連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値 – 東京カレッジ

連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値

いつ:
2020.06.25 @ 15:30 – 17:00
2020-06-25T15:30:00+09:00
2020-06-25T17:00:00+09:00
連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値

東京カレッジ連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」において、価値をテーマとしたオンラインシンポジウムが6月25日(木)に開催されました

はじめに本シンポジウムの前提として、人類の歴史を通して感染症による危機に直面するたびに価値についての反省を迫られていることが挙げられました。それは感染症が、既知の、しかし手をつけることのできなかった諸問題をあぶり出し、意志決定を含めた新しい社会のあり方をどのように構想し、人間の生の価値をどう深めていくのかを問うものであるためです。

本シンポジウムでは、武田将明准教授(総合文化研究科)、小野塚知二教授(経済学研究科)、宇野重規教授(社会科学研究所)が、上述の問題提起をめぐり、それぞれ専門分野から、「デフォーの『ペストの記憶』」、「危機」、「民主主義」というキーワードを用いて講演しました。その後、中島隆博(東洋文化研究所教授)がモデレーターとして加わり、総合討論が行われました。総合討論では、とりわけ生命の価値や、政治責任、科学性等の問題に着目し、バイオポリティクス(生政治)に陥らない方法でデモクラシー(民主主義)を再定義していくべきと提起されました。「価値」をテーマとする本シンポジウムでの議論は、これからの社会のあり方を構想する想像力を高め、人間の「生(ライフ)」の価値を深めていく手かがりとなるでしょう。

 

 

終了しました
YouTubeライブ配信
開催日時 2020年6月25日(木)15:30-17:00
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル ( https://youtu.be/0OAfFKNJmSk )

言語 日本語(Japanese language only)
要旨

コロナ危機とその後の世界を考える際に重要な6つのテーマを設定し、それぞれについて専門家同士が座談会形式で討議する連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値

人類の歴史を振り返ると、感染症による危機を経るたびに、わたしたちは価値について反省を迫られている。感染症は、既知の、しかし手をつけることのできなかった諸問題をあぶり出し、意志決定を含めた新しい社会のあり方をどう構想し、人間の生の価値をどう深めていくのかを問うからである。ここでは、17世紀のペスト、20世紀の世界大戦と「スペイン風邪」、そして現在のcovid-19を通して、この問題をともに考えてみたい。

プログラム

コーディネーター:中島隆博(東洋文化研究所教授)

登壇者:小野塚知二(経済学研究科教授)、武田将明(総合文化研究科准教授)、宇野重規(社会科学研究所教授)

YouTubeライブ配信➤ https://youtu.be/0OAfFKNJmSk

 

小野塚知二「現下の疫病禍(COVID-19)の世界史的位置」

「危機」という言葉はしばしば安売りされ、氾濫しがちです。とはいえ、わたしも今般のCOVID-19ウイルスによる疫病禍は危機であると考えています。では、それはいかなる意味で危機なのかを、歴史研究者の観点と知見を活かして論じてみましょう。そのために、1930年代の大恐慌、約百年前の第一次世界大戦と「スペイン風邪」、さらに14世紀のペストなど史上さまざまな危機を振り返りながら、時代の転換点と次代の構想(あるいは「後継者」・「代替措置」)の有無との関係に論及しながら、今般の疫病禍の危機の重層性を明らかにします。 

 

武田将明「コロナウイルス時代にデフォー『ペストの記憶』を読む」

『ロビンソン・クルーソー』(1719)の作者ダニエル・デフォーは、小説家であると同時に有能なジャーナリストであり、おそらくそこまで有能ではない商人でもあった。そんな彼の素質が見事に発揮されたのが、『ペストの記憶』(1722)である。1665年にロンドンを襲ったペストの被害と市民生活、行政の対応を記述した本書は、実際のできごとの記録であると同時に、フィクションの要素も多分に含んでいる。デフォーによる疫病の記述は、しばしば現代のコロナ流行下の社会を彷彿とさせるが、本発表では単なる事実の一致にとどまらず、疫病が市民社会にもたらす困難の本質と、そこから浮上する社会的、倫理的な問題について、デフォーと共に考えてみたい。その結果、文学によって災害を記録し、記憶することの意味に迫ることができればとも思っているが、そこまで大風呂敷を広げずとも、コロナ問題を考える上での一本の補助線を提供できれば幸いである。

 

宇野重規「安全・経済・自由のトリレンマ」

コロナ危機は、安全・経済・自由のトリレンマ状況を我々に示した。すべての人々の生命を守ることが最重要であることは言うまでもないが、同時に、危機が継続する中で、いかに経済活動を維持・再開するかも重要な課題となる。さらに、そのいずれをも通じて、個人の自由やプライヴァシー、平等や社会的公正をいかに尊重するかも問われる。すべてを同時に満たすことができないとき、いかにして政治的決定は行われるべきだろうか。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

TOP