東京カレッジ講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」講師:李遠哲 – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」講師:李遠哲

日時:
2019.11.20 @ 17:00 – 18:30
2019-11-20T17:00:00+09:00
2019-11-20T18:30:00+09:00

東京カレッジ講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」が開催されました

 

2019年11月20日、李遠哲教授による講演会「地球規模の気候変動に対する科学の挑戦」が開催されました。李教授は、気候変動が国家ベースのアプローチでは解決できない世界的な問題であることを指摘し、1931年に設立された国際科学連合(ICSU)等の国際機関の歩みを紹介しました。

ICSUのミッションは、社会のために国際的な科学や国際的な政策の両方を強化することであり、国連やUNESCOとも連携を確立し、社会との関わりを積極的に試みています。2012年には、社会と科学を繋げるグローバルプラットフォームとしてフューチャー・アースを立ち上げました。フューチャー・アースは、①持続可能な地球に向けた転換を図ること、②コデザイニングと共同研究により、研究成果を普及させていくこと、③ 地域、国家を最大限に活用すること ④課題に対する解決策を見出していくことを目標としています。李教授は、フューチャー・アースの成果において、アジア、特に日本の役割を強調しました。李教授はまた、2015年に国連によって発表された地球温暖化や気候変動を含むSDGsと17のゴールに言及しました。李教授は、世界規模の現実である地球温暖化を解決するため、過度に発展した社会から一歩後退し、太陽からのエネルギーを貯蔵し変換する方法を研究する必要があると論じました。

パネルディスカッション

続いて、春日文子教授(フューチャー・アース国際事務局日本ハブ事務局長、東京大学未来ビジョン研究センター)が司会を務め、李遠哲教授、杉山昌広准教授(東京大学未来ビジョン研究センター)、山崎大准教授(東京大学生産技術研究所)、江間有沙特任講師(東京大学未来ビジョン研究センター)、がパネル・ディスカッションに登壇しました。気候変動の問題、持続可能な開発、AIと環境問題の関係などが議論されました。質疑応答セッションでは、皆がどのように持続可能な開発に貢献できるかという市民の役割についての質問も挙がりました。

終了しました
開催日時 2019年11月20日(水)17:00-18:30
会場

東京大学・福武ラーニングシアター(本郷キャンパス 情報学環・福武ホール地下2階)

申込方法 事前申込制。160名(先着順、参加無料)
言語 英語(日英同時通訳有)
要旨

フューチャー・アースは、2012年に「リオ+20」で最初に発表され、地球圏・生物圏国際協同研究計画(IGBP)、生物多様性科学国際共同研究計画(DIVERSITAS)、地球環境変化の人間的側面に関する国際研究計画(IHDP)などの国際協力枠組みのプログラムを統一し、地球規模の課題解決に向けた協働を進めるために、国際科学会議(ICSU)が設立したプログラムです。当時ICSU会長であった李遠哲先生に、フューチャー・アースに関するICSUでの発想と哲学、将来の人類の福祉のための科学の役割についてお話しいただきます。

主催 フューチャー・アース国際事務局日本ハブ/東京大学未来ビジョン研究センター(IFI)/東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

海外パートナー大学との対話シリーズ「コロナ後の社会」:医学研究者の対話(コレージュ・ド・フランス)

イベント予定対話/Dialogue

2021年10月20日17:00以降視聴可能

COVID-19パンデミックが浮き彫りにした医療システムの強みと弱みは何か、また、将来起こり得る医療危機に組織や医療従事者はどう備えればよいのか、フランスと日本の医学研究者が議論を展開します。

海外パートナー大学との対話シリーズ:コロナ後の社会「東京大学-プリンストン大学 対話」第1回大学運営

イベント予定共催/Joint Event

2021年10月25日(月)17:00以降視聴可能

コロナ危機によって社会と大学はどのような影響を受けたのか、今後何に注意しどのような方向を目指して進めばよいのか。重要なパートナーであるプリンストン大学と東京大学の研究者たちが語り合います。

日本における優生学の歴史とその遺産

イベント予定パネルディスカッション/Panel discussion

2021年11月1日(月)17:00以降視聴可能

近代日本の優生学の歴史とその遺産を、ローカルな視点とグローバルな視点から検証する。生殖権、暴力行為をめぐるメディアの言説、強制不妊手術などのテーマを考察し、優生学の歴史が将来に与える影響を幅広く議論する。

【言語とアイデンティティ】第1回:「アイデンティティと『キャラ』」

イベント予定講演会/Lecture

2021年11月8日(月)から17:00以降視聴可能

本講演では、人間の状況に応じて変わる「キャラ」という現象に着目して、言語とアイデンティティの隠れた関係性の側面を明らかにします。人間の社会的行動、特に言語に関する意図基盤な考えの限界を突破するために「キャラ」を活用すべきだと結論づけます。

【言語とアイデンティティ】第2回:「日本語の男女別自称詞:イデオロギーと革新」

講演会/Lecture

2021年11月9日(火)から17:00以降視聴可能

この講演では、言語形式による制限がある場合でも、話者は言語を使って革新的なアイデンティティを表現していることを見ていきます。日本語では、男女別自称詞によって家父長制や異性愛規範が維持されていますが、一部の日本人女子は男性的な自称詞を利用して新しいアイデンティティを作り出しています。

【言語とアイデンティティ】第3回:「江戸時代後半における文字選択とアイデンティティ」

イベント予定講演会/Lecture

2021年11月10日(水)から17:00以降視聴可能

日本語の表記体系は、複数の文字種を利用して文字通りの意味を超える意味を創造できることを特徴としています。本講演では、歴史的な視点から見て、文字の選択が言葉づかいの選択、またテキストや著者を取り巻く知的文脈とどのように関連していたのかを議論します。

【言語とアイデンティティ】第5回:「日本における英語教育改革―バイリンガルで多文化的な新世代の日本人育成へ?」

イベント予定講演会/Lecture

2021年11月12日(金)から17:00以降視聴可能

本講演では、近年実施された文部省による学校英語教育改革の分析を目的とする共同研究について紹介します。改革の目標、教育上の有効性、アイデンティティ形成との関係性、期待される成果等について議論します。

海外パートナー大学との対話シリーズ「東京大学-ケンブリッジ大学 バーチャル対話シリーズ「UTokyo-Cambridge Voices」」① COVID-19に関する研究と挑戦

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年11月24日(水)17:00‐19:00

2020年にスタートした「Tokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。第二弾のテーマは「COVID-19に関する研究と挑戦」です。

海外パートナー大学との対話シリーズ「東京大学-ケンブリッジ大学 バーチャル対話シリーズ「UTokyo-Cambridge Voices」」② 持続可能な都市

イベント予定シンポジウム/Symposium共催/Joint Event

2021年11月29日(月)17:00‐19:00

2020年にスタートした「Tokyo-Cambridge Voices」は、東京大学とケンブリッジ大学の研究者が、それぞれの専門分野について、双方向の対話を行うシリーズです。この対話シリーズは、「戦略的パートナーシップ」の枠組みのもと、両大学が主催しています。今年度は、全学レベルで3つのオンライン公開シンポジウムが開催されます。第二弾のテーマは「持続可能な都市」です。

Previous Events

公開済みイベント

女性であること、日本人であること―日本におけるオーストラリア先住民研究の展望と課題

イベント予定共催/Joint Event

2021年10月18日(月)14:00-15:30

オーストラリア先住民研究において、女性、そして日本人という立場はいかなる新たな知見を生み出してきたのだろうか。本イベントでは、3人の日本人女性研究者がそれぞれのフィールドでの経験を語り、自らの属性が調査や分析に与えた影響について話し合う。

著者に聞く! 『課税の歴史における愚行と英知』講師:Michael KEEN氏 & Joel SLEMROD教授

イベント予定講演会/Lecture

2021年9月1日(水)18:00-19:30 (日本) / 10:00-11:30 (イギリス) / 5:00-06:30 (アメリカ東海岸)

奇抜なエピソードや閃きに満ちた課税の歴史は、今日の税務問題と深い関わりがあります。著者のマイケル・キーン氏とジョエル・スレムロッド教授が、新刊『Rebellion, Rascals, and Revenue』をもとに、過去の物語が良い課税(および悪い課税)の原則をいかに娯楽性を持って伝えることができるかについてお話します。


TOP