朴喆熙(パク・チョルヒ)教授が着任しました | 東京カレッジ
News

朴喆熙(パク・チョルヒ)教授が着任しました


2019年6月1日付で、朴喆熙(パク・チョルヒ)氏が東京カレッジ特任教授として着任しました。7月31日まで、東京大学本郷キャンパスに滞在し、7月22日には講演会「『脱戦後』する日本」を開催予定です。

朴喆熙(パク・チョルヒ):政策研究大学院大学(GRIPS、日本)准教授を経て、現在ソウル大学国際大学院教授。同大日本研究所長、国際大学院長、韓国現代日本学会会長を歴任。専門は日本の政治外交、日韓関係、東アジア国際関係など。


TOP