CHIHYUNG Jeon - 東京カレッジ
東京カレッジ
訪問研究員

JEON Chihyung

所属 韓国科学技術院(KAIST) 研究分野 科学技術と社会、人間とテクノロジーの関係、AIとロボット、韓国の工学と政治 招聘期間 2023年11月1日~2024年2月29日 ウェブサイト https://stp.kaist.ac.kr/faculty/view/id/16
01 研究概要

主に、社会的・文化的文脈における人間とテクノロジーの関係や、特定の人間-テクノロジー-社会の構成から生じる様々な政策課題について研究を行っている。人間が機械の前で抱くコントロール、エンパワーメント、親密さ、不安、孤独感といった感情に興味を持つ。現在、韓国におけるAIとロボティクスの文化について研究しており、仮想性、遠隔性、人間不在の概念に注目している。

最近では、「A.HUMAN」という、人工的、拡張的、ほとんど、あるいは代替的な人間の非典型的な形態に関心を持つ研究者の研究ネットワークを組織している。通常の研究活動とは別に、2014年のセウォル号フェリー事故の調査にも携わり、セウォル号調査委員会(2018年)および社会災害調査委員会(2018-22年)の公式報告書の執筆に参加。2015年には、写真、資料、授業モジュールなどを掲載した教育ウェブサイト「Teach Sewol」を立ち上げた。

Society for Social Studies of Science(4S、2020-23年評議員)、Society for the History of Technology(SHOT)、Korean Association of Science and Technology Studies(KASTS)、Korea History of Science Society(KHSS)などの学会に所属。2023年現在、East Asian Science, Technology and Society:An International Journalの副編集長、SHOTの学会誌Technology and Cultureのコントリビューティング・エディターを務める。2019年から2020年にかけては、KASTS発行のJournal of Science and Technology Studiesの編集長を務めた。

02 経歴

2023年 東京大学 未来ビジョン研究センター 客員研究員

2019年 韓国科学技術院 (KAIST) 科学技術政策研究科 准教授 (テニュア)

2016-2017年 レイチェル・カーソン環境社会センター カーソンフェロー(ドイツ・ミュンヘン)

2010-2011年 マックス・プランク科学史研究所 博士研究員(ドイツ、ベルリン)

2010年 マサチューセッツ工科大学 博士号取得

1998年 ソウル国立大学 学士号取得

03 研究業績

【英語で出版された論文】

Hanbyul Jeong and Chihyung Jeon, “Can Coding Education Go Completely Online? Time, Work, and Relationship in Online Courses,” East Asian Science, Technology & Society (2023)

Chihyung Jeon, Scott Gabriel Knowles, and Sang-Eun Park, “Disaster (continued): Sewol Ferry Investigations, State Violence, and Political History of South Korea,” History and Technology 38:1 (2022): 84-106.

Chihyung Jeon, “Dams and Bicycles: Environmental Politics and Contested Mobilities on the Four Rivers Bikeway in South Korea,” Applied Mobilities 7:3 (2022): 215-232.

Gabriel Lima, Meeyoung Cha, Chihyung Jeon, and Kyung Sin Park, “The Conflict Between People’s Urge to Punish AI and Legal Systems,” Frontiers in Robotics and AI 8:756242 (2021)

Chihyung Jeon, Heesun Shin, Sungeun Kim, and Hanbyul Jeong, “Talking Over the Robot: A Field Study of Strained Collaboration in a Dementia-Prevention Robot Class,” Interaction Studies 21:1 (2020): 85-110.

Chihyung Jeon, “‘No Japanese in the Cockpit’: The Airplane and the Role of Race, Culture, and Bodies in Postwar US-Japan Relations,” Pacific Historical Review 88:4 (2019): 554-589.

Chihyung Jeon and Yeonsil Kang, “Restoring and Re-restoring the Cheonggyecheon: Nature, Technology, and History in Seoul, Korea,” Environmental History 24:4 (2019): 736-765.

Chihyung Jeon, “The Alpha Human versus the Korean: Figuring the Human through Technoscientific Networks,” East Asian Science, Technology and Society 12:4 (2018): 459-478.

Chihyung Jeon, “The Virtual Flier: Link Trainer, Flight Simulation, and Pilot Identity,” Technology and Culture 56 (2015): 28-53.

Chihyung Jeon, “Flying Weather Men and Robot Observers: Instruments, Inscriptions, and Identities in US Upper-Air Observation, 1920-1940,” History and Technology 26:2 (2010): 119-145.

Chihyung Jeon, “A Road to Modernization and Unification: The Construction of the Gyeongbu Highway in South Korea,” Technology and Culture 51 (2010): 55-79.


TOP