東京カレッジ・シンポジウム「人間とは何か?」デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える - 東京カレッジ

東京カレッジ・シンポジウム「人間とは何か?」デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える

日時:
2019.10.31 @ 17:00 – 18:00
2019-10-31T17:00:00+09:00
2019-10-31T18:00:00+09:00
東京カレッジ・シンポジウム「人間とは何か?」デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える

東京カレッジ・シンポジウム「『人間とは何か?』デジタル革命・ゲノム革命と人類社会を考える」が開催されました

第一部では、佐野雅己教授(東京カレッジ副カレッジ長)が司会を務め、森川博之教授(工学系研究科)、濡木理教授(理学系研究科)、西垣通教授(名誉教授)、岡本拓司教授(総合文化研究科)、中島隆博教授(東洋文化研究所)がそれぞれ講演を行いました。まず、森川博之教授は「デジタルが産業・経済・社会・地方を変える」と題した講演で、デジタルデータによって得られる新しい付加価値について、スポーツ、コメディ劇場、古紙回収システムなどの事例を挙げて説明しました。デジタル変革には「人間力」が大切であり、人々がデジタルの利点に共感しあうことが重要と述べました。

続いて、濡木理教授は「ゲノム編集の現状と未来」と題した講演で、CRISPR-Cas9を利用したゲノム編集について解説し、お米にB(ベータ)カロテンを蓄積させる、日持ちの良いトマトや切ったとき涙のでない玉ねぎを栽培する、などに応用できることを紹介しました。次に、西垣通教授は「AIの未来と人間の自由」と題した講演で、シンギュラリティ仮説やホモ・デウス仮説と呼ばれる海外の議論も視野に入れ、AIを疑似自律的な主体として捉え、それを人間が活用するという意味を込めたIA(Intelligence Amplifier)として利用していくことが望ましいと提言しました。

岡本拓司教授は、「新しい科学・技術と対峙する社会:近代日本の経験から」と題した講演で、主に盗電問題と原子爆弾を事例に、新たな科学技術の登場が社会や国家に何をせまり、社会や国家はどう対応してきたのかを、国体か国民かという問いから考察しました。重要な価値も放棄・変更・転換されうること、転換後の眼では解釈は変わることを強調しました。最後に、中島隆博教授は「今日における人間の再定義とは」と題した講演で、人間概念の変化の3つの背景として20世紀のユダヤ的転回、テクノロジーの進展、グローバルヒストリーの登場を挙げ、哲学の視点から人間という概念について検討しました。ユヴェル・ノア・ハラリによる「サピエンス全史」(2011)を紹介し、未来に何を望むかによって未来の在り方が変わってくるという考えに基づき、宗教とは異なる「霊性」について考えるべき時が来ていると論じました。

第二部では、佐野雅己教授が司会を務め、講演者が登壇し、パネル討論と質疑応答が行われました。会場からはデータの利用とプライバシーの問題、ゲノム編集を応用した食品の安全性などについての質問が挙がりました。さらに、自動運転などに応用されるAIが「責任」を取れるのかという問題、デジタル革命・ゲノム革命に対する国内外の意識の差、人間の「感情」をどう扱うのかといったテーマについても各分野の講演者から多角的な意見が寄せられ、人類の未来を考える上で極めて重要な討論となりました。

終了しました
開催日時 2019年10月31日(木)17:00-20:00(16:30開場)
会場

東京大学・伊藤謝恩ホール(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制。390名(先着順、参加無料)
言語 日本語のみ
要旨

AIを初めとするデジタル革命は人類社会に変革をもたらしつつある。また、ゲノム編集などのバイオテクノロジーは食料や健康問題の解決につながる反面、将来は人間までをも変えてしまう可能性がある。人類の歴史の中で現在は、地球や人間さえも大きく変えてしまうターニングポイントなのかAIは人類を超えて、人から仕事を奪うのか、デジタル・ゲノム革命の時代の哲学と倫理はどうあるべきか、などの喫緊の課題について、各分野でこれらの問題を真剣に考える研究者が講演し、分野を超えたパネル討論を行います。

プログラム

第一部:講演会(17:00-18:25)
[講演者]
森川 博之 (工学系研究科)「デジタル革命とは何か」
濡木 理 (理学系研究科)「ゲノム編集で何ができるか」
西垣 通 (名誉教授)「AIの未来と人間の自由」
岡本 拓司(総合文化研究科)「新しい科学・技術と対峙する社会:近代日本の経験から」
中島 隆博 (東洋文化研究所)「今日における人間の再定義とは」

第二部:パネル討論、質疑応答(18:40-20:00)
[司会] 佐野 雅己(東京カレッジ)
[パネリスト] 森川 博之、濡木 理、西垣 通、岡本 拓司、中島 隆博

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

デジタル革命:データが導く21世紀の繁栄に向けて

イベント予定講演会/Lecture

2022年12月10日(土)10:00-11:00(9:30開場)

インド産業界を牽引するタタ・グループの150年の成功を支えた伝統から学ぶべきこと、またAI、人々の働き方、データセキュリティなど、現代社会が直面するさまざまな課題への適応、さらに日印協力における両国のさらなる繁栄に向けた展望について、タタ・グループ会長よりお話しいただきます。

独裁者との対話:北朝鮮との首脳外交によって得ることと失うこと

イベント予定対話/Dialogue

2022年12月15日(木)16:00-17:30

北朝鮮のような「ならず者国家」との首脳会談を行うことで何が得られるのか。それは、独裁政権に威信と正当性を与えるというリスクを冒してまでも手に入れるべきものなのだろうか。二人の講演者が、これらの疑問について批判的な討議を展開する。
Alastair MORGAN大使は2018~19年の北朝鮮との首脳会談について議論し、Meredith SHAW博士は北朝鮮の国内プロパガンダで首脳会談がどのように描かれているのかを解説する。

岐路に立つ高等教育 – 高等教育と社会のために未来のシナリオを描く

イベント予定対話/Dialogue

2022年12月16日(金)12:00-13:00

世界中の高等教育は、グローバル化、真理の境界条件の変化、テクノロジーの影響、地政学的な不確実性、「脱植民地化」の呼びかけなど、数多くの要因による複合環境の中で大きな変化を経験している。このセミナーシリーズでは、それらの要因が高等教育の未来に与える影響について検討する。

緊急事態と批判的大学研究の課題

イベント予定対話/Dialogue

2023年1月18日(水)14:00-15:00

世界中の高等教育は、グローバル化、真理の境界条件の変化、テクノロジーの影響、地政学的な不確実性、「脱植民地化」の呼びかけなど、数多くの要因による複合環境の中で大きな変化を経験している。このセミナーシリーズでは、それらの要因が高等教育の未来に与える影響について検討する。

Previous Events

公開済みイベント

講演会「大地震の前に地下で起きること、社会がやっておくべきこと」講師:Yehuda BEN-ZION教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年12月6日(火)13:15-14:45

本講演では、地球物理的観測、室内実験、モデリングの発展を通して、大地震が発生するまでの物理的なプロセスについての根本的な理解を深める必要性について、また同時に、構造モニタリングや早期予測の精緻化、耐震基準の見直し、コミュニティ教育活動など社会の大地震に対する備えを改善する重要性について考えます。

「日本経済ー外からの見方の移り変わり」講師:Jenny CORBETT 東京カレッジ招聘教員

イベント予定講演会/Lecture

2022年11月24日(木)16:00−17:30

マルコ・ポーロがチパングを黄金の国として描いて以来、海外の人々は日本の経済に魅了されてきた。 その数世紀後には、コロンブスがこの国を発見するために航海に出た。 外部からの観察者の記述は必ずしも正確ではなかったかもしれないが、しばしば影響を及ぼしてきた。 本講演では、日本経済に関する英語文献の中で最も重要な議論を取り上げ、この半世紀の間に主要なテーマがどのように変化してきたのかを考察する。

【開催中止】現代の女性と中世の魔女ーフェミニズムへの新たな視点

イベント予定講演会/Lecture

【開催中止】2022年11月9日(水)18:30-20:00(18:00開場)

モナ・ショレ氏は、ヨーロッパのフェミニズムの議論に大きな影響力を持つ気鋭のジャーナリスト、エッセイスト。仏でベストセラーとなった著書『魔女ーー女性たちの不屈の力』(翻訳版)の刊行を機に在日フランス大使館の招きで来日。ヨーロッパ中近世を席巻した魔女狩りの歴史を掘り起こし、「女性蔑視」という現代社会の災厄と結びつけて論じる。日本における女性学のパイオニアとしてフェミニズムを長年牽引してきた上野千鶴子氏が、女性の今と今後の展望を中心に、ショレ氏と徹底討論。

「原発に異を唱えたノーベル賞学者 ー ハンネス・アルヴェ―ンと20世紀の科学者像」 講師:Svante LINDQVIST氏(東京カレッジ潮田フェロー)

イベント予定講演会/Lecture

2022年11月4日(金)17:00−18:30

1970年、スウェーデンの物理学者ハンネス・アルヴェーンがノーベル賞を受賞した。この国際的な科学界からの評価によって、彼の国内での声望は高まり、そのスウェーデンの原子力政策に対する批判は力を得た。1980年にアルヴェ―ンがスウェーデン王立工学アカデミー会員を辞職したことは、今日においても私たちを悩ませる原子力政策への意見の対立を物語っている。


TOP