「知りたい」に応える-社会と専門家のより良い関係を目指して – 東京カレッジ

「知りたい」に応える-社会と専門家のより良い関係を目指して

いつ:
2020.10.14 @ 13:00 – 15:30
2020-10-14T13:00:00+09:00
2020-10-14T15:30:00+09:00
「知りたい」に応える-社会と専門家のより良い関係を目指して

終了しました
YouTubeライブ配信
開催日時 2020年10月14日(水)13:00-15:30
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル
https://youtu.be/l6B7UZn5JP8

言語 日本語 (Japanese language only)
要旨

新型コロナ禍で、専門家が未知の事象へ挑戦する中、社会や人々は何が起こっているのか、どう対処したら良いのかに関心を寄せ、専門家には事象の解明や関連する研究に加えて、様々な疑問に対する答や対応に必要な知識の提供を求めている。その究極な例は、政策などへの意志決定への助言と言えるが、社会と専門家の間にどのような関係を築くかは、社会からの支援で専門的な活動が行われていることからも重要な課題である。

本シンポジウムでは、具体的な事例として現在の最大の出来事である新型コロナと10年前にも日本が経験した地震を課題として取り上げ、科学社会論の立場からは専門家の意見の開陳や情報発信のあり方への見解を、専門家の立場から新たなウイルスの登場や従来の想定を上回る地震の発生等に際して専門家と社会の関係の課題や難しさを示し、社会と専門家のより良い関係を模索する。

プログラム

【進行】

大竹暁 (副カレッジ長・未来ビジョン研究センター特任教授)

【登壇者】

南学正臣 (医学系研究科副研究科長 腎臓・内分泌内科教授)
藤垣裕子 (総合文化研究科 教授)
佐竹 健治 (地震研究所長 地震火山情報センター教授)
横山広美 (カブリ数物連携宇宙研究機構 教授)

講師プロフィール

大竹暁
副カレッジ長・未来ビジョン研究センター特任教授
専門は科学技術政策研究

南学正臣
医学系研究科副研究科長 腎臓・内分泌内科教授
アジア太平洋腎臓学会理事長、日本内科学会副理事長

藤垣裕子
総合文化研究科教授。専門は科学技術社会論。著書に『専門知と公共性』(東京大学出版会、2003)、『科学者の社会的責任』(岩波書店、2018)、編著に『科学技術社会論の挑戦』(第1巻~3巻、東京大学出版会、2020)など。

佐竹健治
地震研究所長 地震火山情報センター教授
国際地震学及び地球内部物理学協会会長
内閣府 日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会座長

横山広美
カブリ数物連携宇宙研究機構教授。
学際情報学府兼担。科学技術社会論学会理事、日本学術会議連携会員。
最近の寄稿に日経新聞(8/3付け)「専門家も発信力鍛えよ」など。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

シリーズ「グローバルヒストリーの対話」

講演会/Event

2021年1月15日から毎週火・金 順次公開(17:00以降視聴可能)

歴史研究の新しい潮流「グローバルヒストリー」とは何か?その方法、テーマと意義は?研究者の立ち位置と研究成果の関係は?海外の研究者と東京カレッジの若手研究者が語らいます。

ウイルス伝播の物理を理解する

講演会/Event

2020年12月8日(火)10:00-11:30

流体力学の理論と実験の立場から、英語のスピーチによるウイルス伝播メカニズムについて、研究結果を発表されたHoward Stone教授(プリンストン大学)とスーパーコンピュータ富岳を用いた計算機シミュレーションにより、マスクの効果、会食等における飛沫の伝播について研究成果を発表された坪倉誠教授(理研、神戸大学)のお二人に一般向けにご講演頂きます。

AIは人間を、人間はAIを理解できるか?(脳科学者と人工知能研究者の対話)

講演会/Event

2020年11月30日(月)10:00-11:30

人が脳を理解するのは困難と言われてきましたが、AIの利用で理解が進むかもしれません。では、人間は AIを理解できるでしょうか?人間の理解も AIが人間を超える日が来るのでしょうか? 一般市民の間には、期待とともに、知らないことから来る不安もあるように思われます。これらの疑問に、AI・ロボットと脳科学のそれぞれの専門家が解説し、対話とQ&Aを行います。


TOP