東京カレッジ講演会「SDGsと日本」チャンスと課題は? 講師:ジェフリー・サックス – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「SDGsと日本」チャンスと課題は? 講師:ジェフリー・サックス

いつ:
2019.11.12 @ 17:00 – 18:30
2019-11-12T17:00:00+09:00
2019-11-12T18:30:00+09:00
東京カレッジ講演会「SDGsと日本」チャンスと課題は? 講師:ジェフリー・サックス

ジェフリー・サックス氏による講演会「東京カレッジ講演会「SDGsと日本」チャンスと課題は?」が開催されました

動画はこちらからご覧ください。

 

終了しました
開催日時 2019年11月12日(火)17:00-18:30(16:30開場)
会場

東京大学・弥生講堂 一条ホール(弥生キャンパス)

申込方法 事前申込制。260名(先着順、参加無料)
言語 英語 (日英同時通訳有)
要旨

持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に国連で採択されてから4年が経過。日本国内でもSDGsへの認知・理解が高まり、政府、企業、大学、市民社会等による取組も活発化しつつあります。今回、SDGs推進の権威であるサックス教授がその世界的な動向を紹介するとともに、SDGs達成に向けて日本の強みや日本に期待される役割などを語ります。

講師プロフィール

ジェフリー・サックス
コロンビア大学地球研究所持続可能な開発センター長。国連事務総長特別顧問としてSDGs策定に携わり、持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)ディレクターを務める。TIME誌「世界に最も影響力のある100人」に2004年、2005年と連続で選出された。著書『貧困の終焉』(2005)は世界的ベストセラー。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ/独立行政法人 国際協力機構(JICA)/SDGs・プロミス・ジャパン(SPJ)
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」

講演会/Event

2021年1月15日から毎週火・金 順次公開(17:00以降視聴可能)

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。

ウイルス伝播の物理を理解する

講演会/Event

2020年12月8日(火)10:00-11:30

流体力学の理論と実験の立場から、英語のスピーチによるウイルス伝播メカニズムについて、研究結果を発表されたHoward Stone教授(プリンストン大学)とスーパーコンピュータ富岳を用いた計算機シミュレーションにより、マスクの効果、会食等における飛沫の伝播について研究成果を発表された坪倉誠教授(理研、神戸大学)のお二人に一般向けにご講演頂きます。

AIは人間を、人間はAIを理解できるか?(脳科学者と人工知能研究者の対話)

講演会/Event

2020年11月30日(月)10:00-11:30

人が脳を理解するのは困難と言われてきましたが、AIの利用で理解が進むかもしれません。では、人間は AIを理解できるでしょうか?人間の理解も AIが人間を超える日が来るのでしょうか? 一般市民の間には、期待とともに、知らないことから来る不安もあるように思われます。これらの疑問に、AI・ロボットと脳科学のそれぞれの専門家が解説し、対話とQ&Aを行います。


TOP