東京カレッジ講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」講師:李遠哲 – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」講師:李遠哲

日時:
2019.11.20 @ 17:00 – 18:30
2019-11-20T17:00:00+09:00
2019-11-20T18:30:00+09:00

東京カレッジ講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」が開催されました

 

2019年11月20日、李遠哲教授による講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」が開催されました。李教授は、気候変動が国家ベースのアプローチでは解決できない世界的な問題であることを指摘し、1931年に設立された国際科学連合(ICSU)等の国際機関の歩みを紹介しました。

ICSUのミッションは、社会のために国際的な科学や国際的な政策の両方を強化することであり、国連やUNESCOとも連携を確立し、社会との関わりを積極的に試みています。2012年には、社会と科学を繋げるグローバルプラットフォームとしてフューチャー・アースを立ち上げました。フューチャー・アースは、①持続可能な地球に向けた転換を図ること、②コデザイニングと共同研究により、研究成果を普及させていくこと、③ 地域、国家を最大限に活用すること ④課題に対する解決策を見出していくことを目標としています。李教授は、フューチャー・アースの成果において、アジア、特に日本の役割を強調しました。李教授はまた、2015年に国連によって発表された地球温暖化や気候変動を含むSDGsと17のゴールに言及しました。李教授は、世界規模の現実である地球温暖化を解決するため、過度に発展した社会から一歩後退し、太陽からのエネルギーを貯蔵し変換する方法を研究する必要があると論じました。

パネルディスカッション

続いて、春日文子教授(フューチャー・アース国際事務局日本ハブ事務局長、東京大学未来ビジョン研究センター)が司会を務め、李遠哲教授、杉山昌広准教授(東京大学未来ビジョン研究センター)、山崎大准教授(東京大学生産技術研究所)、江間有沙特任講師(東京大学未来ビジョン研究センター)、がパネル・ディスカッションに登壇しました。気候変動の問題、持続可能な開発、AIと環境問題の関係などが議論されました。質疑応答セッションでは、皆がどのように持続可能な開発に貢献できるかという市民の役割についての質問も挙がりました。

終了しました
開催日時 2019年11月20日(水)17:00-18:30
会場

東京大学・福武ラーニングシアター(本郷キャンパス 情報学環・福武ホール地下2階)

申込方法 事前申込制。160名(先着順、参加無料)
言語 英語(日英同時通訳有)
要旨

フューチャー・アースは、2012年に「リオ+20」で最初に発表され、地球圏・生物圏国際協同研究計画(IGBP)、生物多様性科学国際共同研究計画(DIVERSITAS)、地球環境変化の人間的側面に関する国際研究計画(IHDP)などの国際協力枠組みのプログラムを統一し、地球規模の課題解決に向けた協働を進めるために、国際科学会議(ICSU)が設立したプログラムです。当時ICSU会長であった李遠哲先生に、フューチャー・アースに関するICSUでの発想と哲学、将来の人類の福祉のための科学の役割についてお話しいただきます。

主催 フューチャー・アース国際事務局日本ハブ/東京大学未来ビジョン研究センター(IFI)/東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

Previous Events

公開済みイベント

東京カレッジ講演「日本経済における回復力と新機軸」講師:Jenny CORBETT教授

イベント予定講演会/Lecture

2021年6月24日(木)16:00-17:00

50年のうちに、日本は急成長を遂げた経済のスーパースターから落ち着いたベテランへと変貌を遂げた。この間、どうすれば脱工業化した先進国経済へと成功裏に移行できるかという問題が繰り返し問われてきた。また、日本は多くの国々が現在直面している問題への対処を真っ先に迫られた。その経験は、高齢化、不平等、労働パターンの変化、生産性の鈍化、産業の空洞化など、ゆっくりとした普遍的な問題への適応や、回復力(レジリエンス)、短期的な危機と変化への対応について多くの問いを投げかけている。 そのすべての特性において、世界が日本から学ぶべきことは多い。

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

識者に聞く「日本とワクチン不信」講師:アンドルー・ゴードン教授&マイケル・ライシュ教授

講演会/Lecture

2021年5月27日(木) 09:00-10:30 am

日本ではこれまで多くのワクチンが取り扱われ、今日推奨されている定期接種のワクチンは、ほぼ例外なく受け入れられてきました。一方で、ワクチン被害者の社会運動は、新しいワクチンに対する国民や政府の躊躇を生み出しており、日本の公共政策にとって重要な課題となっています。「ワクチン不信」に関する歴史や課題について識者が語ります。


TOP