羽田正カレッジ長がフランス教育功労章を受章 | 東京カレッジ
News

羽田正カレッジ長がフランス教育功労章を受章

羽田正東京カレッジ長がフランス教育功労章(PalmesAcademiques)オフィシエ級を受章しました。Palmes Academiquesは1808年に創設された褒章で、教育全般に携わる人に与えられます。

羽田カレッジ長は、フランスで博士号取得後、歴史学と地域研究の分野で日仏の学術交流に尽力してきました。また、東京大学副学長として、日仏の大学や研究機関の間での学生交流や共同研究などの様々な連携強化活動を支援してきました。今回の受章はこれらの貢献が認められたものだと言えるでしょう。

 


TOP