説と呼ばれる海外の議論も視野に入れ、AIを疑似自律的な主体として捉え、それを人間が活用するという意味を込めたIA(Intelligence Amplifier)として利用していくことが望ましいと提言しました。

岡本拓司教授は、「新しい科学・技術と対峙する社会:近代日本の経験から」と題した講演で、主に盗電問題と原子爆弾を事例に、新たな科学技術の登場が社会や国家に何をせまり、社会や国家はどう対応してきたのかを、国体か国民かという問いから考察しました。重要な価値も放棄・変更・転換されうること、転換後の眼では解釈は変わることを強調しました。最後に、中島隆博教授は「今日における人間の再定義とは」と題した講演で、人間概念の変化の3つの背景として20世紀のユダヤ的転回、テクノロジーの進展、グローバルヒストリーの登場を挙げ、哲学の視点から人間という概念について検討しました。ユヴェル・ノア・ハラリによる「サピエンス全史」(2011)を紹介し、未来に何を望むかによって未来の在り方が変わってくるという考えに基づき、宗教とは異なる「霊性」について考えるべき時が来ていると論じました。

第二部では、佐野雅己教授が司会を務め、講演者が登壇し、パネル討論と質疑応答が行われました。会場からはデータの利用とプライバシーの問題、ゲノム編集を応用した食品の安全性などについての質問が挙がりました。さらに、自動運転などに応用されるAIが「責任」を取れるのかという問題、デジタル革命・ゲノム革命に対する国内外の意識の差、人間の「感情」をどう扱うのかといったテーマについても各分野の講演者から多角的な意見が寄せられ、人類の未来を考える上で極めて重要な討論となりました。

終了しました
開催日時 2019年10月31日(木)17:00-20:00(16:30開場)
会場

東京大学・伊藤謝恩ホール(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制。390名(先着順、参加無料)
言語 日本語のみ
要旨

AIを初めとするデジタル革命は人類社会に変革をもたらしつつある。また、ゲノム編集などのバイオテクノロジーは食料や健康問題の解決につながる反面、将来は人間までをも変えてしまう可能性がある。人類の歴史の中で現在は、地球や人間さえも大きく変えてしまうターニングポイントなのかAIは人類を超えて、人から仕事を奪うのか、デジタル・ゲノム革命の時代の哲学と倫理はどうあるべきか、などの喫緊の課題について、各分野でこれらの問題を真剣に考える研究者が講演し、分野を超えたパネル討論を行います。

プログラム

第一部:講演会(17:00-18:25)
[講演者]
森川 博之 (工学系研究科)「デジタル革命とは何か」
濡木 理 (理学系研究科)「ゲノム編集で何ができるか」
西垣 通 (名誉教授)「AIの未来と人間の自由」
岡本 拓司(総合文化研究科)「新しい科学・技術と対峙する社会:近代日本の経験から」
中島 隆博 (東洋文化研究所)「今日における人間の再定義とは」

第二部:パネル討論、質疑応答(18:40-20:00)
[司会] 佐野 雅己(東京カレッジ)
[パネリスト] 森川 博之、濡木 理、西垣 通、岡本 拓司、中島 隆博

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

「グローバル外交―方法論の再考―」講師:SHIMAZU Naoko教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年6月7日(火)16:00-17:30(15:30開場)

なぜ私たちは、グローバル外交の研究と理解の方法を見直す必要があるのでしょうか?本講演では、文化的アプローチが、多くの既存の学術文献で見過ごされてきた外交の重要な側面をどのように照らし出すことができるのか探ります。

「プルースト再読 2022年」講師:Antoine Compagnon教授

講演会/Lecture

2022年6月23日(木)16:00-17:30(15:30開場)

プルーストという作家は、今もなお、その輝きを失っていません。2022年はマルセル・プルーストの没後100周年であり、多くの出版、展覧会が行われ、歓呼と称賛が送られています。元日に刊行されたイタリアの雑誌La Repubblicaでは、プルーストが「マン・オブ・ザ・イヤー」に選出されました。この記念すべき2022年は、小説『失われた時を求めて』の偉大さを再評価し、プルースト生誕100周年の1971年の状況と比較する特別な機会です。

Previous Events

公開済みイベント

「グローバル化、帝国、近現代世界の創出」講師:A. G. Hopkins教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年5月13日(金)15:00-16:30 (14:40開場)

本講演では、過去5世紀に亘るグローバル化の3つの段階とその役割を論じる。最初の2つの段階は、西洋の諸帝国の台頭に伴い、強制的なグローバル化を通じて世界の大部分を統合した。第3段階は1945年以降に始まり、帝国に終止符を打ち、今日の世界秩序と無秩序を生み出している。

「貿易戦争・パンデミック・ウクライナ:新政治経済秩序について私たちが知っていることと知らないこと」講師:ビル・エモット氏

イベント予定講演会/Lecture

2022年5月10日(火)15:00-16:30(14:40開場)

近年の米中貿易戦争、パンデミック、ロシアのウクライナ侵攻は、予測が難しいまったく不確実な出来事でした。本講演では、世界を説明する従来の枠組みにこれらの事件がどう組み込まれ、枠組み自体にどんな影響を与えたか、本当に分からないことは何かを論じ、この不確実性の時代に私たちがどう対応すべきかを語ります。

東京カレッジ講演「自己組織化とものづくり」講師:藤田 誠(東京大学卓越教授)

イベント予定講演会/Lecture

2022年4月5日(火) 17:00-18:00限定公開

分子が自発的に集まって秩序化する「自己組織化」現象を使って、多種多様な新しい構造が生まれてくる。金属イオンと有機分子を混ぜるだけで、まるで魔法のように新しい構造が出来上がる、極小の世界のものづくりを紹介する。

【国際女性デーシリーズ】 アートとデザインの力-公正な社会に向けて

イベント予定インタビュー/Interview講演会/Lecture

2022年3月23日(水)17:00~視聴可能

アートやデザインを通して公平性を主張することとは、一体どのようなものでしょうか?YouTubeの主任研究員(包摂型ユーザー体験製品開発)であり、社会実践アーティストのDe Nichols氏に、アメリカの公平性における社会的問題にコミュニティがどのように関わることができるのか伺います。

【国際女性デーシリーズ】女性と家族にやさしい職場とは?働きやすい環境づくりを目指して

イベント予定インタビュー/Interview講演会/Lecture

2022年3月16日(水)17:00~視聴可能

米国や世界で働く女性たちは、賃金格差やハラスメントなど、さまざまな形で性差別に直面し続けています。ニューヨーク州立大学Albany校 助教(心理学)のHo Kwan Cheung氏を招き、女性や家族にやさしい職場を作るための戦略について話を伺います。

人文社会科学系組織連絡会議共同シンポジウム 「人文社会科学の構想力」

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2022年3月9日(水)15:00-18:00

文理の区分を超えた総合的な知のあり方、学術と社会の対話、ダイバーシティ、グローバル化、デジタル化等、現代の学術を取りまく多様な課題をまじえて、各組織が描く人類社会の未来と新たな人文社会科学の構想を大胆に提起し、それらを立体的に交差させることを通じて、人文社会科学が学術の発展および人類社会の未来にどのような貢献をなしうるかを展望する。


TOP