連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値 - 東京カレッジ

連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値

日時:
2020.06.25 @ 15:30 – 17:00
2020-06-25T15:30:00+09:00
2020-06-25T17:00:00+09:00
連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値

東京カレッジ連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」において、価値をテーマとしたオンラインシンポジウムが6月25日(木)に開催されました

はじめに本シンポジウムの前提として、人類の歴史を通して感染症による危機に直面するたびに価値についての反省を迫られていることが挙げられました。それは感染症が、既知の、しかし手をつけることのできなかった諸問題をあぶり出し、意志決定を含めた新しい社会のあり方をどのように構想し、人間の生の価値をどう深めていくのかを問うものであるためです。

本シンポジウムでは、武田将明准教授(総合文化研究科)、小野塚知二教授(経済学研究科)、宇野重規教授(社会科学研究所)が、上述の問題提起をめぐり、それぞれ専門分野から、「デフォーの『ペストの記憶』」、「危機」、「民主主義」というキーワードを用いて講演しました。その後、中島隆博(東洋文化研究所教授)がモデレーターとして加わり、総合討論が行われました。総合討論では、とりわけ生命の価値や、政治責任、科学性等の問題に着目し、バイオポリティクス(生政治)に陥らない方法でデモクラシー(民主主義)を再定義していくべきと提起されました。「価値」をテーマとする本シンポジウムでの議論は、これからの社会のあり方を構想する想像力を高め、人間の「生(ライフ)」の価値を深めていく手かがりとなるでしょう。

 

 

終了しました
YouTubeライブ配信
開催日時 2020年6月25日(木)15:30-17:00
会場

東京カレッジYouTubeチャンネル ( https://youtu.be/0OAfFKNJmSk )

言語 日本語(Japanese language only)
要旨

コロナ危機とその後の世界を考える際に重要な6つのテーマを設定し、それぞれについて専門家同士が座談会形式で討議する連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」③価値

人類の歴史を振り返ると、感染症による危機を経るたびに、わたしたちは価値について反省を迫られている。感染症は、既知の、しかし手をつけることのできなかった諸問題をあぶり出し、意志決定を含めた新しい社会のあり方をどう構想し、人間の生の価値をどう深めていくのかを問うからである。ここでは、17世紀のペスト、20世紀の世界大戦と「スペイン風邪」、そして現在のcovid-19を通して、この問題をともに考えてみたい。

プログラム

コーディネーター:中島隆博(東洋文化研究所教授)

登壇者:小野塚知二(経済学研究科教授)、武田将明(総合文化研究科准教授)、宇野重規(社会科学研究所教授)

YouTubeライブ配信➤ https://youtu.be/0OAfFKNJmSk

 

小野塚知二「現下の疫病禍(COVID-19)の世界史的位置」

「危機」という言葉はしばしば安売りされ、氾濫しがちです。とはいえ、わたしも今般のCOVID-19ウイルスによる疫病禍は危機であると考えています。では、それはいかなる意味で危機なのかを、歴史研究者の観点と知見を活かして論じてみましょう。そのために、1930年代の大恐慌、約百年前の第一次世界大戦と「スペイン風邪」、さらに14世紀のペストなど史上さまざまな危機を振り返りながら、時代の転換点と次代の構想(あるいは「後継者」・「代替措置」)の有無との関係に論及しながら、今般の疫病禍の危機の重層性を明らかにします。 

 

武田将明「コロナウイルス時代にデフォー『ペストの記憶』を読む」

『ロビンソン・クルーソー』(1719)の作者ダニエル・デフォーは、小説家であると同時に有能なジャーナリストであり、おそらくそこまで有能ではない商人でもあった。そんな彼の素質が見事に発揮されたのが、『ペストの記憶』(1722)である。1665年にロンドンを襲ったペストの被害と市民生活、行政の対応を記述した本書は、実際のできごとの記録であると同時に、フィクションの要素も多分に含んでいる。デフォーによる疫病の記述は、しばしば現代のコロナ流行下の社会を彷彿とさせるが、本発表では単なる事実の一致にとどまらず、疫病が市民社会にもたらす困難の本質と、そこから浮上する社会的、倫理的な問題について、デフォーと共に考えてみたい。その結果、文学によって災害を記録し、記憶することの意味に迫ることができればとも思っているが、そこまで大風呂敷を広げずとも、コロナ問題を考える上での一本の補助線を提供できれば幸いである。

 

宇野重規「安全・経済・自由のトリレンマ」

コロナ危機は、安全・経済・自由のトリレンマ状況を我々に示した。すべての人々の生命を守ることが最重要であることは言うまでもないが、同時に、危機が継続する中で、いかに経済活動を維持・再開するかも重要な課題となる。さらに、そのいずれをも通じて、個人の自由やプライヴァシー、平等や社会的公正をいかに尊重するかも問われる。すべてを同時に満たすことができないとき、いかにして政治的決定は行われるべきだろうか。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ

Upcoming Events

開催予定のイベント

グリーントランスフォーメーション(GX)、炭素市場、ブロックチェーン ー世界銀行とChia Networkとの対話ー

イベント予定対話/Dialogue

2022年11月30日(水)10:00-11:15 JST

本イベントでは、気候変動とサステナビリティ、ブロックチェーンとデータのように重なり合うイノベーション領域を探究します。シリコンバレーを牽引する技術者のBram COHEN氏(Chia Network CEO)と世界銀行のGemma Torras VIVES氏が、新しいグローバルな炭素市場インフラの強化を目的とした分散型ブロックチェーン技術の先駆的な利用事例について語ります。

講演会「大地震の前に地下で起きること、社会がやっておくべきこと」講師:Yehuda BEN-ZION教授

イベント予定講演会/Lecture

2022年12月6日(火)13:15-14:45

本講演では、地球物理的観測、室内実験、モデリングの発展を通して、大地震が発生するまでの物理的なプロセスについての根本的な理解を深める必要性について、また同時に、構造モニタリングや早期予測の精緻化、耐震基準の見直し、コミュニティ教育活動など社会の大地震に対する備えを改善する重要性について考えます。

デジタル革命:データが導く21世紀の繁栄に向けて

イベント予定講演会/Lecture

2022年12月10日(土)10:00-11:00(9:30開場)

インド産業界を牽引するタタ・グループの150年の成功を支えた伝統から学ぶべきこと、またAI、人々の働き方、データセキュリティなど、現代社会が直面するさまざまな課題への適応、さらに日印協力における両国のさらなる繁栄に向けた展望について、タタ・グループ会長よりお話しいただきます。

独裁者との対話:北朝鮮との首脳外交によって得ることと失うこと

イベント予定対話/Dialogue

2022年12月15日(木)16:00-17:30

北朝鮮のような「ならず者国家」との首脳会談を行うことで何が得られるのか。それは、独裁政権に威信と正当性を与えるというリスクを冒してまでも手に入れるべきものなのだろうか。二人の講演者が、これらの疑問について批判的な討議を展開する。
Alastair MORGAN大使は2018~19年の北朝鮮との首脳会談について議論し、Meredith SHAW博士は北朝鮮の国内プロパガンダで首脳会談がどのように描かれているのかを解説する。

Previous Events

公開済みイベント

「日本経済ー外からの見方の移り変わり」講師:Jenny CORBETT 東京カレッジ招聘教員

イベント予定講演会/Lecture

2022年11月24日(木)16:00−17:30

マルコ・ポーロがチパングを黄金の国として描いて以来、海外の人々は日本の経済に魅了されてきた。 その数世紀後には、コロンブスがこの国を発見するために航海に出た。 外部からの観察者の記述は必ずしも正確ではなかったかもしれないが、しばしば影響を及ぼしてきた。 本講演では、日本経済に関する英語文献の中で最も重要な議論を取り上げ、この半世紀の間に主要なテーマがどのように変化してきたのかを考察する。

【開催中止】現代の女性と中世の魔女ーフェミニズムへの新たな視点

イベント予定講演会/Lecture

【開催中止】2022年11月9日(水)18:30-20:00(18:00開場)

モナ・ショレ氏は、ヨーロッパのフェミニズムの議論に大きな影響力を持つ気鋭のジャーナリスト、エッセイスト。仏でベストセラーとなった著書『魔女ーー女性たちの不屈の力』(翻訳版)の刊行を機に在日フランス大使館の招きで来日。ヨーロッパ中近世を席巻した魔女狩りの歴史を掘り起こし、「女性蔑視」という現代社会の災厄と結びつけて論じる。日本における女性学のパイオニアとしてフェミニズムを長年牽引してきた上野千鶴子氏が、女性の今と今後の展望を中心に、ショレ氏と徹底討論。

「原発に異を唱えたノーベル賞学者 ー ハンネス・アルヴェ―ンと20世紀の科学者像」 講師:Svante LINDQVIST氏(東京カレッジ潮田フェロー)

イベント予定講演会/Lecture

2022年11月4日(金)17:00−18:30

1970年、スウェーデンの物理学者ハンネス・アルヴェーンがノーベル賞を受賞した。この国際的な科学界からの評価によって、彼の国内での声望は高まり、そのスウェーデンの原子力政策に対する批判は力を得た。1980年にアルヴェ―ンがスウェーデン王立工学アカデミー会員を辞職したことは、今日においても私たちを悩ませる原子力政策への意見の対立を物語っている。


TOP