光石 衛 | 東京カレッジ
東京カレッジ

光石 衛

所属 東京大学大学院工学系研究科
機械工学専攻設計生産工学講座
研究分野 バイオメディカルロボティクス、生産工学 ウェブサイト http://www.nml.t.u-tokyo.ac.jp/
01 研究概要

生産技術とAI、IoTをはじめとするデジタル技術を基盤とし、その応用としてバイオメディカル分野に関する研究を進めています。

02 経歴

1979年:東京大学理学部物理学科卒業
1979年:東京大学工学部学士入学
1981年:東京大学工学部舶用機械工学科卒業
1983年:東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻修士課程修了
1986年:東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻博士課程修了
1986年~1989年:東京大学工学部産業機械工学科・講師
(1987年~1988年:ドイツ シュトッツガルト(Stuttgart)フラウンフォファー生産技術と自動化に関する研究所(Fraunhofer Institut fuer Produktions-technik und Automatisierung: IPA)研究員)
1989年~1999年:東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻・助教授
1999年~2009年:東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻・教授
2009年~現在:東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻・教授(専攻統合による)
2012年~2014年:東京大学大学院工学系研究科・副研究科長
2013年~2017年:東京大学教育研究評議員
2014年~2017年:東京大学大学院工学系研究科・研究科長、東京大学工学部長
2017年~2021年:東京大学大学執行役・副学長

03 研究業績

Recent publications として以下が挙げられます。

[1] Saul Alexis Heredia Perez, Murilo Marques Marinho, Kanako Harada, Mamoru Mitsuishi, “The Effects of Different Levels of Realism on the Training of CNNs with only Synthetic Images for the Semantic Segmentation of Robotic Instruments in a Head Phantom”, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery (IJCARS), 15(8): 1257-1265, 2020. DOI: 10.1007/s11548-020-02185-0.
[2] Murilo Marques Marinho, Hisashi Ishida, Kanako Harada, Kyoichi Deie, Mamoru Mitsuishi, “Virtual Fixture Assistance for Suturing in Robot-Aided Pediatric Endoscopic Surgery”, IEEE Robotics and Automation Letters (RA-L), 5(2); 524-531. DOI: 10.1109/LRA.2019.2963642.
[3] Atsushi Nakazawa, Kanako Harada, Mamoru Mitsuishi, Pierre Jannin, “Real-time surgical needle detection using region-based convolutional neural networks”, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 15:41-47, 2020. DOI: 10.1007/s11548-019-02050-9.
[4] Murilo M. Marinho, Bruno V. Adorno, Kanako Harada, and Mamoru Mitsuishi, “Dynamic Active Constraints for Surgical Robots using Vector Field Inequalities”, IEEE Transactions on Robotics, 35(5): 1166-1185, Oct.2019. DOI:10.1109/TRO.2019.2920078.
[5] Murilo M. Marinho, Bruno V. Adorno, Kanako Harada, Mamoru Mitsuishi, “SmartArm: Integration and Validation of a Versatile Surgical Robotic System for Constrained Workspaces”, The International Journal of Medical Robotics and Computer Assisted Surgery, 16:e2053, 2020. DOI:10.1002/rcs.2053.

04 受賞歴

– CIRP(生産工学に関する国際アカデミー)フェロー
– 日本機械学会フェロー、ロボティクス・メカトロニクス部門学術業績賞、生産加工・工作機械部門研究業績賞、同部門功績賞
– 日本ロボット学会フェロー
– 日本コンピュータ外科学会論文賞等


TOP