東京カレッジ講演会「生命の燃料」講師:ジョン・ウォーカー – 東京カレッジ

東京カレッジ講演会「生命の燃料」講師:ジョン・ウォーカー

日時:
2019.09.30 @ 16:30 – 18:00
2019-09-30T16:30:00+09:00
2019-09-30T18:00:00+09:00
東京カレッジ講演会「生命の燃料」講師:ジョン・ウォーカー

東京カレッジ講演会「生命の燃料」が開催されました

2019年9月30日(月)、東京カレッジとTokyo ATPase Workshop共催の講演会「生命の燃料」が開催されました。野地博行教授(東京大学)の司会進行で、大竹暁教授(副カレッジ長)による開会の挨拶および趣旨説明の後、吉田賢右教授(京都産業大学)のお話に続き、ノーベル化学賞受賞者であるジョン・ウォーカー教授(ケンブリッジ大学)が講演を行いました。

まず、生化学者の吉田賢右教授(京都産業大学)は、「細胞はどうATPを造るのか:示唆と展望」というテーマで、生物エネルギーの源であるATPサイクルの仕組みの原則と専門的な酵素の話について解説しました。

続いて、ATP合成酵素の研究の世界的なリーダーであるジョン・ウォーカー教授は、あらゆる生命活動の燃料となるATPの基礎知識から、ATP合成酵素の起源、そして医療、また人類の未来のためにATP合成酵素をどのように生かすことができるのかといった今後の活用方法について説明しました。

生命の燃料であるATPは、ミトコンドリア内で生成され、水と相互反応することでエネルギーが放出されて、リン酸、次にアデノシン二リン酸(ADP)ができ、そして合成酵素を使用することにより、この二つが加水分解されてATPが循環します。この基礎的な知識に基づき、ウォーカー教授はATP合成酵素について、感染症や薬剤耐性といった生物遺伝学や臨床医学の観点などから解説しました。ウォーカー教授は、感染症の歴史とその治癒についても言及し、酵素全体の構造解明の研究がベダキリンと呼ばれる新薬剤の開発の更なる改良に繋がり、製薬として使用する道が開かれることにより医薬品化学への貢献をもたらすと説明しました。

講演の後半、ウォーカー教授は自身の人生哲学について言及しました。ケンブリッジ大学時代の師でノーベル賞受賞者のフレデリック・サンガー教授との対話を例に挙げ、失敗に遭遇したときの心構えや失敗からの学び、試行錯誤しながら最終的に成功するまで諦めないことの重要性など、失敗を恐れてはならないというメッセージを伝えました。また、人生の巡り合わせについても、自身の研究の変遷になぞらえて話しました。

講演後の質疑応答では、研究に纏わる専門的な質問から、研究に対するモチベーション、EU離脱についてなど、フロアからは様々な質問が寄せられ、ウォーカー教授はその一つ一つに対して丁寧に時折りユーモアを交えて回答しました。

終了しました
開催日時 2019年9月30日(月)16:30-18:00(16:00開場)
会場

東京大学・山上会館大会議室(本郷キャンパス)

申込方法 事前申込制。60名(先着順、参加無料)
言語 日本語、英語(同時通訳有)
主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ
お問い合わせ tcevent@graffiti97.co.jp

Upcoming Events

開催予定のイベント

UTokyo グローバル ワークショップ ー協働による学際的なコースデザイン:東京カレッジの事例

イベント予定共催/Joint Event

2021年4月20日(火)17:00-18:30

東京カレッジは、学際的な研究、国際的なネットワークの構築、公共の場での活動を通じて、グローバル社会の差し迫った問題に取り組むことを目的として設立された、東京大学の若い研究所です。この講演では、大学のリベラルアーツプログラム「全学ゼミ」の枠組みの中で「2050年の地球と人間社会」と題したバイリンガルの学際的な学部ゼミを共同でデザインし、指導するという私たちの取り組みを紹介します。

Previous Events

公開済みイベント

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑥ 文化活動の持続可能性を模索する

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月15日(木)15:30-17:00

コロナ危機が深刻化していく中で、演劇・音楽イベント・スポーツイベントなどの文化活動が開催不能に追い込まれ、そこに関わる人々の生活の維持や文化・芸術の消滅が問題となった。文化活動を持続可能にしていくために今できること、これからしなければならないことは何なのかを模索する。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」⑤ コロナ後の経済と生活

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月14日(水)9:00-11:00

コロナ感染症と経済の状況について、第1回シンポジウムの後どのようなことが分かりそれに基づけばコロナ後を見据えた政策運営とはどのようなものであるべきか、また、コロナ後にも続いていくだろう労働市場や格差の問題をどう解決するのかといった点について議論する。 

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」④ 気候変動とパンデミック

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月9日(金)10:00~11:30

地球温暖化に対する危機感が高まり脱炭素社会への移行を加速しようとしている最中に世界規模のコロナ危機が生じた。本シンポジウムでは、パンデミックへの対策と 気候変動 対策の関係及び両者を同時に進めるための方策について考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」③ 脆さ・弱さと共にある連帯の社会システムへ

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年4月6日(火)15:00-16:30

人びとは誰しも、頼る人、場所、システムを必要とし、脆さと弱さを抱える存在である。コロナ危機が露わにしたのは、その脆さと弱さを支え合うための社会システムに亀裂が生じ、脆さと弱さを支え合うどころか、むしろ負の連鎖を生み出し、苦しみを増幅させているという事実だ。本シンポジウムでは、人びとと社会システム、双方が抱えてきた脆さと弱さについて、宗教学、当事者研究、そして社会実践活動の立場から論じる。そして、そうした脆さ・弱さと共にあり生きるために、いかなる連帯が可能か、そうした連帯を支える社会システムとは何かを考える。

連続シンポジウム「コロナ危機後の社会」② 非常事態にも強い医療体制と社会

イベント予定シンポジウム/Symposium

2021年3月31日(水)10:00~11:30

日本の医療は、平常時には高度な医療を誇る体制を構築したものの、コロナ危機に直面して、医療崩壊の危機にさらされる事態に陥った。また、日本では感染した患者に加え医療従事者などの関係者にも差別が起きるという、他国にはみられない現象が起きた。本シンポジウムでは、コロナ危機を教訓として今後どのような医療体制を構築すべきかを議論するとともに、社会のあるべき姿を考える。


TOP