味埜 俊 | 東京カレッジ
東京カレッジ
特任教授

味埜 俊

研究分野 サステイナビリティ学・環境工学 ウェブサイト https://www.k.u-tokyo.ac.jp/pros/person/takashi_mino/takashi_mino.htm
01 研究概要

下水処理には微生物を利用した活性汚泥法が多く使われる。その基礎研究に興味を持ち、有機汚濁物質に加えて富栄養化の原因になるリンも除去する処理法の機構解明、下水処理の数学モデル構築、微生物生態解明への遺伝子情報を用いたアプローチ、排水処理で生じる廃棄物である「汚泥」の処理・有効利用技術の評価などをおこなってきた。近年は、多様な学術分野の研究者・実務者との対話や協働の中から、サステイナブルな社会を構築するための理念や手法を体系化する試みを、サステイナビリティ学教育カリキュラムの開発を通じて実践している。

02 経歴

1978年3月 東京大学工学部都市工学科卒業
1983年3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了(工学博士)
1983年4月 東京大学工学部助手
1985年4月 東京大学工学部講師
1989年4月 東京大学工学部助教授
1989年5月〜91年5月 アジア工科大学院助教授(JICA専門家)
1996年5月-1997年2月 デルフト工科大学客員研究員
1997年4月 東京大学大学院工学系研究科教授
1999年4月 東京大学新領域創成科学研究科教授
2015年4月-2017年3月 新領域創成科学研究科・研究科長
2017年4月-2020年3月 東京大学附属図書館柏図書館・館長
2020年4月- 東京大学東京カレッジ特任教授
他に、チャルマーズ工科大学・国際連合大学で客員教授、中央大学・埼玉大学・東洋大学・明星大学などで非常勤講師

03 研究業績

【発表論文】
Takashi MINO, Tomonori KAWAKAMI and Tomonori MATSUO (1984), “Location of Phosphorus in Activated Sludge and Function of Intracellular Polyphosphates in Biological Phosphorus Removal Process." Wat. Sci. Tech., Vol.17, pp93-106. (S. H. Jenkins Medal 受賞論文)

MINO T., M.C.M. van Loosdrecht and J. J. Heijnen (1998), "Review: Microbiology and Biochemistry of Enhanced Biological Phosphate Removal Process", Water Research, Vol.32, No.11, 3193-3207. (Ground-Breaking Articles in Water Research 1967-2007に選出された論文)

Wong, Man-Tak; Mino, Takashi; Seviour, Robert J.; Onuki, Motoharu; Liu, Wen-Tso (2005) In situ identification and characterization of the microbial community structure of full-scale enhanced biological phosphorous removal plants in Japan. Water Research 39 (13) : 2901-2914 AUG 2005.(水環境学会論文賞受賞論文)

Hara K. and Mino T. (2008), Environmental assessment of sewage sludge recycling options and treatment processes in Tokyo. Waste Manag., 2645-52

Steinfeld J.I., and Mino T.
(2009), Education for sustainable development: the challenge of trans-disciplinarity.
Sustainability Sci., 4, 1-2.

Qi R., Yu T., Li Z., Li D., Mino T., Shoji T., Fujie K., Yang M.
(2012). Comparison of conventional and inverted A2/O processes: Phosphorus release and uptake behaviors.
J. Environ. Sci., 24, 571-578.

Kittipongvises S., Mino T.
(2013). The influence of psychological factors on global climate change perceptions held by the rural citizens of Thailand.
Ecopsychol., 5, 126-135.

Satanarachchi N and Mino T. (2014), A framework to observe and evaluate sustainability of human–natural systems in a complex dynamic context, SpringerPlus, 3:618, doi:10.1186/2193-1801-3-618.

Kittipongvises S. and Mino T. (2015) Perception and communication of flood risk: Lessons learned about Thailand’s flood crisis of 2011, App. Envi. Res. 37 (1): 57-70. Nguyen Linh Dan and Mino T. (2016) “Student diversity augments studying sustainability in higher education.” J. of Edu. Sust. Development, Issue 10.1, 2016/01/25.

Sotelo T.J., Satoh H., Mino T. Effect of Sponge Media Structure on the Performance of the Intermittent Contact Oxidation Process for In-sewer Purification. Biochemical Engineering Journal, 149, 2019

【出版】
1) Mogens Henze, Willi Gujer, Takashi Mino, and Mark van Loosdrecht (2000), “Activated Sludge No.1, No.2, No.2d, No.3”, IWA Publisher

2) Hiroshi Komiyama, Kazuhiko Takeuchi, Hideaki Shiroyama, Takashi Mino. (Eds.)  Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach. United Nations University Press, 2011.

3) Mino T., Hanaki K. (Eds.)
Environmental Leadership Capacity Building in Higher Education
Experience and Lessons from Asian Program for Incubation of Environmental Leaders.
Springer Japan, 2013.

4) Miguel Esteban, Tomohiro Akiyama, Chiahsin Chen, Izumi Ikeda, Takashi Mino (Eds), Sustainability Science: Field Methods and Exercises, Springer (2016)

5) Takashi Mino, Shogo Kudo (Eds), Framing in Sustainability Science – Theoretical and Practical Approaches, Springer (2019)

04 受賞歴

1) Samuel H. Jenkins Medal(1986年8月18日)
国際水質汚濁研究学会の機関誌である"Water Research" および "Water Science and Technology" に過去2年間に掲載された中の最優秀論文賞
2) 月刊「水」論文賞(1998年)
 水に関わる研究分野において毎年2名ずつ選出
3) 水環境学会論文賞(2006年/平成18年)
4) Ground-Breaking Articles in Water Research 1967-2007 (2008)
1967-2007年に国際水学会機関誌Water Researchに掲載された中で最も影響力のあった10の論文


TOP