東京カレッジ 准教授 募集要項 | 東京カレッジ

東京カレッジ 准教授 募集要項

東京カレッジは,東京大学が世界の志ある人たちとともに,地球と人類の未来のあるべき姿を考え,その実現に向けて行動するための仕組みとして2019年2月に設置した組織です。「2050年の地球と人類社会」という大テーマのもと,第一線で活躍する有力研究者,将来性豊かな若手研究者,発言力のある知識人を,全学のネットワークを活用して世界中から招聘し,東京大学の教職員・学生と共に未来に向けた新しい知を協創する場を作ります。そして,そこで生み出された知を,市民向けの講演会の開催を通じて広く社会に伝えていきます。

このたび東京カレッジでは,分野横断的な国際共同研究を主導しつつ,東京カレッジの運営業務にも関わることのできる准教授を募集します。

 

  1. 職名及び人数

准教授 1名

 

  1. 採用時期・任期・更新の有無

令和4年10月1日以降できるだけ早い時期(着任時期は応相談)

任期5年 

なお,任期期間中の業績により審査を経てテニュアに移行することもあります。

 

  1. 試用期間

採用日から6ヶ月(給与・待遇に変わりなし)

 

  1. 専門分野

東京カレッジは中長期の研究テーマ「2050年の地球と人類社会」の下,持続可能でインクルーシブな人類社会の実現に貢献するため,学問分野の区分を超えた分野横断的な研究活動を行っています。今回公募する准教授の研究分野は以下の東京カレッジの5つの重点テーマのうち,「B. 学際的アプローチによる地球の限界への挑戦」と関連している必要があります。

  1. デジタル革命と人類の未来
  2. 学際的アプローチによる地球の限界への挑戦
  3. 内から見た日本,外から見た日本
  4. 2050年の人文学~世界哲学,世界史,世界文学~
  5. 生・命(いのち)の未来

「B. 学際的アプローチによる地球の限界への挑戦」とは,人類の過度な経済発展のために地球の環境や人類の持続可能性が限界に晒されているとの認識のもとに,環境・経済・社会などあらゆる視点からこの限界を乗り越えるためのさまざまな方策を研究対象とするものであり,分野横断的・学際的であることが必須です。一方,そのようなアプローチを専門とする分野というのは極めて限られるので,このテーマになんらかの意味で関連する既存の分野(文系・理系を問わない)を専門としつつ,分野横断的・学際的な研究の経験がある者を公募の対象とします。

  1. 職務内容

(1) 東京カレッジのミッションの一つ「分野横断的な共同研究を展開し現代世界が必要とする新しい学知を創出すること」を推進するために,様々な分野の研究者が議論し連携する場を東京大学内外に創出し,そのような活動を通じて既存の学問分野を超えた国際共同研究を組織し,その中心となって研究を推進するコーディネーターの役割を果たすこと。特に,今回公募する准教授は,東京カレッジの重点研究テーマ(前述)のうち「学際的アプローチによる地球の限界への挑戦」に関連する共同研究を担当

(2) 上記(1)の共同研究に加えて,「学際的アプローチによる地球の限界への挑戦」に関連する独創的な個人研究を遂行すること

(3) 上記(1) (2)の研究成果を含むさまざまな先端的・分野横断的な知を研究者・学生・一般市民と共有するためのシンポジウム・講演会などを企画・実施すること

(4) 「学際的アプローチによる地球の限界への挑戦」に関連する科目などの授業担当,その他教育に関する業務

(5) 東京カレッジのミッションを遂行するため,あるいは東京カレッジを東京大学の中の組織として適切に維持してゆくために必要な管理運営業務

 

  1. 応募資格

(1)着任時に博士の学位を有していること

(2) 「4.専門分野」における「B. 学際的アプローチによる地球の限界への挑戦」の分野において優れた能力と実績を有すること

(3) 英語の高度な運用能力を有すること(日本語能力については応募の条件としない)

 

  1. 就業日・就業時間

専門業務型裁量労働制により,1日7時間45分・週5日勤務したものとみなされる。

 

  1. 休日・休暇

土・日,祝日,年末年始(12月29日~1月3日),年次有給休暇,特別休暇等(就業規則に基づき付与)

 

  1. 賃金等

本学の規定に基づき決定(参考:准教授の年間給与額680万円~1,100万円程度,ただし経歴・経験により決定)

・通勤手当:最高55,000円/月までを支給,その他諸手当あり,また年1回,業績に基づき昇給の機会あり

 

  1. 加入保険

文部科学省共済組合,厚生年金保険,雇用保険,労災保険に加入

 

  1. 就業場所

東京大学本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)

 

  1. 応募締切

令和3年12月27日(月)午後5 時

 

  1. 提出書類

以下の書類をEメールに添付で提出してください。提出書類の言語は日本語または英語とし,電子ファイル形式はpdf とします(応募書類の提出に対しては,受信した旨の返信をいたしますので,必ず当方からの返信の有無を確認してください)。

(1)東京大学統一履歴書(https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.htmlよりダウンロード,E-mailアドレスを必ず記載して下さい)

(2)研究業績リスト(論文については,査読の有無を明記すること)

(3)主要論文3点

(4)これまでの研究概要(日本語の場合は3,000字、英語の場合は1,500語以内程度)

(5)着任後の職務全体に対する抱負(日本語の場合は3,000字、英語の場合は1,500語以内程度)

(6)応募者について参考意見を述べることのできる方2名の氏名と連絡先(様式不問)

 

  1. 提出書類送付先・問い合わせ先

東京大学東京カレッジ准教授採用担当

E-mail: assoc.prof.recruit@tc.u-tokyo.ac.jp

 

  1. 選考方法

書類審査および面接による(面接は対面またはオンラインで実施します)。書類審査合格者のみ,面接の詳細をご連絡します。

 

  1. 募集者名称

国立大学法人東京大学

 

  1. その他

(1)応募書類の返却はいたしません

(2)応募書類は本応募の用途に限り使用し,個人情報は正当な理由なく第三者への開示,譲渡及び貸与することは一切ありません

(3)面接のための旅費は支給されません

(4)採用者に対しては研究関連活動資金(書籍購入や旅費等)として,年間最大100万円の研究費の支給を予定しています

(5)東京大学は男女共同参画を推進しており,女性の積極的な応募を歓迎します

 

参考:関連ホームページ

東京カレッジ:  https://www.tc.u-tokyo.ac.jp https://www.tc.u-tokyo.ac.jp/en/


TOP