近代の記憶:産業遺産のパブリック・ヒストリー – 東京カレッジ

近代の記憶:産業遺産のパブリック・ヒストリー

日時:
2020.07.29 @ 17:00
2020-07-29T17:00:00+09:00
2020-07-29T17:15:00+09:00
近代の記憶:産業遺産のパブリック・ヒストリー

録画動画はこちらから視聴いただけます。

講演(日本語、英語字幕付き)

対談(日本語)

終了しました
YouTube配信
開催日時 2020年7月29日(水)17:00 より東京カレッジYouTubeチャンネルにて視聴可能
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCGI2NUAxXMyN8-Up3n4piaQ

言語 講演(日本語、英語字幕) 対談(日本語のみ)
要旨

「産業遺産」や「パブリックヒストリー」という言葉は、1990年代に入るまで日本ではあまり使われてきませんでした。しかし既に1960年代から日本の産業革命の遺産ともいえる施設の閉鎖や閉山は始まっていました。廃業した工場や鉱山を、その後どのように扱っていくべきなのでしょうか?すでに何十年にもわたって日本の人々はこの問題に向き合い、施設を保存したり、その歴史を記念したりしてきました。直近では、2015年にユネスコが明治日本の産業革命遺産を世界遺産と認めました。近代の産業文明は日本だけでなく、世界に大きな利益と、それに伴う高い犠牲をもたらしたといえます。この講演では、産業遺産の「負」の側面を、その功績とともに伝えることのできる、「パブリックヒストリー」の可能性を考えます。

プログラム

【講演】近代の記憶:産業遺産のパブリック・ヒストリー 講師:アンドルー・ゴードン(東京カレッジ招聘教員・ハーバード大学教授)

【対談】アンドルー・ゴードン× 菅 豊 (東京大学東洋文化研究所教授)

 

講師プロフィール

アンドルー・ゴードン :デューク大学教授を経て1995年よりハーバード大学歴史学教授 。同大エドウィン・O・ライシャワー日本研究所所長などを歴任。専門は日本近現代史、比較労働史など。

菅 豊:東京大学大学院情報学環・学際情報学府、東洋文化研究所教授。専門は民俗学。研究者・専門家と市民とが協働して行う知識生産や社会実践について、パブリック・ヒストリーやパブリック・フォークロアという観点から研究・実践している。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

東京カレッジシンポジウム:『Religion and the Rise of Capitalism』書評会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年6月9日(水)8:30-10:00am (日本標準時) / 2021年6月8日(火) 7:30-9:00pm (米国東部標準時)

新著『Religion and the Rise of Capitalism』の著者Benjamin M. FRIEDMAN教授(ハーバード大学)をお招きした書評会。シンポジウムでは東京大学の研究者がコメントし、FRIEDMAN教授と共に資本主義と宗教について討論します。

Previous Events

公開済みイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。


TOP